スーパーエンジニア養成講座 その他 仕事環境と仕事道具

日本のiPadは実は海外ではSIMフリー端末として使える!?

更新日:

海外ノマド倶楽部メンバーのMさんから、

『日本のiPadは、海外ではSIMフリー端末として使える』

という情報が入りました。

確かに、以前香港に来られていた仲間の日本で買ったiPadで、
香港のSIMカードが使えていたので不思議に思っていたのですが、
こういうことだったのかもしれません。

そこで早速ネットで情報収集。

こういった情報がありました。
http://bit.ly/HID6bq

ふむふむ。

まんざらでも無さそう。

そして、直接アップルさんに直撃してしまえ!
ということで、アップルストア銀座店に電話をして確認。

アップルさんの回答としては、

『日本国内で販売されているiPadは、アクティベーションの際に、
 日本国内ではSIMロックがかかります。
 しかし海外で現地のSIMカードを使う分には大丈夫です。』

とのこと。。

iPhoneは、日本で買ったものは海外でもやはり海外のSIMカードは使えません。

つまり『フルSIMロック状態』。

一方iPadは、日本ではSIMロックがかかっているけど、
海外ではSIMロックがかかっていないという、

『ハーフSIMロック状態』。

しかもiPadでも『インターネット共有』機能は使えるので、
日本で買ったiPadを海外に持って行き、
現地のSIMカードを挿せば、
ポケットWiFi代わりになり、
パソコンもネットに繋ぐことができるのです!

これは、おそらくアップルさんが各携帯キャリアに働きかけて、
このような形になったのでしょうね。
各携帯キャリアとしては、本来は海外でもSIMロックをかけて、
『ローミング代』で稼ぎたいところでしょうからね。。

もちろん、最近発売された『iPad Air』も、
海外でSIMフリー端末として使えるようです!

さすがはアップルさん!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

平城 寿 Hirajo Hisashi

宮崎出身のナナロク世代。@SOHO創業 ⇒ 国内No.1達成 ⇒ 海外ノマドを経て、『IT』と『ビジネス』を武器に、組織にとらわれずに生きていける人を育成する活動をしています。

-スーパーエンジニア養成講座, その他, 仕事環境と仕事道具

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2017 All Rights Reserved.