成幸を掴むためのヒント

LINEで送る
Pocket

独立に関して、皆さん悲観的になりすぎです

よく「10年以上続く会社は1割もない」といったことが叫ばれ、独立に関しては悲観論が多いのが世間一般的な考え方ですね。

(やっぱりそうだよなぁ。。)

と思われているエンジニアの方、そう思わないでください。

ところが、我々エンジニアの場合は、技術があります。

最悪の場合でも自分の技術があれば、何とか食べていけるものです。

また、私が実際に感じているのは、これらの独立前の不安の多くは、世の中のニュース等によって過剰に演出されている、ということです。

『数年前に独立したが今は浮浪者となってしまった』といったニュースの特番などがそれです。

そんなものは極端な例で、生きる希望と学ぶ意志さえあれば、誰でも「大成功」とまではいかなくても、会社員時代よりも良い報酬をとることができるようになると思います。

ちょっとした思考の転換ができれば、なのですが。。

私の周囲でまだ成功できていない人と、私とで違うもの。

技術面では私より優れた人はいっぱいいると思います。

ただ、稼ぐためにはまた別の思考が必要なのです。

その具体例についてはメールマガジンにて。

LINEで送る
Pocket

フリーエンジニアとしての独立を検討されている貴方へ

株式会社BLUE BEANSの村山さんのブログで「フリーのエンジニアとしての独立について考えました」という記事を拝見しました。

(以下、抜粋)

最近、一人社長や個人事業主の方々が求職活動をしている、という話を良く耳にします。
不景気なので仕事が少なく、生活が安定しない、ということなのですが、よくよく話を聞いて見ると、独立した後、数年は、独立する前からの仕事や人脈で仕事を回してもらえていても、その人が異動してしまうと、途端に、仕事がコンスタントに入らなくなってしまった、という訳です。これ、不景気だけの問題じゃないですね。
最近、一人社長や個人事業主の方々が求職活動をしている、という話を良く耳にします。不景気なので仕事が少なく、生活が安定しない、ということなのですが、よくよく話を聞いて見ると、独立した後、数年は、独立する前からの仕事や人脈で仕事を回してもらえていても、その人が異動してしまうと、途端に、仕事がコンスタントに入らなくなってしまった、という訳です。これ、不景気だけの問題じゃないですね。

(抜粋、ここまで)

確かに、このようなケースはあるでしょう。

ところが、私の場合は、「担当者が変わっても私を指名してもらえる」という状況になっています。

クライアントからしてみれば、「会社勤めの方の場合、その人が転職したり、部署異動になったりするとお願いできなくなってしまって困るが、平城さんは独立しているから、いつまでもお願いできる」と捉えて頂いているようです。

究極的には、「私が死ぬか、クライアントのビジネスが終焉を迎えるか」のどちらかが起きない限り、お互いの取引は続いていくのです。

このように、クライアントから永続的に指名してもらえるようになるための方法論については、メルマガで語っていますので、詳しく知りたい方は登録をお願いします。

LINEで送る
Pocket