できない言い訳をする人、できる理由を考える人

今まで様々な方からの相談にのってきて思うことがあります。

それは、質問する時のスタンスの違い。

◯できない言い訳をする人
このような人は、

『会社で忙しいから◯◯できないのですが、
どうしたらいいですか?』


『子育てで忙しいから◯◯できないのですが、
どうしたらいいですか?』


というような言い方で尋ねてきます。



こういう場合は、どのようなアドバイスをしても、『◯◯だから』が理由となり、結局、現状が変えるだけのパワーが生まれません。

◯どうしたらできるかを考えている人
一方、その対局にある方は、

『会社で忙しいけど◯◯をするには、
どうしたらいいですか?』


『子育てで忙しいけど◯◯をするには、
どうしたらいいですか?』


というような言い方で尋ねてきます。

表現としては少ししか違いませんが、両者のスタンスは大きく違います。

前者は、『できない』をベースに考えていて、後者は、『できる』をベースに考えています。

心の中のポジショニングとして、『できない』ポジションから抜け出ようとしない人と、『できる』ポジションに立とうとするのかで、やはり結果の出方にも大きな違いが生まれてくるので、最近では、質問される方の『相談の仕方』によって、その方の将来がある程度見えて来るようになりました。

どちらのポジショニングにたっても、思考のコストはゼロ。

であれば、私は後者のポジショニングが良いです。

あなたはどちらのポジションに立ちたいですか?

平城寿

LINEで送る
Pocket

ぜひコメントをお寄せ下さい!

SNSでもご購読できます。

平城寿をFacebookでフォローできます!