理念型コミュニティーとライフスタイル型コミュニティーの違い

一昨日は東京で成幸村の交流会&忘年会を開催しました。

その翌日、参加頂いた方から次のような感想を頂きました。

==
平城さんとお話して、
私が腑に落ちたことがありましたので、
シェアさせていただきます。



◯理念で繋がる仲間とライフスタイルで繋がる仲間
それは、「理念で繋がる仲間」と、
「ライフスタイルで繋がる仲間」の違いです。

以前私は、◯◯繋がりのコミュニティーにいました。
そして、少し前にこのコミュニティーから離れました。
違和感を感じたからです。

共通の価値観で繋がっていると思っていたのに、
離れることになったのです。

そして今、成幸村で繋がった仲間と、
新しいことに向かっていこうとしています。

今までの感じたことのない
居心地の良さを感じています。

今の仲間は、◯◯繋がりではありません。
これはどういうことなのかな?
と、常々思っていました。

それが、平城さんに質問させていただいたら、
素晴らしく明快なお答えを頂き、
腑に落ちたのでした。

私が居た◯◯繋がりの仲間は、
「ライフスタイルで繋がる仲間」

成幸村の仲間は、
「理念で繋がる仲間」
理念で繋がる仲間の心地良さは、
じわじわと、更に深まりつつあります。
理念は、
私のベースになる考え方。
向かう方向。
「在り方」。
「ライフスタイル」とは、
一つのやり方ということでしょうか。
ここが腑に落ちてスッキリしました。
そして、これからものごとを判断する上での
指針をいただいたと思いました。

==

この感想を頂いて、

『ああ、やっぱり成幸村をやって良かった』

と思うことができました。

私はこれまで、Facebookで様々なコミュニティーを運営してきました。

その中で感じたのが、

『同じ興味・関心を持った方と繋がることのできる心地良さ』

でした。

例えば海外ノマド倶楽部には海外に興味のある方が集まってきます。

海外に興味のある方はユニークな生き方をしている人が多いので、オフ会を開くといろいろな話が聞けて楽しかったのです。

単なる異業種交流会以上の収穫がありました。

ところが、繋がっているポイントが『海外ノマド』というライフスタイルなので、海外ノマドというキーワードに惹かれて参加してきた方が、必ずしも私にも興味を持って頂ける、というわけでもありませんでした。

つまり、ライフスタイルは一致していても、この方が書かれているような『在り方』、つまり人としての生き方まで一致しているとは限りませんでした。

その時はそれで良いと思っていましたが、私に変化が出てきたのは、2013年に海外ノマド倶楽部と同時期にスタートした、『平城式Facebook』という講座に参加頂いていた方々と、懇親会でお話をしている時でした。

講座名に私の名前が入っているというだけあってか、ここに参加される方々は私に興味を持っていて、好意も持って頂ける方が多く、私も話をしていて参加頂いた方々を好きになることができました。

驚いたことに、そういった感覚を、参加された皆さん同士でも持っているようでした。

そこで私は考えました。

『私の講座が開かれていない時にも、このメンバーで集まることができることができる、緩やかなコミュニティーはできないものだろうか?』

なんとなくもやもやとイメージはありましたが、2015年の年初に、『成幸』という言葉が舞い降りてきて、それを記事として発信したところ、あっという間に30名以上の方からシェアを頂き、とても驚きました。

成功と成幸の違い




https://www.facebook.com/hisashi.hirajo/posts/10203277762774122
(現在は63シェア)

この現象を見て、

『この考え方はこれからの社会に求められている!』

と確信し、約1年後に多くの方の協力のもと、
成幸村を実現することができたのです。

成幸村に参加できる条件はただ1つ。

『ピラミッド社会よりも球社会がいい!』

という理念に共感できることです。

職業や収入、バックグラウウンドといったことで制限がかかることはありません。

だから、年齢層も様々で、フリーターの方から医者や会社経営者の方など、様々な職種の方が参加されていて、しかも『フラットな関係』で話をすることができる。

当然、この中では差別はありませんし、虚栄心を持必要もありません。

素の自分で『在る』ことができます。

成幸村のイベントに参加された方が共通して感じて頂ける、何ともいえない心地良さ。

他の参加者の話を聞くことも心地良く、自分の話をするのも心地が良く、時間があっという間に過ぎ、さらにどれだけ時間が経過しても、疲労感が全くない。

そればかりか、エネルギーが充電できた感じがする。

そんな不思議な力が、成幸村にはあります。

<追伸>


私は成幸村のようなコミュニティーを、『理念型のコミュニティー』と定義しました。

一方で、海外ノマド倶楽部のようなライフスタイルをベースとしたコミュニティーは『ライフスタイル型のコミュニティー』と定義しました。

ライフスタイルで繋がるのか、理念で繋がるのか。

理念型はやはり『心地よい』の一言に尽きますね。

LINEで送る
Pocket

自分の本当の価値を知るための無料メールマガジン

あなたは本当の自分の価値を知っていますか?他人と比較してピラミッド社会の頂点を目指す『成功』ではなく、自分なりの幸せを定義してそれを追究する『成幸』という考え方が、求められる時代になっています。自分なりの成幸を発見するための考え方をお伝えしているのが、『成幸発見メルマガ』です。

メルマガの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

平城寿をFacebookでフォローできます!