恐怖を克服する方法

私は過去に何度も『修羅場』
というものを経験してきました。

もともと普通の人の10倍ぐらい
精神的に強いと思っていますが、

過去にはそんな私でも耐えられないほどの、
『不安と恐怖』が訪れたことがあります。

普通の人であれば
おそらくノイローゼや鬱になるような、
極度のプレッシャー環境でした。

でも、私はそれを乗り越えることができました。

その不安や恐怖を乗り越えるために
私がやったことは何か?



それは、
「不安や恐怖の発生原因となっている、
“最悪の事態” が既に起きたものと考える」

ということでした。

例えば、
ガンの疑いがある場合は
『自分はガンになった。
余命をどう過ごそうか?』
と考えるということです。

借金を抱えて破産しそうであれば、
『自分は既に破産した。
これからどう立て直して行こうか?』
と考えるということです。

私達が不安や恐怖を感じる根本的な原因は、

・今よりも悪いことが起きるかもしれない
・何かを失うかもしれない

つまり、
『今よりも下がる可能性がある』
からです。

私達の遺伝子には、
原始時代から『転落への恐怖』
が刷り込まれているからです。

ここで、既に転落し、
奈落の底にいる自分を想定すれば、
意外と心が落ち着きます。

現実を受け入れ、
自分自身の心理状況を
現在想定しうる最も最悪の状態に
置くことができれば、
そこから這い上がろうとする力が湧いてきます。

これが、
『肝が据わる』
ということだと思います。

私たちは誰でも、いずれ死を迎えます。
長生きして寿命を全うされた方の最期は、
安らぎに満ちたものだと言われています。

それは、その方が死を受け入れる
心の準備ができているからだと思います。

私も、心の準備はできています。

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

平城寿をFacebookでフォローできます!