そもそも、社交的である必要はあるのか?

最近、『パートナー』についてよく考えます。
それは、『ビジネスパートナー』や『恋愛のパートナー』など。

よくよく考えたら、
私が2004年に創業して運営してきた@SOHOは、
『ビジネスマッチング』がテーマで、
ビジネスにおいて人と人を繋げてきました。



 

その後立ち上げた、

などなどでも、やはり人と人の出会いの場を創ってきたな〜、
とあらためて思います。

実際に、海外ノマド倶楽部メンバー同士が
結婚した事例もあります!

成幸村でも、『成幸マッチング』
というアクティビティーを考えていますし、

@SOHOでも、ビジネスのマッチングだけではなく、
恋愛のマッチングサービスも初めてもいいかな、
と思いつつあります。

私はもともと、人間は独りで生きていくことも
不可能ではないと思っている派ですが、
(実際に20代は孤独だった)

ビジネスにおいても、
プライベートにおいても、
最幸のパートナーが得られれば、
100倍も200倍も人生は充実する、
これは断言できます。

何も社交的になる必要はなく、
誰とでも仲良くする必要はなく、
自分と気の合う人、
価値観が合う人、
好きな人とだけ繋がっていれば良い、
というが可能な時代になってきています。

もちろん、会社などの組織の中では
嫌いな人ともお付き合いしなければ
なりません。

ただ、それ以外の自分の自由な時間は、
自分の好きな人とだけつながっていて良い、
という環境が実現できるのです。

そう考えると、そもそも『社交的』
という言葉に違和感を感じます。

社交的という単語をもう少し詳しく表現すると、

『誰とでも積極的に上手にお付き合いできる』

ということになりますが、
これを言い換えると、

『相手が自分と合うか合わないかに関わらず、
合わせられる能力』

となります。
さらにこれを詳しく分解すると、
  • もともとキャパが広い(誰でも好きになれる)から合わせられる
  • キャパは普通だけど、表面的に上手にお付き合いしている
のどちらかに分かれます。

私はというと、
これまで学級委員長や生徒会長など、
人をまとめる役割をすることが多かったですが、
人見知りはするし、
合わない人とは一緒にいたくない、
というタイプです。
つまり、人付き合いはそれほど上手ではありません。

では、自分の周りに好きな人だけがいる環境であれば、
そもそも社交的だとか社交的でない
という議論は無くなるのでは?

と思うわけです。

6月17日(土)に決定した出版記念パーティーも、
私に会いに来て下さるのはとても嬉しいですが、
参加された方同士の『マッチング』にも期待しています。

異業種交流会的なノリで、気軽に参加して頂ければと思います。

参加人数によって、
会場のほうとも様々な交渉ができますので、
ぜひ奮ってご参加ください^^

まずは人数の規模感を把握したいので、
参加を希望される方は、
こちらのイベントページへのエントリーをお願いします!
https://www.facebook.com/events/652089308317649/

<日時>
6月17日(土)12時半〜14時半(12時20分開場)

<場所>
P.C.A. Pub Cardinal Akasaka
東京都港区赤坂5−3−1赤坂Bizタワー1F
赤坂駅/1出口(東京メトロ千代田線) 徒歩1分
03-5545-7767
http://www.cardinal-japan.com/restaurant/pca/

<人数>
最大100名

<参加費用>
大人:5,000円以下
小人:1,000円(小学生以上〜大学生)
※費用は現在会場側と交渉中です。
人数が増えれば増えるほど、
お安くできますのでお友達もぜひお誘いくださいね^^
現在、約50名の方に参加希望を頂いています。
50名以上の場合、4,000円ぐらいで開催できそうです!

※未就学児の方は無料です!

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。

平城寿をFacebookでフォローできます!