仕事環境と仕事道具

キーボードに文字はいらない

更新日:

英語がしゃべりたいと思ったら、
辞書を見るよりも現地に行って体で覚えた方がいい。

ピアノやギターを上達したいと思ったら、
手元を見ない方がいい。

そして、ブラインドタッチを覚えたいと思ったら、
いっそのことキーボードの文字を無くしてしまった方がいい。

というわけで、
私のキーボードを見た方はとても驚かれるのですが、
文字が刻まれていません。

あえて文字が表示されていないことにより、
『文字を見たい』という妥協心を一切無くし、
脳が正確にキーの位置を把握することができ、
究極のブラインドタッチを実現することができるようになります。

自由になりたいと思ったら、
会社を辞めればいい。

何に対しても本気になること、
そして徹底すること。

それで大抵のことは実現できます。

追伸

平城が愛用しているキーボードは、こちら。

Happy Hacking Keyboard Professional BT 無刻印/墨 PD-KB600BN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

平城 寿 Hirajo Hisashi

宮崎出身のナナロク世代。@SOHO創業 ⇒ 国内No.1達成 ⇒ 海外ノマドを経て、『IT』と『ビジネス』を武器に、組織にとらわれずに生きていける人を育成する活動をしています。

-仕事環境と仕事道具

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2017 All Rights Reserved.