『楽して稼ぐ手法』への私の考えについて。

IMG 3293

今あなたの目の前に、『コピペだけで』『片手間で』という情報があって、
それに多少なりとも魅力を感じてしまった場合は、
次のことを考えて欲しいと思います。

『仮にそれが本当だったとしたら、
 いつまでその情報を自分の中に保持できるのか?』

楽をして稼げる手法というものは、
ごく稀に存在するのですが、

何せ『楽をして稼げる』のですから、
それが本当であれば、誰でも再現ができます。

あなたが受け取っている情報を、
その他大勢も受け取っているので、
同じ事をする人たちが多数出てきます。

その結果、短期間のうちにその手法は使えなくなります。

そういった小手先の手法というものは、

『社会的には価値を生まない』ことが多く、

Google、Facebookといった、

『価値の創出を重視する』サービス運営者達は、

これらの手法を排除すべく、徹底的に排除を行います。

@SOHOでも一時期、『BUYMAを使った手法』というものが
乱立し、WEBサイトの生態系に混乱を招いたため、
徹底的に排除しました。

一方、『楽でない手法』というものは、
一度確立してしまえば、
誰からも真似されにくいので、
極端な話、その手法を全て公開しても、
痛くも痒くもありません。

@SOHOが『SOHO』というワードでGoogle1位を維持し続けている方法。
これも、過去のセミナーで公開していますが、
簡単には真似できない(正確に言えば、愚直にやればできるのですが、
おそらく誰もやろうとしない)ので、公開しても痛くも痒くも無いのです。

仮に誰かが真似をして2位以下に落ちたとしても、
更にそれを上回る対策をすれば良いだけ。

また、この手法は他の業界でもそのまま適用できますので、
ご興味のある方はお問合せくださいね。

私のエンジニアとしての稼ぎ方も、
メルマガの中で全て公開しています。

これなどは本当に、真似してもらってもこちらが痛いどころか、
より成長してもらえれば一緒にパートナーとしてビジネスを立ちあげていけるので、全く問題ありません。

しかも、『楽ではない手法』なので、
簡単に真似できるわけではありません。

するとそこで、『教育事業』というビジネスが成立するのですね。

整理すると、

あなたが

『楽な手法を選択した』場合、

その手法を誰かに知られたくないと怯え、
手法を共有することに躊躇し、
誇張した表現で顧客に嘘をつき続け、
自分自身も自問自答しながら日々を過ごします。

一時的に手元にお金が入ったとしても、
将来同じお金が入り続けることに不安があるため、
常に心は穏やかではありません。

一方、あなたが

『楽ではない手法を選択した』場合、

あなたの手法を学びたいという人たちに囲まれ、
その手法を全て公開しても、さらに学びたいという要望が来るので、
結果的にビジネスになります。

手法を洗いざらい公開するので、
顧客からは大変感謝されます。

感謝されることによりさらに手法に磨きがかかり、
自分自身も成長できます。

短期間でお金を作ることは難しいかもしれませんが、
今年よりも来年、来年よりも再来年と、
収穫が大きくなっていく手応えを感じることができます。

精神的にも非常に充実した日々を過ごすことができます。

私も実は過去には、『楽な手法』を試してみた時がありました。

エンジニアとしての技術を駆使して、
『ページを量産してAdsenseやアフィリエイト』
をやってみました。

結果的には、途中で興味が無くなって止めてしまいました。

そうです、楽な手法というのは、実につまらないのです。
     `````````````````````
短い人生において、非常に無駄な時間を使ってしまったと思いました。

この文章を読んで下さった方には、下記の2つの後悔をして欲しくないと思います。

・ビジネスができなくなる年頃になって、
 『もっとまともにやっておけば良かった』後悔すること

・子供に堂々と説明できないビジネスをやっていることに後悔すること

私も今年で36歳になりましたが、人生って本当に短いですよ。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.