実効税率の国際比較

最終更新日時 2013/04/16 03:04

この週末に開催する、『ITエンジニア向け資産構築セミナー』の資料を作成しています。
財務省のこのようなデータを出していました。。

(出展:財務省ホームページ:http://bit.ly/154f4AZ

これって単純計算で、1,000万稼いだら日本では400万円持っていかれるのに対し、シンガポールでは170万円しか持っていかれない、ということ。
またシンガポールでは設立して間もない会社、売上の低い会社には
優遇措置があるため、実効税率が10%未満の会社が多いということ。
すると、仮に実行税率が10%だとすると、300万円も税金の差が出るということになります。

1,000万円稼いで600万円しか残らない国と、
1,000万円稼いで900万円も残る国。

その差は大きな違いですねぇ。。

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!

その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

Pin It on Pinterest

Shares