挫折や困難について

本日は、『挫折や困難』についての私の考え方について。
``````````````````````````

『平城さんは、挫折や困難を感じたことはありますか?』

という質問を受けました。

その答えは、

『困難は常に感じていましたが、挫折という概念はありませんでした。』

ナポレオン風に言うと、

『私の辞書に「挫折という言葉は無い」』

といったところでしょうか。

私は、『困難こそが人を成長させる』と考えています。

困難を克服してこそ、また1つ上の自分に成長できると思います。

ある出来事に関して「困難」を感じるかどうかも、
また人それぞれだと思いますが、

私がこれまで感じてきた困難としては、

・中学時代に担任の思惑によって生徒会に立候補させられ、
 友人と漫才風の演説をしたところ全校生徒1,500人の過半数以上の指示を得てしまい、
 有無を言わさず生徒会長になるハメに。。(内心は超ドキドキ。。)
 たまたま中学陸上の全国大会が宮崎県で開かれ、
 全国の選抜選手の前で挨拶をすることに。。(当時の自分にとって人生最大の危機!)
 
・大学で理系の学部に進学したにも関わらず、
 全く興味が持てず、当時の同僚の8割以上が大学院に進学する中、
 1人で就職活動を展開。ビジネスがやりたくて5大商社を志望するも、全敗。

・内定を獲得していた2社は全く興味が持てず、辞退。
 就職せずにビジネスをスタートする道を模索。
 友人から紹介されたネットワークビジネス(ニュースキン)のビジネスモデルに感動し、
 本気でやろうとするが、社会的な問題となっていることを認識し、断念。

・当時流行っていたインターネットの広告代理業の販売代理権を100万円で購入し、
 事業をスタートするも、人の商品を売ることに疑問を感じ、断念。

・成功哲学(帝王学)に非常に興味を持ち、100万円でナポレオン・ヒルもどきの
 プログラムを購入。上記と合わせていきなり200万円の借金を作る。

・貯金が底をついてきたので、大学卒業後半年でやはり就職の道を選択。

・就職後、ビジネスパートナーと副業でスタートしたビジネスが大ヒットするも、
 パートナーに一方的に事業から追い出される。
 裁判沙汰になりそうになり、弁護士費用50万円を支払う。

・就職後1年半で借金を返し、300万円の貯蓄を作り、
 フリーランスとして独立して上京。

・師事していた某社長が世間を騒がす大事件に巻き込まれ、
 私も検察官から取り調べを受けるハメに。。

・300万円を元手に幼なじみとビジネスをスタートするも、
 1ヶ月で喧嘩別れに。資金も減るばかり。

・25歳で再就職し、その会社は超多忙で、基本は毎日終電帰り。
 それでも土日を使って@SOHOを開発し、1年後にスタート。
 その後2年間は、会社に内緒で@SOHOを運営。

・29歳で再度独立。ヤクザから@SOHOを乗っ取られそうになる。

・取引先の仕事で37時間ほどサーバ室に監禁されることに。。
 
・投資詐欺に遭い、数百名の投資家さんを守る立場に。。

このように、20代(特に前半)は、失敗と困難の連続でした。

ところが私としては『挫折感』を味わったことはありませんでした。

人生は『人力飛行機』のようなものだと思います。
```````````````````````

浮上することもあれば落ちそうになる時もあります。

落ちそうな時でも、必死でこぎ続ければ、必ず浮上します。

一方でこぐのを止めれば地面に落ちてしまいます。

こぐのを止めた時が、『挫折』なのだと思います。

こぎ続けるのも、こぐのを止めるのも、自分次第。

逆に、こぎ続けていれば挫折感を味わうことは無いのだと思います。

私が出会った、私よりも大成功している方達は、
私など想像もつかないような困難を経験しています。

『困難はチャンスである』と考えてください。

今困難を感じている場合は、成長のチャンス、ということですね。

また、『困難は、それを乗り越えられる人にしか訪れない』のだと思います。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.