ハングリー

更新日:

よく、

『平城さんはどうしてそんなにハングリーになれるのですか?』
と聞かれるのだけど、

自分としては人より確かにハングリーなのかもしれないけれど、
23歳でSHOPMAKERを作ったときには、

『人に感動されるシステムを作りたい』

という思いがあり、
実際に『感動しました』というお客さんが出てきて、
それはある意味達成され、

27歳で@SOHOを作ったときには、

『世の中の企業組織の負の側面から人々を解放したい』

という思いがあり、
それはまだ達成されたわけではないけれど、
少しずつ時代は個人が主体に変わって来ていて、
いずれは達成されるだろうという感じがしていて、

今は『海外ノマド』というライフスタイルの楽しみと喜びを、
多くの人に伝えたいという気持ちがあり、

敢えて撮影禁止の場所で撮影をしたり、
北極ノマドにチャレンジしたり、
香港リッツカールトンの最上階(118F)のプールサイドや、
マレーシアのペトロナスツインタワーの展望台でノマドにチャレンジしたりしているのは、『ハングリー』とは少し違う気もしていて、

子供の頃に、プラモデルやテレビゲームに夢中になって、
徹夜で没頭したときの延長上のような感じかな。

夢中になれるというのは素晴らしいことで、
他の人にはきついと思えることも、
本人にとっては何ともなかったりする。

ある意味『麻酔』のようなものかもしれない。

そして今は、
こうやって情報発信をすることが面白くて面白くて、
この時間になっても眠いのを我慢して、
敢えて眠らないように24時間のレストランに出てきて、
この記事を書いている。

人生って本当に楽しいんですよ。

小さい頃から、
『大人になったら楽しいことばかりだぞ』
といつも言い聞かせてくれていた父親に感謝かな。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.