もう学ばなくて良いのです!

【もう学ばなくて良いのです!】

瓦版の『グローバルに自由に稼ぐ働き方を実現する方法 第6回』が公開されました。

この記事に補足をするならば、

よく、最近流行のオンラインの塾などで、
『○○塾 第○期生』という表現が用いられますが、

そこに参加している方々のマインドセットには、
違和感を感じることがあります。

本来、予備知識や吸収能力によって、
人の学習速度というものはかなり個人差があるというもの。

私に相談をしに来られる方の中でも、

1回だけアドバイスをしただけで後は勝手に1人でどんどん進める方と、
1年以上アドバイスし続けてもあまり進捗が無い方と、
かなり違うのです。

しかし、ある人のノウハウを多くの人に伝えようとした場合、
マンツーマンでは限界があるからこのような形式をとっているだけで、
そこに参加しただけで何かが得られるというものではありません。

塾に入ってヨコの繋がりができるかもしれませんが、
彼らは仲間でもありライバルでもあるのです。

大学時代のサークルのような感覚では、
人より抜きん出た結果を出すことはできません。

突出した結果を出す人は、
````````````
大学を首席で卒業することよりも、
````````````````
大学を中退することを選びます。
```````````````

あのホリエモンもそうですね。

私も中退したかったですが、
大学へ行かせてくれた親への手前、
卒業証書だけは取りましたが、

8割以上が大学院へ進学、
残り2割が大学推薦でメーカー企業へ就職という中で、

敢えて文系の人達と同じ、
『自力での就職活動』を行っていたのは、
同じ学科の200名の同僚のうち、
私だけだったと思います。

結果的に当時の5大商社(三井、三菱、住友、伊藤忠、日商岩井)は全敗しましたが。。

大学の担当教授からは、

『君は社長になるか、会社をクビになるかのどちらかだな』

と言われました。

でも結論から言えば、
大学で首席を取ることよりも、
独立起業することの方が簡単だったと思います。

何故だと思いますか?

そもそも、首席を取ろうとする人より、
独立しようとする人が少ないので、

『ライバルがいない』のですから(笑

これは独立してある程度時間が経ってみれば、
誰でも感じることだと思います。

今の企業組織においても、
この大学の話と同じことが言えると思います。

あなたがいる会社の社長になるよりも、
独立して成功することの方が遙かに簡単だと思いますので。

ある組織に所属していても、
常に自分の中に『狼を養うこと』。
連帯感のゆるさの中で自分をごまかさないこと。

これさえ実践できれば、1人で前へ進めますからね。

http://gyoukai.jp/global/global-nomad6/

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.