平城式 モチベーションを上げる方法

本日は、『モチベーションを上げる方法について』です。
     `````````````````

『平城さんはどうしていつもモチベーションが高いのですか?』

という質問を受けることがあります。

性格的には楽天的な方だと思います。

また、精神的にも平均以上にタフだと思います。

サラリーマン時代は、IT業界でも特にハードな会社で、
基本は終電、週に3回はタクシー帰り、徹夜も珍しくない、
という状態でした。

同僚の8割が、精神的に鬱になったり、
『胃が痛い』など内臓機能に支障をきたしている中、

私だけが心身共に健康でした(笑

よく、『体力だけは自信があります』という体育会系出身の人がいますが、
仕事においては実は体力よりも精神力が重要です。

これは盲点なのですが、

就職活動や転職活動で、

『精神力だけは自信があります』

という自己PRをする人がいたら、
私が採用担当であれば、この人を採用するでしょうね。

さてさて、こんな私でも、疲れているときなど、
なんとなく『ボーッとしてやる気が出ない』時もあります。

そんな時、どのように解消しているのか?
私が実践しているのは、

1)部屋を片付ける
2)仕事をする場所を変える
3)睡眠を取る
4)仕事の道具を整える

だいたいこのあたりですね。
それでは、これらを1つづつ紹介していきます。

1)部屋を片付ける

やる気が出ない時の心理状態を分析してみると、

『やる事が多すぎて、どれから手をつけていいかわからない』
````````````````````````````

ということだと思います。

そんな時は、目の前のタスクを1つづつ処理をしていけば良いのですが、
タスクの全体量が自分のキャパシティーを超えてしまうと、
脳が拒絶反応を起こし、1つづつ処理をしていく気持ちが削がれてしまうのです。

このような場合、きまって自分の部屋も散らかっています。
『身の回りの整理』をすると、
自然と心が落ち着き、目の前に貯まった仕事に対峙し、
1つ1つ処理をしていこうという気持ちになります。

2)仕事をする場所を変える
部屋を片付けるほど時間が無い場合は、
仕事をする場所を変えます。
カフェやファミレスやホテルなど、
どこでも良いのですが、
とにかくテーブルの上には、
Mac/iPhone/iPadなど、仕事の道具しかない状態にします。

すると、不思議と目の前にある仕事の道具に向き合えるようになります。

3)睡眠を取る
次に、体がだるいなど、身体的な疲労感を感じている時、
また精神的にも疲労を感じているときには、とにかく睡眠を取ります。
体が仕事を欲するようになるまで徹底的に寝ます。
```````````````````````

心身共に元気になれば、体は自然と仕事を求めるようになります。

精神が元気な状態の場合は、体に多少の疲労感があっても大丈夫です。
精神力で徹夜なども切り抜けることができます。

4)仕事の道具を整える
そして、中長期的に効果的なのは、
仕事の道具を整えることです。
良い道具は使い手に良い影響を与えてくれます。

仕事の道具に関する新しいアイテムを常にリサーチし、
頑張った自分へのご褒美としてプレゼント。
いや、プレゼントというよりは、

『高いアウトプットを出すために必要な道具』

といったところでしょうか(^_^)

私が常に持ち歩き、愛用している仕事道具は、

・13インチMacBookAir 2013年モデル
・iPad mini
・iPhone5
・ノマドカメラ『SONY RX-100RⅡ』
・ノマドイヤホン『ULTRASONE IQ』『SENNHEISER IE8i』
・ノマドリストバンド『UP by JAWBONE』

ですね。

特にイヤホン・ヘッドホン系は、
仕事中に好きな音楽を聴くために必須で、
やはり高いイヤホン・ヘッドホンほど、良い音を出してくれます。

これは多くのアスリート達が採用しているように、
集中力を高める良い方法だと思います。

ちなみに私はかなりのイヤホン・ヘッドホンマニアで、
高いもので20万円ぐらいのものを複数所有しています。

高い車に乗ったり、高級な腕時計を買うよりは
全然安上がりですし、
これが日々の自分のモチベーションを引き上げてくれるというのであれば、
コストパフォーマンスはかなり良いと思います。

ちなみに、『ホテルノマド』をやるときには、
ホテルのBGMや生演奏があるので、イヤホンはしません。

いきなりは難しいと思いますが、
少しずつ自分の気に入ったアイテムを揃えていく。
そうすることで、最高の仕事環境を手に入れることができます。

結果的に、モチベーションの維持に繋がり、
常に良い仕事をすることができるようになります。

如何でしょうか?

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.