海外ノマド

スリランカの空港到着後にやったことその2

更新日:

イミグレを抜けると、そこに奇妙な光景が。。

家電ショップが所狭しと並んでいる。。

その映像はこちら
http://bit.ly/18fpsTa

後でドライバーに聞いてわかったことだが、
スリランカの電化製品に関する税金は凄く高く、
(記憶ベースだが10%〜20%ぐらい?)
スリランカ人が海外に出稼ぎに行った帰りに、
この電化製品を買って家に持ち帰るそうだ。

なるほど、それなら理解ができる。

ちなみに、スリランカから出稼ぎに行く国は、
サウジアラビアが多いのだそうだ。

なのでスリランカ人でアラビア語を話せる人は結構多い。

それにしても、ここに置いてある電化製品が、
SONYやPanasonicではなくLGやSAMSUNGというのが、
もう『メイド・イン・ジャパン』ではないのだな、と思わされる。

そして、その空間を抜け手荷物受取所を抜ける。
携帯会社の『Hutch』や『etisalat』などの看板が見える。

これだけ大々的に告知をしているのであれば、
とりあえず島内での接続も問題無いのでは?
と期待を寄せる。

そして、手荷物受取所を抜け、いざ外へ。

出口付近では、例によってタクシーの呼び込みがいたので、
それを無視して携帯ショップの窓口へ。

その映像はこちら
http://bit.ly/1dIzRg2

etisalat/Sri Lanka Telecom/Dialog/Hutch/airtelと5つも携帯会社が並んでいたが、
事前の調査でDialogが一番カバーエリアが広いと聞いていたので、
まずはDialogで1枚購入。

価格は、データ容量1GBで1,300スリランカ・ルピー(約965円)。

同様の商品は日本だと『日本通信(b-mobile)』の『1GB定額』
という商品があるが、これは2013年8月26日現在だと、3,100円。

・日本通信(b-mobile)1GB定額 料金プラン
http://bit.ly/1dIpQiN

おおよそ3分の1の価格なので、これはやはり安い。

ちなみに、日本からポケットWiFiをレンタルして行くサービスを使う場合、
下記の『グローバル データ(GLOBAL DATA)』が一番有名だが、
こちらはスリランカの場合、対象国Cとなり、1日あたり1,280円。

・グローバル データ(GLOBAL DATA)料金プラン
http://www.globaldata.jp/plan/country/

これがどのぐらい差があるかというと、

さすがに動画を見たり、Skype通話をしたりすると、
1GBとはいえ数時間で無くなってしまうが、
メール・ネットサーフィン程度であれば、半月ぐらいは持つ。

やはり現地でプリペイドSIMを買うのが、圧倒的にコストパフォーマンスが良い。

つまり、海外ノマドをマスターするためには、
現地でのSIMカードの買い方をマスターしておくのが望ましい。

今回、私がSIMカードを様子を収録しているので、
参考までに見ておいて頂きたい。

簡単な英語で会話が成り立っていることがポイント。
高度な英会話能力は必要無い。

私がいつも使っている会話は、

・iPhone5用のSIMカードはありますか?
『Can I have SIM card for iPhone5?』

・このSIMカードでテザリングはできますか?
『Can I use internet tethsering by using this SIM card?』

の2つ。

テザリングとは、iPhoneなどのスマートフォンでWiFiネットワークを構成し、
スマートフォン経由でPCもインターネットに繋ぐ方法。

これができないと、スマートフォンだけでしかネットに接続することができず、
完全なノマド環境を構築することができない。

なので、国毎に、テザリングが使える携帯会社を把握しておく必要がある。

このあたりは、過去セミナー『海外ノマドのすゝめ』にて解説をしているので、
興味のある方はセミナーコンテンツの購入を。

・海外ノマドのすゝめ
http://bit.ly/1dhue9L

・スリランカの携帯キャリア『Dialog』の購入方法
http://bit.ly/144Zdxv

今回はまだATMでスリランカルピーを出金していなかったので、
カードで決済できるかを確認。

購入後、早速スピードをテストすると、
下り6Mbps、上り1Mbpsぐらい出ていたので、
ひとまず安心(^^)

だいたい下りで1Mbps以上あれば、仕事になる。
後はカバーエリアの問題だ。

カバーエリアに保険をかける意味と、
携帯会社間の比較をするために、
もう1枚を別の携帯会社で購入することに。

etisalat、Hutch、Sri Lanka Telecomと3社にヒアリングしてみて、
Hutchは同じ1,300スリランカルピーでデータ容量が3GBまでとなっていたので、
魅力を感じたが、肝心のデータ転送速度が最大で3.6Mbpsだったので、
除外。最大でこれだと、実際には1Mbpsも出ない可能性があるから。

・スリランカの携帯キャリア『Hutch』の購入方法
http://bit.ly/1aKRRXw

次に確認したのが、『スリランカ テレコム(Sri Lanka Telecom)』。

こちらは1,600スリランカルピーするうえに、
アクティベートされたSIMカードが無いということで、
今回は対象外とすることに。

・スリランカの携帯キャリア『Sri Lanka Telecom』の購入方法
http://bit.ly/15dKkiB

最後に残ったのが、etisalat。
こちらは、スタッフが最大47Mbps出ると言っていたが、
おそらくはDialogに比べ、カバーエリアが狭いのだろう。

とりあえず、比較のためにこちらも購入。
こちらのSIMはiPhone5ではなく別の手持ちのiPhone4Sに刺して、
常に両者でスピードを比較できるようにしておく。

・スリランカの携帯キャリア『etistat』の購入方法
http://bit.ly/1ffRJNa

購入後、すぐにスピードテストを行ってみたが、
なんと下りで1Mbps程度しか出ていない。。

まあ、最大速度のコミットメントというのはこのようなものだ。

ちなみにAirtelという携帯会社もあったが、
ブースのスタッフがあまりにも売り毛がなく、
電話をしていたので今回は確認すらしなかった。

さて、ネット環境を確保した後は、
移動手段の確保だ。。

<この記事のPDF版はこちら>
http://bit.ly/1dlMlfQ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コーチ、セラピスト、コンサルタント、医者、経営者、税理士、弁護士など士業の方、起業家をはじめ、「ビジネスに直結する」自分の城となる公式サイトを構築するための、1日がかりのワークショップ形式の講座が開講しました!

開講記念につき、特別条件でご案内中!!!

↓↓↓

ITのプロであり会員27万人ビジネスマッチングサイト『@SOHO』の開発者平城寿が、実際に手を動かしながらあなたのWEB上の『城(公式サイト)』の構築をサポートしていきます。

 

 

  • この記事を書いた人

平城 寿 Hirajo Hisashi

宮崎出身のナナロク世代。@SOHO創業 ⇒ 国内No.1達成 ⇒ 海外ノマドを経て、『IT』と『ビジネス』を武器に、組織にとらわれずに生きていける人を育成する活動をしています。

-海外ノマド

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2018 All Rights Reserved.