値上げによる販売手法

『あと◯日で値上げします!』

あなたが読んでいるメルマガで、
このような表現を見たことはないだろうか?

これは私が最も嫌いな販売手法の1つ。
そもそも価格というものは、『需要』と『供給』で決まるはず。

例えば、不動産の価格が、第1期販売よりも第2期販売の方が価格が上がるのは、
建築コストが上昇していたり、需要が増えていたりと、
これも需要と供給のバランスを反映してのもの。

これなら理解できる。

販売者側の思惑で意図的に値段を釣り上げるのは、
資源を牛耳っている国が、
政治のために価格を上げるのと同じではないか?

販売者側の思惑で意図的に値段を釣り上げる手法は、
顧客を煽るため以外の何ものでも無い。

こういうものを焦って購入しても、
結果的に良いことは無い。

あなたが今迷っているのであれば、ご注意を。

また、自分がそういった販売手法を取ろうとした時に考えてほしい。

『焦って商品を買ってくれた顧客は、
 果たして満足してくれるだろうか?』と。

また、そのような手法を取らないと売れないと勘違いしている人も多いようだが、
私のビジネスは、このような手法を取らずしても全く問題なく成立している。

『顧客に誠実に対応する』

これが長期的に右肩上がりに成長するビジネスの作り方ではないだろうか。

短期的な快楽よりも長期的な繁栄。

この違いが理解できるようになると、とても楽になれる。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.