プラス思考と成功の関係とは!?

更新日:

私はかなりの『プラス思考』だと自分で思っています。
では、この『プラス思考』と『成功』の関係について少し考えてみました。

世の中の多くの成功者達は、
プラス思考だと思われていますし、
実際にそうだと思います。

では、そもそも『プラス思考』とは何なのでしょうか?
という疑問に突き当たります。

ちょっと考えると、

『嫌なことが起きても、気にしない』

という説明文が思いつきますが、

プラス思考な人の発言や行動を観察していると、
普通の人は深く落ち込むようなことを、
全く意に介さないように見えます。

そういう事実を見続けていると、

『ああ、僕のような凡人には、到底追いつけない人なんだ』

と思えてきます。

ところが、成功者達は、全ての事象に対して、
最初からプラス思考でいられたのか、
という点は疑問が残ります。

例えば、大学受験や就職試験に落ちて、
深く落胆したことがあるかもしれません。

人生を掛けた大恋愛をして、大敗したことがあるかもしれません。

事業に失敗をして、大きな借金を背負ったことがあるかもしれません。

ここで極端な話として、もし、
生まれつきマイナス思考が一切無い人がいたとしいます。

まさに成人君主のようなイメージですが、

そもそもマイナス思考が無いっていうことは、
『失敗する痛み、負ける痛みを知らない』
ということになるんじゃないか、と思うんですよね。

では、痛みも何も感じなければ、
果たしてそこに成長はあるのだろうか?

という考えに至ります。

スポーツでは勝った勝負よりも、
負けた勝負から学べることが多かったりします。

そうすると、成功している人のプラス思考というものは、
先天的なものではなく、
過去に起きた様々な辛いこと、悲しいことを、
自分の力で克服した後にプラスに転じているのでは?
と考えざるをえないのです。

これはワクチンと似ているもので、
一度病原体を経験すると抗体ができて、
次回以降は何ともなくなるのと同じようなものなのではないか?

と思うんですよね。

そして、私自身も、小さい時からプラス思考だったかというと、
小さい時には様々な出来事でくよくよしていたように思います。

その時にやはり思い出すのは、母の存在。
私が何かに失敗したりすると、

『よく頑張ったね。次また頑張ればいいからね。』

と言ってくれました。

そういう点では父も同様でした。

これで私は自尊心を保つことができ、
自然にマイナス思考をうまく克服することが
できるようになったのではないか、
と思います。

そして大学時代に出会った恩人から、
『プラス思考』という言葉を初めて知った時、
意図的にプラスに考えることで、
人生をコントロールすることができる、
ということを学びました。

一見すると不幸な出来事が自分に起きた時、
様々な自問自答をしてそれを克服できると、
次回以降は全く気にならなくなりました。

つまり、今自分は『プラス思考』ではないと感じている人も、
それを克服できる、ということなのです。

また、マイナス思考も自分が成長するための、
大きな原動力になる、ということなのです。

そう考えると、楽になりませんか?

<追伸>
私は今では殆どのことについて、
落ち込むことは無くなりましたが、
唯一落ち込むことがあります。

それを次の記事に書きますね(^^)

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.