起業してもエネルギーの総量は変わらなかった

私が起業した経験から言えることとして、

『サラリーマン時代の私と起業後の私とでは、
 エネルギーの総量は変わっていない』

ということです。
起業すると何か大変なことをやらないといけないと
いけないような強迫観念がありますが、
サラリーマンだから楽だということではないですよね。

サラリーマンでも起業家でも、
1日に与えられた時間は同じ。
エネルギーの総量は変わらないけど、
『エネルギーの使い方』を変えただけなのです。

振り返ってみると、
むしろ今のほうがストレスフリーだし、
時間的にも労力的にも楽をしているかな、
と感じるぐらいなのです。

なのであなたにももっと勇気を出して起業について、
前向きに考えて欲しいな、と思います。

-新着情報

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.