1日の時間の使い方と収入の関係(平城の場合)

昨日投稿したこちらの図、

多くの方に共感頂いたようで、現在17名の方からシェア頂いています!

→昨日の記事はこちら:http://on.fb.me/1gUxcQY

そしてふと、自分の過去を思い出してみると、
まさにこの左から右に少しずつ移動してきたな〜と実感させられました。

一番左端に居た時(23歳頃)のエピソード。

あなたは、

『ナポレオン・ヒル』

という高額商材を知っていますか?

いわゆる『帝王学』というものをうたったモチベーションアップ教材なのですが、

このナポレオン・ヒルに似た商材があって、
私は当時100万円もしたこの教材を申し込んでしまいました。

100万円という金額は、大学を出たばかりの当時の私にとっては、
当然一括で払えたわけではなく、
毎月2万円程度のローンを組みました。

この商材を知ったのは雑誌か何かの広告で、
そこで応募したら営業マンから電話があり、
見事にクロージングされてしまったということです。

当時社会のことを全く知らなかった私にとって、
『帝王学』という言葉はまさに魅力的で、
成功するための絶対法則が、この中に書かれているんだ。
これは古来から伝わる秘伝のようなものだ。

と勝手に妄信していたのですね。

この教材には、

鉄鋼王:カーネギー
ケンタッキー:カーネルサンダース
マイクロソフト:ビルゲイツ
マクドナルド:レイ・クロック
ディズニー:ウォルト・ディズニー

といった、ワールドクラス(主にアメリカ)の成功者達の
考え方などが説明されたテープ教材と、
自分用のノートのようなものが、
ダンボール一杯に入っていました。

パッケージはかなり豪華でしたね。

そのテープをSONYのMDウォークマンにコピーして、
会社の通勤時や家に帰ってから、時には寝ながらなど、
とにかく聴きまくりました。

この本に習って、
白い紙に

『5年以内に500万円を貯蓄して、シリコンバレーで起業する』

と書いてカバンの中に入れ、

昼食時には会社の屋上に上がって1人で弁当を食べ、
この呪文を何回も何回も唱えていました(苦笑

これで効果が出たのか?

そこが興味深いポイントだと思います。

結論から言うと、
この教材は私にとって、
日々のモチベーションを上げてくれるメリットはありましたが、
成功するために必須のものだったかというと、『No』でした。

過去の自分にアドバイスができるとしたら、
この100万円は教材を買うために使うのではなく、

『何でもいいから100万円を使って、
 実際に自分でビジネスを起こしなさい』

とアドバイスをするでしょう。

まさに、この図でいうところの『アウトプット』の活動ですね。

アウトプットの概念は様々です。

物販ビジネスをされる方であれば、
 ・商品をリサーチする
 ・仕入れる
 ・売る

この全てが『アウトプット』に該当しますし、

プログラマーの方であれば、
 ・プログラミングをする

これがアウトプットです。

自分の商品やサービスを広めるために広告をうつ、
これもアウトプットです。

100万円を広告費に使う。

これは勇気がいることですが、
大変素晴らしい行為だと思います。

広告を打つことで、
市場から素早くフィードバックを受けることができるので、
自分がうち出そうとしている商品・サービスが受け入れられるかどうか、
早い判断ができます。

私達は『時間』という見えないコストを払いながら生きています。

死へのカウントダウンは、今日も現在進行形で続いています。

政治・医療・金融などの一部の分野以外において、
大成功している人に実は高学歴の方が少ないのは、

生きているうちにこの図で如何に早く右側に移行して行ったか、
これにつきると思います。

そういう意味では私は就職活動の時から起業を意識し、
大学院には行きませんでしたし、
社会人になって一切資格も取得していませんし、

20代の頃はひたすら『プログラミング』というアウトプット活動をしていました。

30代の今は『文章を書く』というのが自分のメインのアウトプット活動になりました。

40代になったら、『お金を出す』というのがメインのアウトプット活動になると思います。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.