自分の中に自動販売機を養う

更新日:

よく、『チャリンチャリンビジネス』という言葉を耳にします。

そういうビジネスを構築したい、
という方も多いと思います。

ところが、
実は私達は身の回りに、
こういった機会があることを、
見落としていることが多いのです。

例えば、

1)お客様からのお問い合わせに対して、返信漏れがある。
 もしくは、返信が遅い。

 →ビジネスをやっているのであれば、遅くとも24時間以内。

2)受注後のフローが遅く、お客様に問い合わせを受けてしまう。

 →こういう積み重ねが、信頼の減少につながっていく。

3)あとひと押しで商品・サービスを買ってくれるお客様に、
 ひと押しをしていない。

 →恋愛で相手が告白して欲しいと思っているのに、
  告白できていないのと同じ。

といったようなことです。

こういったことが着実にできていれば、
ビジネスというものは右肩上がりで成長していくものです。

すごく当たり前のことだと思うのですが、
できていないことが、本当に多いのです。

こういったことができるようになるには、
自分の中に『自動販売機』をイメージすることです。

ビジネスは、

Aという行為の延長線上に、●●円がある。
Bという行為の延長線上に、☓☓円がある。

といったことの積み上げです。

これは私のビジネスを手伝ってくれている弟子たちに、
常に言い聞かせている言葉です。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2018 All Rights Reserved.