ファイル共有サービス「Dropbox」の複数アカウントを共存させる方法(Mac版)

最終更新日時 2014/11/12 12:11

ファイル共有サービスとして、マルチプラットフォーム(iPhone版もあり)であることもあり、メジャーになってきたDropbox。

ネックなのは、容量が2GBということと、プライベート用と仕事用といった形で使い分けをするのに壁があるということ。

メールで複数アカウントを使い分けるのと同じような感覚で、自分のPCに複数アカウントが共存できないか、と以前から思っていたので調べてみました。

すると、やっぱりありましたね。

Dropbox本家のサイトで紹介されているやり方なので、おそらく規約違反とかにはならないと思います。

http://wiki.dropbox.com/TipsAndTricks/MultipleInstancesOnUnix

Unix系OS(Mac OS/Ubuntu)でのやり方ですので、Windows派の方には使えないですが、参考までに。

Dropboxをまだ知らなかったという方、これから使ってみようと思われた方は、こちらから使ってみてください。

Dropboxのサイト

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!

その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

Pin It on Pinterest

Shares