Google Puglic DNS のパフォーマンスを測定してみた。

最終更新日時 2014/11/12 12:11

ウェブサイトのパフォーマンスを改善するための対策として、サーバが見に行くDNSサーバを「速いDNSサーバ」に変更するという方法があると、以前某雑誌で読んだことがあったのでので、検証してみた。

その雑誌では「Google Public DNS」 が良いと聞いていたので、以下のようなスクリプトを実行。

※Google Public DNSについては、「Google Puglic DNSとは」をご覧頂きたい。

—ここから—
function microtime_float()
{
list($usec, $sec) = explode(” “, microtime());
return ((float)$usec + (float)$sec);
}
$start = microtime_float();å
for($i=0;$i<=1000;$i++){
print gethostbyaddr(‘121.119.194.160’).”¥n”;
}
$end = microtime_float();
$lap = $end – $start;
print $lap.”¥n”;
?>
—ここまで—

比較対象として、それまで使用していたODNのサーバと比較。

結論としては、ODNのサーバの方が10倍ほど速い応答速度を示した。
名前解決の対象となるIPアドレスや、測定するサーバのネットワーク上の位置にもよるのかもしれないが、
とりあえず、このような結果だったので以前のとおり今回のサーバではODNのサーバを見に行く設定のままに。
何事も鵜呑みにせず、検証が重要ですね。エンジニアとは。

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!

その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

Pin It on Pinterest

Shares