稼ぎの自転車

更新日:

稼ぎのエンジン」で書かせて頂いた、起業前の自分には決して感じることのできなかった感覚。

本日は自転車に例えて表現してみたい。

サラリーマン・・・三輪車

どんなにこいでもこいでも、一定の割合しか進めない。

また、こいでいると足が痛くなる。

起業家・・・ママチャリ、ロードバイク

自分のペースでママチャリも選択可。

但し、税金面でサラリーマンより有利になるので三輪車とは比較にならないほど快適。

本格的にロードバイクを選択し、部品もカスタマイズ可能。

会社を拡大して株式上場の道もアリ。

ネットを駆使して少数精鋭で利益拡大もアリ。

ここで気づいて頂きたいのは、どちらも、「自転車をこぐ力」や、「1分間にこげる回数」が同じであるということ。

同じなのに、進める距離は全く異なってくる。

それは何故かというと、法律がそのようになっているからである。

商法や税法が、経営者や起業家に有利に働くようになっているのである。

(有利というのは語弊があるが、うまく活用できれば有利になる、という意味)

だからといって、全ての人に起業が向いているというわけではない。

楽をしたい人、ただ単に会社になじめない人というのは、起業にも向いていない。

私がお薦めするのは、

・会社では平均以上の成果を出すことができている

・自分の居場所はここではないと感じている

という人だ。

あなたがもし、この2つの条件に当てはまるようであれば、上記の自転車の例についてじっくりと考えて欲しい。

-成幸を掴むためのヒント

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.