モバイル通信における意外な事実

最終更新日時 2013/04/21 23:04

多くの方は、先進国、都会の方がインターネット環境が良いようなイメージを持たれていると思いますが、アメリカや日本といった先進国とASEAN諸国、また日本の中での都心と地方とを比較してみると、モバイル通信に関しては地方や新興諸国の方が快適なことが多々あります。

実際、iPhoneによる3G回線による通信では、体感的に早く感じるランキングとして、

1)マレーシアのMaxis
2)日本のNTT Docomo
3)中国のチャイナユニコム
4)日本のソフトバンク
5)マカオのCTM
6)香港の3(スリー)
7)シンガポールのStarHub
8)アメリカのAT&T、t-mobile

となっています。
最近、ネット大国であるお隣の韓国には行っていないので、 次回行くのが楽しみですね。

これは、先進国、都会における利用人口に、インフラの整備が間に合っていないからだと思います。

アメリカが最下位なのが皮肉ですね。。 (これは意図的に帯域を絞っているからのようですが。。)

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!

その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

Pin It on Pinterest

Shares