バックオフィス=中国人が未来系?

少し前から、中国人のスタッフの方と仕事をよくするようになりました。
バックオフィスの仕事をお願いしていて、
普段は中国本土の珠海(ジュハイ)やマカオのオフィスで仕事をしているのですが、
事務処理のスピードが尋常ではなく速いのです。

当然、日本語の読み書きが流暢にできます。

この彼女に限らず、中国人スタッフは真面目で優秀な方が多いという印象です。

日本では、コンビニの店員は基本的に中国人の方が採用されています。

数年前までは中国人のコンビニ店員は珍しかったのですが、

今では日本人のコンビニ店員の方が珍しいぐらいです。

私は、将来的には事務スタッフも基本は中国人であるという時代が来るのではないかと思っています。

日本国内で雇用しても、時給はやはり日本人よりも安いのでしょう。

中国本土で直接雇用すると、月給4万円で、日本語の読み書きができる中国人スタッフを確保することができます。

日本人の4分の1から3分の1の人件費ですね。

しかも彼女たちは仕事に対する姿勢も一生懸命です。

それまでは、『中国人は言われたことしかやらない』という固定概念がありましたが、

きちんと自分のミッションを理解して、仕事を全うしようとする姿勢があります。

こちらが指示していない内容でも、

『これが必要ではありませんか?』

と確認をしてくれるのです。

ここまでやってもらえれば、もう日本人のスタッフを雇うのがバカらしくなります。

尖閣諸島問題など、国同士の関係はいろいろとありますが、

国の問題と個人の問題はまた別ですね。

-新着情報

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.