13インチMacBook Pro Retina(レティナ)ディスプレイモデルをオーダー!

投稿日:

Faceboookのオンラインコミュニティー【黙々会】にて、El Matsunakaさんから、
『MacBook Pro Retinaディスプレイも軽量で魅力的です』とのメッセージが。

”おっ、これはついにきたかーー!?”

ドキドキ胸を高鳴らせながら、オンラインのApple Storeの、
MacBook Proのコーナーを開く。

”お〜!!!すげ〜、出てる。”

待ちに待った、13インチのRetina(レティナ)ディスプレイ。

MacBookPro Retina

2012年の6月頃、15インチRetinaが出た時には、
MacBookAirと変わらないほど薄くなったボディーと、
最新のiPhone並の画面の美しさに惚れ惚れだったが、

13インチに最適化された『ノマドな体』にとっては、
やはり15インチは大きく、重かった。。

僅か0.67Kgの増量だが、
最近厳しくなった空港での手荷物の重量制限。

これをクリアするためには、
コンマキログラムの従量でも、削りたいものだ。

もはや、ボクシングの軽量と同じといっても過言では無い(笑

そして、なくなく15インチは見送ることに。。

そして私は信じていた。

今年の秋頃に、13インチ君が出てくれると。

結局6月にはMacBook Airの方を買い換えることになった。
こちらも、外見は殆ど変わっていないが、
内部的にはかなり改善されていて、
パフォーマンスは最大2倍も向上している。

13インチ MacBook Air君との付き合いは半年も無かったことになるが、
こちらはセミナー用のサブ機にするか、

Sofmapや知人に安くで譲ることにしよう。

さて、早速、マレーシアから銀座と名古屋のアップルストア法人営業部に電話。

いつものとおり、

・CPU、メモリ、ハードディスクはフルスペックアップグレード
・USキーボード

て注文。
1年以内にまた乗り換えると思うので、
アップルケアは無し。

トータルで¥276,199。

まあ、初代MacBookAirがフルカスタマイズで40万円超えだったことを考えると、
なんて良心的な価格だろう。

こんな興奮する買い物を年に何回もできることを考えると、

やっぱり、エンジニアは辞められないね。

-仕事環境と仕事道具

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.