情報資産運用の概念とは?

今日は、情報資産を運用する方法、「情報資産運用」という概念について解説したいと思う。

現在、広告を使って1メールアドレスを獲得する際の費用は1,000円は下らないと言われている。
つまり、見込み顧客1人のメールアドレスの価値が1,000円以上ということになる。

ここで、あなたが1,000人分のメールアドレスを集めることができたとすると、その価値は

1,000円 ☓ 1,000人 = 1,000,000円(100万円)

となる。

この価値というのは厳密には「時価」であり、1メールアドレスあたりの価値は時代と共に推移している。

例えば10年前であれば、広告を使って1メールアドレスを獲得する際の費用は100円程度だった。

1,000人分のメールアドレスの価値は

100円 ☓ 1,000人 = 10,000円(1万円)

と、なんと現在の100分の1でしかない。

これは逆の味方をすると、10年前に集めたメールアドレスという情報資産が10年で100倍になったということなのだ!

価格が10倍になった株のことを「テンバガー」と呼ばれているが、そのさらに10倍の「ワンハンドレッドバガー」ということになる。

あなたがもし10年前からメールマガジンをやっていたとすると、ある意味「勝ち組」になっているのだ。
逆にもしあなたがこの事実に気が付かないまま、まだメールマガジンをやっていないとすると、これからも大きな機会損失になるだろう。

SNSのフォロワーの価値はせいぜい数円。
なのでフォロワーを増している時間があれば、1人でも多くのメルマガ読者を増やしたほうが良いのだ。

メールマガジンの読者は増えるばかりではなく、減ることもある。
その理由はあなたの情報に興味を失う場合もあるかもしれないし、ただ単に読者さんがお休みしたいという場合もあるだろう。

しかし、ブログや各種SNSからメルマガ登録への適切な導線を用意し、しっかりと有益な情報を発信していけば、通常は右肩上がりで読者数は増えていく。
(そうなっていない場合は、どこかに問題がある。)

さらに、あなたがあなたのメルマガで有益な情報を発信し続ければ、読者のほうからいずれあなたのサービスを有料でも良いから受けたい、という声が上がってくるのだ。

男も、2011年にメールマガジンをスタートした時、約半年間地道な発信を続けた。
すると、「有料コンテンツは無いのですか?」「セミナーは開催しないのですか?」といった声を頂けるようになったのだ。

それから、自分なりに最大限有益なコンテンツを発信し続けた結果、今に至っている。

また、ある時ネット上事実ではない悪評を流されたことがあり、それが原因で多くの人が去っていったこともあった。
情報資産運用において重要な「人としての信頼性」に傷がついてしまったのだ。
それは事実として真摯に受け止め、自分自身の身を清めるべく、今後の人生は自分が積み上げてきたITの知識・経験を世の中のために提供していく、と誓った。

あなたも、情報発信者として知名度が上がるにつれ、誹謗中傷を受けるリスクが少なからず出てくるだろう。

それを不安に思う気持ちもわかる。
しかし、株であればリーマンショック、不動産であれば最近の「かぼちゃの馬車事件」のように、従来の資産運用というものは「外部要因」による影響が強く、個人の力ではなんともならないものだ。

逆に情報資産運用は外部要因からの影響はあまりなく、自分さえしっかりと価値提供していれば、安定的に結果を出せるものなのだ。

情報資産運用の概念はなかなか文字では説明しづらいので、今日の内容だけではあまりピンと来ないかもしれない。

ただ、あなたにお聞きしたい。

「道路に1万円札が落ちていたら拾いますか?」

殆どの人は「Yes」と答えるに違いない。

その後交番に届けるか、自分の財布にしまうかは別として、「拾う」という行為をするということは、1万円札をそれ相応の価値があるものと認識しているからだ。

男からしてみれば、情報資産運用をしていない人は、道端に落ちている1万円札を素通りしてしまっているようにしか見えないのだ。

ここまで言ってもまだピンときていない場合は、3,000円を投資して今回のセミナーを受講して頂ければ、男のほうで2時間かけて全力で解説させて頂く。

22時からの2時間が都合がつかない場合も、お申込みいただければ後日当日の動画を配布させて頂く。

ただし、3,000円で購入できるのは日曜日の24時迄となっている。

「超」情報化社会における情報資産長者になる道
▶詳細・お申し込みはこちら

<追伸>

ちなみに男が運営している@SOHOの会員数は現在役27万人。27万人分の総資産価値を計算してみると、

1,000円☓ 27万人 = 2億7千万円

という計算になる。

さらに、何もしなくても毎月数百名の新規会員登録があるので、毎月数十万円の価値が積み上がっていることになる。

-情報発信

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.