「稼げない」常識から『稼げる」常識へ

更新日:

男が現在、時間と場所の自由を手に入れることができているのは、紛れもなく『情報ビジネス』を行っているから。

男はもともとプログラミングをして生計を立てていたが、これはこれで、まずプログラミングをマスターしなければならないので、なかなか敷居が高い。

男はたまたま消去法ながらも社会人駆け出しの頃、IT企業に入ることになってしまったため、仕方がないのでプログラミングを覚えたという経緯があるけれど、IT企業に勤めていなかったらまず習得は難しかっただろうな、と思う。

そんな中、日本ではブロードバンド化が進み、スマホとSNSが普及して『日本総SNS時代』に突入したことにより、情報がお金になる時代になった。

男は2010年の後半から情報ビジネスをスタートし、もう9年目に入る。

でも、もともと2003年頃から、このビジネスの可能性は感じていた。

が、当時はやり方がまったくわからない。
当然ながら、結果は出なかった。

ところが、2010年に再スタートしてからは、
自然と結果が出るようになった。

その理由は何だったのか?

それはやはり、自分の中で『情報がお金になる』という常識が芽生えたからだ。

重要なポイントとして、この前後で、男のスキル・経験は全く変わっていない。

変わったのは、自分の中で「情報がお金になる」という概念を常識にすることができたということ。

この経験を生かし、2012年から、情報ビジネスのやり方を教える活動もしてきたけれど、ノウハウ的なことよりもまずは自分自身の中の常識を変えること。

これができれば、自然と稼げるようになる。
まるで今までの自分が嘘のように。

今回のオンラインセミナーでは、情報がお金になることを常識化できるように、過去の自分が懐いていた疑問点、そして現在男が情報ビジネスのやり方を教えていて多くの方がつまづいてしまう疑問点、これらに1つ1つ回答を行い、あなたの中で「常識化」することを試みる。

現在情報ビジネスにチャレンジしている場合や、過去にチャレンジして挫折してしまったという場合、今回のセミナーを受講することで、今まで見えなかった光を見出すことができるだろう。

▶「稼げない」常識から『稼げる」常識へ

-情報発信

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2019 All Rights Reserved.