成幸を掴むためのヒント

LINEで送る
Pocket

人生における『逃げ』と『方向転換』の違いを見分けるポイント

私達が人生において何かを途中でやめようとする時、それが『逃げ』なのか『方向転換』なのか、判断に迷うことが多いと思います。

特に人生経験が浅い若い時には迷うことが多いですね。

逃げてはいけないところで逃げてしまうと成長にならないし、逆に自分に合っていないことをやり続けても、結果が思うように残せないばかりか、ストレスをかかえて鬱になってしまったりします。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

あなただけの人生は、あなたの中に眠っている。〜時代は精神主義社会へ〜

あなたが人生において何かを成し遂げたいと思う時、最初は『既に成功している人』から学ぼうとするでしょう。ただ、その人の真似をすることが、本当にあなたにとって良いことかどうかはわかりません。時流は常に変化しているので、過去の成功者の真似をすることが、今の時流に合っていないかもしれません。そのような時に知っておいて欲しい考え方です。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

2016年の平城寿の活動

2016年の私の活動です。

今年、そして今後一生のテーマは、
『自分にしかできないことに特化する』です。

ここ数日間、
自分がこの世に生まれてきた理由と、
何を成すべきかをあらためて考えていました。

自分の使命というものは、
自分の体験の中から感じ取るもので、
人の人生を追いかけているうちは、
絶対に気づくことができません。

『自分との対話』

日々、自分に起きる出来事について、

・なぜ、それが自分に起きたのか?
・その出来事をより良くするにはどうすれば良いか?

ということについて、
日々自問自答していきます。

そうなると、世界中を見渡して、
『自分と答えが同じ』
という人は1人も出てこないはずです。

部分的に人の影響を受けたとしても、
本筋はやはり自分自身の中にあります。

私はこの『自分との対話』を通じて、
自分にしかできないことを、
徹底的にやってやって、やり尽くします。

この『使命達成』のためには、
ありとあらゆる手段を検討し、
自分の中にある不安や恐怖、
迷いや躊躇を一切捨て、
自分が今まで経験したこと、
得た知識や能力、
手にした環境、リソース、資産。

これらを総動員して、
ひたすら全力で邁進する。

歴史に名を残した人物たちも、
こういった過程を経て、
『自己超越』していったのだと思います。

具体的には、

◉私が持つ知識や経験
・ITビジネスにおける16年の経験
・2つのビジネスを世に送り出した経験
(ショッピングカートと@SOHO)

と、

◉私が持つメディア
・25万人会員@SOHO(もうすぐ26万人)
・合計10万人以上に発信できる各種メルマガ

を使って、

◉私に集ってくれる仲間たち
・エンジニア講座メンバー
・海外ノマド倶楽部メンバー
・平城式Facebook実践者
・アップル好きな人々
・ハイレゾ音楽が好きな人々
・空撮が好きな人々

と共に、より良い社会を創っていきます。

◉『より良い社会』の定義
・互いに尊重し切磋琢磨し合える人がいる
・自らの才能に気づき、開花させることができる
・自らが提供した価値に伴った収入が得られる
・自然体でいられる
・そこにいるだけで活力が湧いてくる
・そこにいるだけで幸せを感じられる

というものです。

これを具現化したものが、
私が昨年2月から提唱している、
『成幸村』です。
2015年は構想と準備の期間、
2016年はいよいよ本格開始です。

LINEで送る
Pocket

成功と成幸の違いとは?



先日、『成幸』とう言葉の定義について書かせて頂きました。
多くの方から共感頂き、シェアも現時点で47件となっています。
ありがとうございます。

また、私が描いた成功と成幸のイメージについて、
もう少し掘り下げて理解したい、という言葉がありましたので、
具体的に説明します。

まず成功について。

私達はピラミッド構造の最下層からスタートし、
望むか望まざるかに関わらず、
頂点を目指すことを強いられます。

頂点を目指すことが『常識』と定義され、
頂点を目指そうとしない者は『変わり者』と見なされます。
ただ、上に行けばいくほど、パイは少なくなるので、
更に上に行く難易度は高まります。

途中で転落する者も出てくるし、
少ないパイを取るために、他人を蹴落とす者も出てきます。
この争奪戦に生きる希望を失い
ピラミッドから飛び降りる者も出てきます。

また、ピラミッドの頂点に君臨する者達は、
子孫末裔までそのポジションを維持するために、
ありとあらゆる手段を講じています。

最下層からスタートした者は、
一定ラインまで上には行けますが、
頂点に辿り着けるのは奇跡的な確率です。

次に、成幸のイメージについて。

私達のスタート地点は同じですが、
進む方向が360度+3次元の方向に異なっています。

私達は小さい頃、
『将来は何になりたい?』
と聞かれると、

花屋さんとか消防士さんとかお医者さんとか、
即答していたと思いますが、
あのイメージですね。

皆が同じ方向ではなく、
それぞれが定義した独自の道に進んでいくので、
進めば進むほど、競合相手は減っていきます。

これは、図形が得意な方は理解しやすいと思います。

例えば、わかりやすく全世界の人口が10人だったと仮定します。
スタートの時点で、10人で10ユニットという球空間を
利用していたとすると、
1人が専有できるのは1ユニット。

それぞれが別々の方向に活動をすれば、
球空間は時間とともに広がっていきます。

この旧空間が100ユニットになれば、
1人が専有できるのは10ユニットになります。

これは、自分の専門領域を掘り下げると、
競合相手がいなくなっていくのと同じです。

人と違うことをすれば、
自分にしか知らない経験・知識が増えていきます。

そしてそれは、他の人に役に立てることができます。
活動をすればするほど、球体は大きくなっていくので、
専有できるスペースが広がっていきます。

つまり、パイを奪い合う必要はなくなります。

逆に、お互いを補完しあうために、
手をとって助け合っていこうとします。

まさに宇宙空間のように、
無限の広がりがあります。

では、このような球体的な環境を作るにはどうしたら良いか?
社会構造が変わらないと、
実現できないのか?

というと、そうではありません。

『人と違うことをする勇気を持ち、
実践すること』

これを決意することができれば、
ピラミッド空間から球空間へとステージを変えることができます。

例えば、私は会社を辞め@SOHOというビジネスを起業しましたが、
同じことをやろうとした人は、日本全国で数えるほどしかいなかったでしょう。

球空間の中で独自路線を歩んでいった結果、
決して他と競合することなく、
逆に多くの方の助けになれるサービスとして、
発展させることができました。

インターネット・バブルの頃、
世の中でIT経営者達がやれ上場だと騒いでいたとき、
私は上場など一切考えず独自路線を追及。

株式市場とは無縁なので、
売上と利益を最優先にすることはなく、
『やりたいこと』を再優先することができています。

そして社員ゼロという小規模経営にも関わらず、
約24万人の方にご利用頂いています。

ピラミッド空間から球空間へと活動の舞台を変えるためには、

『人と違うことをする勇気を持ち、
実践すること』

と書きましたが、

そのための第一歩は、

『人と違う自分をさらけ出すこと』

です。

私が現在開講している『平城式Facebook』という講座は、
まさにこの球空間で活動をするための方法をお伝えしています。

さて、球空間での活動イメージ、深まりましたか?

<追伸>
私と一緒に『成幸』を目指したいという方はぜひコメントをください。
シェアも自由にして頂いて構いません。

LINEで送る
Pocket

成功ではなく、成幸を目指す


今朝、新しい言葉とイメージが舞い降りてきました。

私が追い求めてきたもの、
そして手に入れつつあるもの。

それは、成功ではなく、成幸なのだと。
``````````````````

成功の定義は何かというと、

・仕事で結果を出す
・経済的に豊かになる

といったものが思い浮かびます。

ただ、これまでの歴史を見てわかるとおり、

成功=幸せ

ではない、ということは明白です。

体外的にはうまくいっているように見えても、
実際は私生活が崩壊していた、
ということは珍しくありません。

また、成功のバリエーションは、
実はあまり多くないのです。

『成功のパターンは、様々だ』

とも言われますが、
実はあまりピンと来ていない、
という方も多いと思います。

お金は必要な分だけあればいい、
と思っていても、ついついもっと欲しいと思ってしまう。

これはつまり、
あなたが『成功』という言葉に惑わされているからです。

成功のイメージは、
いわばピラミッド構造の頂点なもの。

頂点に立てないと、
満足感が得られないのです。

つまり、
『一部の人しか満足感を得ることができない』
ということです。

常に他人と競争する必要があるのです。

一方で、成幸のイメージは球体です。
幸せの定義は個々により異なり、
極端な話、人に理解されなくても良いのです。

自分自信が本当の意味で満足感を得られること、
これを追及していきます。

他人の目を気にする必要はなく、
自己定義した目標の中で、自己実現を目指します。

テレビや新聞などの『マスメディア』が
普及した20世紀には、経済は大きく発展しました。

これは、世の中がピラミッド構造で形成され、
望むか望まざるかに関わらず、
頂点を目指すように仕向けられてきたからです。

一方で、『歪』も沢山出てきました。

20世紀から21世紀に移行するタイミングで、
インターネット社会が到来しました。
個人が自由に情報を発信することができるようになりました。

既に、成幸を目指すためのインフラは整いつつあるのに、
世の中の99%の方が、成功にとらわれています。

『成功の定義は人それぞれだ』

と考えていても、

この図のように、根本的に、
自分が生きるステージの捉え方を変えないと、
結局どこまで行っても、
人生において充足感を得ることはできないでしょう。

私は20代前半から、無意識のうちに成幸するための
行動をとってきたと思いますが、
言葉としてはっきりと自覚できたのは、今朝でした。

これからの私の活動を通して、
この言葉を多くの方に伝え、
多くの方に本当の幸せを掴んで頂きたいと思い、
今朝の言葉としたいと思います。

あなたの収入をアップさせるもっと「濃い」情報が知りたいですか?

もっと「濃い」情報を知りたい方は、ぜひこちらのメールマガジンを読んでみてください。

ブログでは書けないような、「より具体的な」情報を配信しています。

無料メールマガジン『スーパーエンジニア養成講座』

お名前:
メールアドレス:

国内最大級の会員数とページビューを誇るビジネスマッチングサイト@SOHO創業者、

平城寿のメールマガジン。

営業が苦手だから独立を足踏みしているITエンジニア達。
でも、ちょっと視点を変えれば、営業をしなくてもビジネスはできるんです。

独立後、1回も営業をかけず、『社員なし』『事務所なし』で、
『エンジニアにしかできない』ビジネス手法を追求し、リアルタイムにお伝えしています。

LINEで送る
Pocket

2014年に出会った皆さんへ

ムービー書き出しの時間が間に合わなかったので、
ちょっと遅れてしまいましたが。。

大晦日の日に何をしようかと思いましたが、
やはり今年お会いした皆さんとの時間を
振り返りたいと思いましたので、
このようなムービーを作成してみました。

今年私にお会いした方、
そして私の活動に参加して頂いた方々との、
思い出の写真を集めてみましたので、
心当たりある方はご覧くださいね。

2014年も、本当に沢山の素晴らしい方々との出会いがありました。
そして、その方々に、私ができることをしてきました。

この写真のように、
皆さんがいつでも笑顔でいられるように、
そしてまだお会いできていない方々との素晴らしい出会いが、
2015年に訪れるように。

http://youtu.be/mypa0ZotwHc

あなたの収入をアップさせるもっと「濃い」情報が知りたいですか?

もっと「濃い」情報を知りたい方は、ぜひこちらのメールマガジンを読んでみてください。

ブログでは書けないような、「より具体的な」情報を配信しています。

無料メールマガジン『スーパーエンジニア養成講座』

お名前:
メールアドレス:

国内最大級の会員数とページビューを誇るビジネスマッチングサイト@SOHO創業者、

平城寿のメールマガジン。

営業が苦手だから独立を足踏みしているITエンジニア達。
でも、ちょっと視点を変えれば、営業をしなくてもビジネスはできるんです。

独立後、1回も営業をかけず、『社員なし』『事務所なし』で、
『エンジニアにしかできない』ビジネス手法を追求し、リアルタイムにお伝えしています。

LINEで送る
Pocket

一般の人と真逆のことをやると成功する

メリー・クリスマス!
聖夜はどんな過ごし方をしていますか?

彼氏・彼女とデート?
友人や知人とクリスマス・パーティ?
会社に残って残業?

数年前の私はというと。。。

上記のうちのどれでもありませんでした。

1人、自宅にこもってせっせと独立の準備をしていました。
そうです、@SOHOの開発をやっていたのです。

晴れて独立を果たしてからは、
東京都内の高層マンションに住み、
朝の通勤時間に通勤ラッシュと逆方向の電車に乗り、
都内のホテルでノマドをしていました。

家族と出かけるのはもっぱら平日で、
土日は自宅でのんびり。

振り返ってみると、
人と真逆のことをやりだしてから、
成功への道が近づいてきたように思います。

2010年から2011年にかけて、
まだ海外での投資が怖いと言われていた頃に、
資産の9割を外貨に替えて運用しました。

結果的に、為替の差益だけでも40%ぐらい含み益が出ています。

学生時代までの私はというと。。

常に集団の中にいて、
人と違う自分を見せることに躊躇していました。

ある組織の中にいると、
人と違う言動をすれば変わり者扱いをされ、
阻害されるのが怖かったからです。

結果的に、自分に正直に生きていなかったと思います。

人と同じことをするということは、
自分の経験に希少性がなくなる、ということです。

人と同じことをすればするほど、
他人に置き換えられる人間になっていきます。

例えば、このクリスマスの時期に
一番儲かっているのは誰でしょうか?

クリスマスを楽しみたい人達に、
サービスを提供している人です。

こういう人たちは、
人口比率でいくと数%程度だと思います。

これも、『真逆の行動』の1つですね。

今の私も、人が遊んでいるときに働き、
人が働いている時に遊んでいます。

つまり、この年末年始は、
私にとってハードワークをするのに最適な時期です。

まわりの人が働いていないので、
受信するメールの数も激減しますからね(^^)

この年末年始に、
自分自身の1年の計画をたてたり、
自分が提供しているサービスの大幅なリニューアルをやったりと、
様々な仕掛けをしています。

私は沢山のブログを運営していますが、
これらのリニューアルも行います。

あなたの『真逆の行動』は何でしょうか?

あなたの収入をアップさせるもっと「濃い」情報が知りたいですか?

もっと「濃い」情報を知りたい方は、ぜひこちらのメールマガジンを読んでみてください。

ブログでは書けないような、「より具体的な」情報を配信しています。

無料メールマガジン『スーパーエンジニア養成講座』

お名前:
メールアドレス:

国内最大級の会員数とページビューを誇るビジネスマッチングサイト@SOHO創業者、

平城寿のメールマガジン。

営業が苦手だから独立を足踏みしているITエンジニア達。
でも、ちょっと視点を変えれば、営業をしなくてもビジネスはできるんです。

独立後、1回も営業をかけず、『社員なし』『事務所なし』で、
『エンジニアにしかできない』ビジネス手法を追求し、リアルタイムにお伝えしています。

LINEで送る
Pocket

精神的に解放された状態。

今日は、大事な告白があります。
```````````````

私は現在ナナロク世代の37歳。
今年で38歳になります。

じ、じつは、『アラフォー』じゃないですか!!!

認めたくないけど、事実です。

ということで最近、
『残りの人生をどのように過ごそうか?』
と考えてきました。

余命はどんどん無くなっていきます。

今までは、

・もっと成功したい
・もっとお金を稼ぎたい
・もっと有名になりたい

という気持ちがありました。
やはり人間、欲がありますからね。

でも、なんとなく、

資本主義社会に踊らされて、
『世界億万長者ランキング』

のようなものへのランクインを目指すのは、
違う気がしていました。

そして最近、嬉しいことがありました。

私とfacebookで繋がっているメンバーの中で、
カップルが誕生したのです!!!

2人とも、私のセミナーに来て頂いたことがあり、
時々コンタクトは取っていました。

そして私が提唱している
『平城式facebook』の実践者でもありました。

2人は、facebookを通じて、
お互いの日々の投稿を見て、
何か感じるものがあったようです。

2人は、『海外ノマド倶楽部』のメンバーでもあるので、
海外で挙式予定とのこと。

昨日その報告を聞いて、
なんだかこちらまで凄くシアワセな気持ちになりました。

ちょうど先日告知させて頂いた、
『facebook婚活』をスタートしようとしていた矢先のことで、
まさにロールモデルができました。

また、facebook経由で、
20歳と23歳の青年が、
私に相談を求めてきました。

2人とはSkypeで話をして、
相談を受けたのですが、
私の話をすごく熱心に聞いてくれました。

ちょうど、『平城寿の進路相談』
というプロジェクトをスタートする前の
出来事でした。

これら体験を通じて、
何か凄くシアワセで充実した気持ちになりました。

誰かが自分を必要としてくれる。

自分が発信した情報や、
自分が作った環境に共感してくれて、
どんどん仲間が増え、
共に成長していける。

より多くの方から、

『平城さんに出会えてよかった。ありがとう。』

と言っていただける。

これこそが、
人生の醍醐味ではないか、
あらためて思いました。

お金を追い求めても、
地位や名声を求めても、
その裏側には必ず、
嫉妬や妬みがあると思います。
自分自身がストレスを抱えてしまうと思います。

それらとは一切無縁な、
```````````
精神的に開放された状態。
````````````

これを自分自身も追求し、
また、追求したい人たちと、
活動をしていきたいと思います。

この考えに共感していただける方、
そして私と一緒に活動をしていきたいという方は、
ぜひ下記ページのコメント欄にコメントをお願いいたします!

https://www.facebook.com/story.php?story_fbid=10201732970715286&substory_index=0&id=1511270060

新しい時代の幕開けです!

LINEで送る
Pocket

やりたいことは、いますぐやれ。

君がいまやりたいことは何かな?
何が怖くて動こうとしないのかな?
社会の枠から外れるのが怖いのかな?

僕たちはもともとゼロから生まれてきたんだよね。

所詮は人の創った社会。
人の評価を気にする人生よりも、
自分で『生きてきて良かった』
と評価できる人生にしよう。

『石の上にも3年』

これは確かに素晴らしい言葉。

でも裏を返せば、
経営者が社員を会社につなぎ止めておくために
使われているんじゃないかな?

親が子どもを自分の目の届くところに
置いておくために使われているんじゃないかな?

社会の枠から外れてもいいじゃない。
これからは、自分で社会の枠を創る時代だよ。

自分を解放しよう。
自分の直感に従って生きよう。
人生って本当に楽しいものだよ。

LINEで送る
Pocket

~引きこもりは世界を救う~ 平城も引きこもりだった!?

最近、『ひきこもり』
について考える機会があり、
よくよく考えると私も一種の引きこもり
ではないかと思うことがありました。

小さい頃から目立つことは好きでした。
小中学校時代は必ず毎年学級委員長を1回はやったし、
中学校時代は生徒会長もやりました。
部活は中高通しでバレーボール部の主将。

ところが、それとはウラハラに、

・キャプテンだからこうしないといけない
・生徒会長だからこうしないといけない

と頭から決めつけられ、色眼鏡で見られるのが
苦痛になっていきました。

常に人の視線が気になり、
振舞いたいように振る舞えないように
なっていきました。

『人と違っていてはいけないのだろうか?』
『自分は性格がおかしいのだろうか?』

と思い悩む日が続きました。

そんなこともあり、高校時代以降は、
それまでの模範的な生徒から、
わざと落ちこぼれ的なポジションに
自分を置くようになっていきました。

大学を卒業し、
初めて社会に出て就職した時は、
会社組織のシガラミがとても苦痛でした。

飲み会には極力参加せず、
参加してもせいぜい一次会だけ。

二次会が始まる前に、
ドキドキしながらコッソリと抜ける
ことを繰り返していました。

昼食も話の合わない同僚と行くのを避け、
1人で食べて本を読んだりしていました。

コンパや遊びの話も断っていました。

客観的に見て、
『超付き合いの悪い人間』でしたね。。

もちろん、
人とコミュニケーションを取らないと
仕事はできないので、

仕事の中では、
積極的にコミュニケーションを
取っていました。

会社の仕事にも全力を尽くして結果を出し、
高い評価も頂けました。

でも、自分の本心は違うところにありました。
同僚や上司に、100%の自分を見せることは
できませんでした。

その代わり、将来、独立して
自由になれることを夢見て、

会社以外の時間を、
ひたすらプログラミングに
費やしてきました。

平日は会社が忙しく、
全く時間が取れなかったので、

土日の48時間。
私に許されていたこの時間を
フルに活かして、

恐らくプログラミングをした時間は、
数万時間に及ぶと思います。

そういう背景の中、完成したのが
@SOHOでした。
(現在、会員数22万人。)

この期間、
プライベートな知人と遊ばず、
コンパに行かず、
彼女も作らず、
ひたすらプログラミング。

まさに、
『週末ひきこもり状態』でしたね。

私が引きこもっていなければ、
このサービスは完成しませんでした。

そしてこのサービスは、

『会社に依存せずに仕事ができる
世界を創りたい』

という思いを発端としたもので、

私にとってまさに、

『自由への架け橋』

でした。

ちょうど、
映画『ショーシャンクの空』で、
ひたすら牢獄からのトンネルを掘り続け、
最後には脱獄に成功した、
主人公のアンディのような気持ちでした。

その後、
私は独立して自由を手にするのですが、
次に感じたのは、
日本という国のシガラミでした。

そこで、
『国に依存せずに仕事ができる
環境を創りたい』

という思いからスタートしたのが、
海外ノマド倶楽部です。

この倶楽部では、
国に依存せずに、個人として生きていける
方法を、仲間と一緒に追及しています。

私は今でこそ、海外を飛び回っていますが、
海外で資産運用を開始する33歳までは、
海外渡航経験は殆ど無かったのです。

私が一種の引きこもりではないかと
思ったもう1つの理由。

私は電話がかかってくるのが嫌いで、
かかってきても取りたくありません。

取るまでは用件がわからないし、
急ぎの用事を頼まれたりすると、
自分のスケジュールが崩れてしまうので、
電話というものは、
『人に支配されている』気がするのです。

メールやSkypeチャットなら、
先に用件を知ることができるので、
こちらのペースで処理していくことができます。

まあつまり、

『人に支配されたくない。
自分の人生を自分でコントロールしたい。』

という気持ちが、
人一倍強いのだと思います。

そんな私がやろうとしていること。。

それはヒトコトで言えば

『個の解放』。

何にも束縛されず、
`````````
自分の人生をコントロールできるようになる。
`````````````````````

これはやはり、とても素晴らしいことです。

私はこれから、
この世界を実現するために、
@SOHOを英語圏にも浸透させ、

海外を活用する日本人のお手伝いをしていきます。

ところで、今日はエイプリル・フール。

多くの方が、小粋な嘘を書いていますが、

私の場合はまず、
世の中の人のために、嘘をつきます。

その嘘とは、『@SOHOの世界制覇』。

つまり、

打倒、oDesk.com & Freelancer. com です!

そして、その嘘を本当にできるように、

渾身の力で突き進んでいきます!

LINEで送る
Pocket