STEP1)発信するテーマを決める

あなた自信の過去を振り返り、あなた自身の付加価値を見出します。これは日本人によく見られがちなのですが、殆どの人が自分がこれまでに身に着けてきた知識・経験を過小評価しがちなので、自分が持つ付加価値に気がついていません。実は過去の私自身もそうでした。

また、その人の付加価値は意識的に掘り起こさないと気づけないものでもありません。
このステップでは、次のことについて学習していきます。

最新情報の入手方法

こちらのコーナーは現在進行系でアップデートしています。もっと詳しく知りたいというコンテンツを右下のチャットからご連絡いただければ、優先的にアップさせて頂きます!
また、コンテンツの最新情報を受け取りたい場合は、こちらからメルマガ登録をしておいてください。

第1講:自分の強みを知りお金に変える

・そもそも、価値の定義とは?
・世の中の価格の決まり方
情報発信においてお金が発生する原理とは?
あなたが成功していなくても情報に価値がある理由とは?
・インターネットと情報発信の親和性が高い理由とは?
・情報発信源が組織から個人へ移ってしまった2大要因と、この状況を活用するために意識しておくべきこととは?
自分の取り柄(強み)を知る方法
自分の本当の価値は他人評価と自己評価の最大公約数で求められる
・必ず自分の強みが発見できる、3つの考え方とは?
情報発信者になると、自分に良い情報が集まってくる理由とは?
・業界の第一人者の定義とは?/発信した者勝ちの法則
・必ず『オンリーワン』のポジショニングを確立できる『ブレイクダウン法』とは?
・どのくらいの知識・経験があれば人に価値提供ができるか?
・ターゲット(顧客)設定の考え方
・日常生活に常に転がっている、情報発信ビジネスのヒントとは?
・これさえ持っていれば一生食いっぱぐれ無いものとは?
・自分の価格設定の考え方
・お金を得ることへのマインドブロックを外す方法
・サービスの価格が上がるほど顧客満足度が上がる理由とは?

第2講:自分の付加価値を発見しお金に変える

・付加価値の定義を理解する
・付加価値を発見する手順
・自分の付加価値を発見できる4つのステップ
・付加価値をお金に変える方法

ちなみに、ここで学んだ考え方は情報発信だけでなく、ありとあらゆるビジネスに応用できます。
例えば、企業や製品のブランディング。なぜエルメスのバッグが100万円以上もするのか、なぜ化粧品が原価率10%ぐらいで普通に売られているのか?
その答えは、全てはこれらの付加価値が「情報」で構成されているからです。

製品やサービスを売る時だけでなく、あなた自身が普段の生活の中での他人に対する自分の見せ方も上手になります。
この考え方を自分のものにすることができれば、あなたは今後一生、仕事に困ることが無くなるといっても過言ではありません。

第3講:マインドブロックを解除する

情報発信する際に陥りやすいマインドブロックと解決策
その1)自分のコンテンツに自身が持てない
その2)日常の発信ができない
その3)ライフスタイルとビジネスのどちらを発信すべきか?
その4)売り込んでいると思われないか?

第4講:よくある質問集

スタートする前の不安

  • 文章を書くのが苦手です
  • 人前に出ることに気が引けます。
  • 『詐欺』と言われたり、クレームになったりしませんか?
  • 自分の情報がお金になるかどうかわかりません。
  • 何から始めれば良いかわかりません。
  • 結果が出るまでの道筋のイメージがわきません。
  • 「薄っぺらい」「自分を良く見せているだけ」と思われないでしょうか?
  • 自分がやっていることを顧客も実践できるでしょうか?
  • 退路は断ったほうが良いのでしょうか?
  • どのようなサービスを提供したら良いかわかりません。
  • 何をどのような手順でやれば良いか、イメージがわきません。
  • どのぐらいで結果が出るでしょうか?
  • 自分と同じサービスを提供している人は沢山います。
  • 発信したいことがいろいろあるのですが、1つに絞ったほうが良いでしょうか?
  • 副業が会社にバレないか心配です。
  • 顔出しはしたほうが良いのでしょうか?
  • 本名とビジネスネーム、どちらを使えば良いでしょうか?
  • その分野で権威性のある資格を取ってからスタートしたほうが良いでしょうか?
  • 「特定商取引法に基づく表記」で、住所が開示できない場合はどうしたら良いでしょうか?

スタート後に遭遇する不安や問題

  • 本格的に情報発信をスタートしたら、既存の友人や親族から否定的な意見をもらいました。
  • Facebookで質問が来たのですが、丁寧に回答したけれど相手から音沙汰が無く、「そんなもんなんだ」と意気消沈してしまいました。。
  • 日々の投稿が「売り込み」になっていないか心配です。。
  • 既存の顧客が自分のサービスに満足してくれているかどうか、心配です。
  • 発信するネタが無くならないか、心配です。
  • しばらくやってみましたが稼げませんでした。一度また雇われの身に戻ったほうが良いでしょうか?
  • とにかく、「難しい」と感じてしまいます。。
  • イベントの案内をしたら、参加がゼロ人でした・・・!この後どうすれば良いですか?
  • サービスについての返金を求められたらどうすれば良いでしょうか?
  • Facebookで反応やお友達が増えてきたのですが、顧客になりそうもない人も沢山含まれています。。どうしたら良いでしょうか?
  • Facebookの反応が下がってきました。どうしたら良いでしょうか?
  • 自分のサービスに興味を持ってもらえるところまではいくのですが、値段が合わない方が多いです。
  • 無料なら相談が来るのに、有料だと相談が来ません。
  • 全く集客ができません。どうしたら良いのでしょうか?
  • 以前はうまくいっていたのですが、反応が鈍ってきた気がします。どうすれば良いでしょうか?
  • 見込み顧客の方がどんなことに興味を持っているのかがわかりません。
  • セミナーの進め方がわかりません。
  • セミナーの告知はどのくらい前からするのがちょうど良いでしょうか?
  • 教えている顧客がなかなか結果が出せません。果たして自分の教え方が合っているのかどうか心配になってしまいます。

STEP1の関連記事

自分の本当の価値は他人評価と自己評価の最大公約数で求められる

自分の本当の価値は他人評価と自己評価の最大公約数で求められる

2010年以降、数え切れないぐらいの方々の相談にのってきて感じることは、自分自身の価値を認識できていない方が多い、ということです。でもそれは仕方のないことです。では、どうすれば自分の価値を認識できるようになるのか?について解説してみます。 様々な方の相談にのっていて感じるのは、他己評価(=他人からの評価)と、自己評価(=自分から見た自分の評価)が一致していないとその方が光り輝くことができないということです。 特に日本人は、これまでの教育システムの関係なのか、日本人独特の風土なのか? 自己評価 < 他己評価...

多くの人が自分の強みがわからない原因は?

多くの人が自分の強みがわからない原因は?

『自分の強みがわからない』という人が多いと思いますが、かつての私もそうでしたが、あるきっかけを通じてわかるようになりました。 今回の記事では、 自分の強みを見つけられない人が多いのはなぜか?どうしたら取り柄(強み)を発見できるのか? について書いています。 個が無くても良かった高度成長期 我々(1970年代生まれ)の少し上の世代(いわゆるバブル世代)の人たちまでは、そもそも個人が自分の強みなんて考える必要はありませんでした。...

情報発信初心者必読!あなたが成功していなくても情報に価値はある理由とは?

情報発信初心者必読!あなたが成功していなくても情報に価値はある理由とは?

あなたは、自分が持っている情報にどれだけの価値があると思いますか? たいていの場合、「たいして成功していない自分の情報にどんな価値があるのだろう?」と疑問を抱くでしょう。 でも実はそうではないんです。 ひと昔前は人が何かを学ぼうとする時、その情報の入手源は、主に書籍でした。 そこには業界の第一人者や、大成功した人の書籍が並びます。 私も大学時代に沢山の成功者の本を読んで、おおいに刺激を受けたものです。 ソフトバンクの孫正義さん 日本マクドナルドの藤田田さん HISの澤田秀雄さん 居酒屋ワタミの渡邉美樹さん シャープの稲盛和夫さん...

情報発信においてお金が発生する原理とは?

情報発信においてお金が発生する原理とは?

「情報発信をしてもお金になる実感がわかないー。」こう悩んでいる方は多いと思いますが以前の私もそうでした。でも逆に今は、お金になる感覚しかありません😆それは何故か?このポイントが理解できているからなんですよね。 今から30年前ぐらいは水自販機で買うなんて信じられませんでした。 もともとは水道水を飲んでいたので、それと比べて1本100円もするペットボトルに入った水をわざわざ買う気がしなかったと思います。 最初の頃は「水道水でいいじゃん」と誰もが持っていました。...

情報発信者になると、自分に良い情報が集まってくる理由とは?

情報発信者になると、自分に良い情報が集まってくる理由とは?

私が本格的に情報発信をするようになったのは2011年。それからかれこれ10年以上が経過しているのですが、情報を発信するようになって良かったことの1つとして、「自分に情報が集まってくる」というものがあります。それはどういうことか?について解説していきたいと思います。 今からもう約20年も前になりますが、1995年にWindows95が世界中で発売されてからインターネットが利用されるようになり、『情報化社会』が到来しました。 今私達が生きている社会は、既に情報化社会となっています。...

自由を手にしてみたい君へ

自由を手にしてみたい君へ

朝起きると、突然不安に襲われることがある。 自分は何者なのか? と自問自答する日々。 油断をしていると、曜日の感覚すら無くなっていく。。 海外に住んでいると、 日本の祝日にも鈍感になっていく。 今年の1月14日(月)は成人式で、 土日から3連休だったようなのだが。 それすらも、日本の銀行の担当者と 電話で話をしていて気づいた。 オーストラリアでは1月末までが 夏休み(もしくは冬休み?)で、 新学期は2月1日からスタートする。 ということで、 街全体がお休みモードとなっている。 人類は『時計』という 共通のツールを使って、...

好きなことを仕事にしてはいけないのか?ということを徹底的に掘り下げてみた

好きなことを仕事にしてはいけないのか?ということを徹底的に掘り下げてみた

一般的に仕事という言葉には「きつい」、「つらい」というイメージを持たれています。「好きなことを仕事にできたらな」これは誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。 子供の頃にはなりたいものややりたいことがあったはず。でも、大人になる過程で様々な理由で「妥協」をすることになります。その理由の最たるものは、 『好きなことを仕事にすることは難しい』ということだと思いますが、環境の変化に伴い、『好きなことを仕事にしやすくなっている』と思います。 今回はその理由や実現方法についてまとめてみました。...

Pin It on Pinterest

Shares