時間と場所の自由を手に入れるまでのロードマップ

最初に読んで欲しい記事

自由を手に入れるということは、もしかしたら良いことばかりではないかもしれません。

世の中で不自由な場所といえば、刑務所。でもたとえそこが不自由だったとしても、食事と寝床が保証された環境に慣れしまった人は、出所して自由を手にすると不安に耐えられず、また犯罪を犯して入所することを繰り返す人もいるそうです。

あなたは、それでも自由を手に入れたいと思えるでしょうか?

自由を手にしたい君へ

『時間と場所の自由がある状態』という言葉からは、楽しく充実しているばかりのように思えるかもしれないが、実際にそれを実現してしまうと、負の側面を感じ取れるようになる。実際に実現してみて感じることをお伝えさせえて頂いている。

とはいえ、情報発信ビジネスは時間と場所の自由を獲得できるもっとも最適な方法であり、やっていて本当に良かったと思います。

私は2010年から本格的に情報発信活動を開始しました。

実はそれよりももっと何年も前に何度かチャレンジしたことがあったのです。

1回目は大学在学中の1998年頃に、2回目は2003年頃に、アメリカから「インフォプレナー(情報起業のこと)」というビジネスモデルが入ってきた時。

でも、いずれも挫折に終わってしまったのです。

しかし2010年に本格的に取り組むことにより、軌道に乗せることができました。

結果的には良い事だらけで、現在私が時間と場所の自由を維持することができているのも、この情報発信活動をしているからです。

これから情報発信をしようと考えているあなたに、まずはこの記事を読んで頂きたいと思います。

情報発信活動をして良かったと思う26の理由

アフィリエイト、せどり、転売、ネットショップなど、ネット上でできるビジネスは今や選ぶのが困るほど存在するけれど、時間と場所の自由を維持し、経済状況などの外部要因に影響されないビジネスをしたいのであれば情報発信ビジネス一択となる。男が10年以上情報発信活動を続けてきて良かったことをまとめてみた。

ステップ1)発信する内容を決める

あなた自信の過去を振り返り、あなた自身の付加価値を見出します。これは日本人によく見られがちなのですが、殆どの人が自分がこれまでに身に着けてきた知識・経験を過小評価しがちなので、自分が持つ付加価値に気がついていません。実は過去の私自身もそうでした。

ステップ2)情報発信のベースを作る

自分の付加価値を見出すことができ、発信するテーマがおおまかに決まったら、情報発信を行うための土台を構築していきます。

ステップ3)ITで加速させる

知っているか知らないかで、その差は千差万別。効率的・効果的にネットを活用してビジネスを運営する仕組みを構築します。

ビジネスの基礎

ネット上のビジネスに限ったことではなく、ビジネスには「本質」というものがあります。この本質を理解できていないと、上記のステップを踏んでも途中でつまづいてしまう可能性があります。

あなたがもしこれまでに自分でビジネスをやったことがない場合、一応このコーナーも確認しておいて頂くと良いと思います。

独立起業について

時間と場所の自由を手に入れるためには、最終的には独立起業する必要があります。

もしかしたら、コロナの影響で在宅勤務が加速し、会社に所属しながら世界中の好きな場所に住めるという日が来るかもしれません。

でも、日本企業の古い体質を考慮するとそんなことが実現できるようになるまでにあと10年はかかるでしょう。

もしあなたがまだ独立起業していないのであれば、このコーナーの記事を読んで

  • そもそも独立起業とはどういうことなのか?
  • 自分に向いているのかどうか?
  • 独立起業するタイミングは?

といったことについて学ぶことができます。

この記事をPDFで保存する!

Pin It on Pinterest

Shares