成幸を掴むためのヒント

LINEで送る
Pocket

私が費やしたのは時間と労力だけ


本日は、いつも私のメッセージを読んで頂いている、
『ITエンジニア』の方向けのメッセージです。


『スーパーエンジニア養成講座』の読者さんから、

下記のような質問を受けました。

————————————–
平城さん

メールマガジンをいつも楽しく拝見しております。

私も早く稼げるようになりたいなと奮闘中です。

ところで、一点お聞きしたいのですが、
フレームワークを鍛え抜く場合、
かなりの専門知識が必要となり、
時間と労力と才能が必要とされると思いますが、
それは避けて通れない道なのでしょうか?

もしよろしければ、お返事ください。
よろしくお願いいたします。

————————————–
こちらについての私の回答はこうです。

●●さん

1)専門知識
2)時間
3)労力
4)才能

の4つのうち、私が持っていたのは、
2)と3)だけだったと思います。

1)と4)については、
私よりも遥かに才能豊かな人は沢山いるでしょう。

私は天才プログラマでも何でもなくて、
今でも自分のプログラムコードを
他人に見られるのは恥ずかしいぐらいです。

実は25歳で転職活動をしていた時には、
『君の技術力では無理ですね』
と面接で言われたことがあります。

だから私は、人一倍時間と労力をかけて、
@SOHOや独自のフレームワークを作りました。


下手は下手なりに、

『作ってしまった』

というところがポイントかな、と思います。


現に私は、昨日から今のこの時間までぶっ通しで仕事をしていて、
この返信を書いた後に、
ようやくそろそろ寝ようとしているところです。

いつも仕事に夢中になっていて、
寝るのが勿体無いと思っています。


もちろん、
睡眠は快適でとっても好きな時間なのですが、
それでももっと多くのことを成し遂げたいので、
睡眠時間を削っています。


無料メルマガ『スーパーエンジニア養成講座』は、
これから独立を目指している、
もしくは既に独立をしたけれどもまだ結果が出ていない
ITエンジニアの方に向けて書いているものです。


この記事に共感頂いて、
まだ登録頂いていない方は一度読んでみてくださいね。

スーパーエンジニア養成講座
 → http://super-engineer.com/magazine


また、最近こちらのfacebookページも立ち上げました。
ここでは今回のような読者さんから頂いた質問と私の回答を共有する場として
使っていきます。

スーパーエンジニア養成講座 facebookページ
 → https://www.facebook.com/the.super.engineer

このページに『いいね!』を押していただくと、
ページの新着情報を受取ることができるようになります。

LINEで送る
Pocket

自分がまだ成功していないと感じたら・・・

頑張っても頑張っても成功へと向かっている手応えがあまりない。。


あなたが今そのように感じているとしたら、
ぜひこの図を頭に焼きつけておいてください。

『学習曲線』という言葉があります。

常に一定の努力を続けていても、
現れてくる効果は正比例の関係ではなく、
曲線になる、という話ですね。

最初のうちは効果が実感しにくいけれども、
あるタイミングで効果を実感し、
そしてその後は効果をどんどん感じるようになる、
ということです。

これは様々な研究によっても証明済みなのかどうか、
わかりませんが、

少なくとも私が経験した、

・スポーツ
・受験勉強

においては、
この学習曲線のとおりだったと思います。


そして、これはビジネスについても同じであると感じます。

あなたが今現在、成功している実感を得られていないとすると、
その理由は2つのうちのどちらかです。

a)成功する手間の段階である
b)成功する前に途中で行動をやめてしまっている


あなたが起業を志してまだ間もない場合は、
a)に該当すると思いますので、
このまま努力を継続していけば、
いつか必ず結果として表れてきます。


あなたが起業を志してもう5年以上経過している場合は、
b)に該当している可能性があります。
多くの方は、本来そのまま続けていれば結果が出るはずのところ、
途中で自信を失い、自ら行動を止めてしまうのです。


ですので、
とにかく『継続』を志してください。
`````````````````


ちなみに、私が27歳で@SOHOを起業して、
『成功できたかな?』と感じられたのは、
33歳の時でした。約5年後ですね。。

当時はまだ海外に出る前で、
東京の中央区のデニーズでノマドをしていた時。

たまたま隣に座っている人達が、@SOHOの話をしていたり、
ママ友のある方が@SOHOのことを知っていたり、
Yahoo!知恵袋で、@SOHOのことが口コミで書かれていたり。。


こういった、外部からの評価を目の当たりにして、
初めて『世の中に認められてきているのだな』
と実感することができたものです。


もちろん、@SOHOはここで終わりではなく、
現在計画している『海外進出』を必ず達成します。

LINEで送る
Pocket

自分の中に自動販売機を養う

よく、『チャリンチャリンビジネス』という言葉を耳にします。


そういうビジネスを構築したい、
という方も多いと思います。

ところが、
実は私達は身の回りに、
こういった機会があることを、
見落としていることが多いのです。

例えば、

1)お客様からのお問い合わせに対して、返信漏れがある。
 もしくは、返信が遅い。

 →ビジネスをやっているのであれば、遅くとも24時間以内。


2)受注後のフローが遅く、お客様に問い合わせを受けてしまう。

 →こういう積み重ねが、信頼の減少につながっていく。


3)あとひと押しで商品・サービスを買ってくれるお客様に、
 ひと押しをしていない。

 →恋愛で相手が告白して欲しいと思っているのに、
  告白できていないのと同じ。


といったようなことです。


こういったことが着実にできていれば、
ビジネスというものは右肩上がりで成長していくものです。

すごく当たり前のことだと思うのですが、
できていないことが、本当に多いのです。

こういったことができるようになるには、
自分の中に『自動販売機』をイメージすることです。

ビジネスは、

Aという行為の延長線上に、●●円がある。
Bという行為の延長線上に、☓☓円がある。

といったことの積み上げです。


これは私のビジネスを手伝ってくれている弟子たちに、
常に言い聞かせている言葉です。

LINEで送る
Pocket

平城式Facebook&story.jpの凄さ

『平城式Facebook』を実践しているメンバーの皆さんが、
次々に成果を出されています。

◆storys.jpでインタビューを受けた2人

麻丘亜希さん
https://www.facebook.com/aki.asaoka

阪口祐樹さん
https://www.facebook.com/ruilinks123

*2人のインタビュー記事はこちらで見ることができます。
http://storys.jp/interviews

私はこの状況を見て、とても嬉しく感じています。

何故なら、

『私がやってきたことに再現性がある』

ということの証明だからです。

出版が決まった方は、
近い将来、更に大ブレイクして、
知名度は私よりも高まっていくことでしょう。

なんと嬉しいことでしょうか!

上記の4名以外にも、

・短期間でお友達数が増えた
・平均いいね!数が増えた

というご報告を沢山の方から受けています。

優れたコーチというものは、
『自分より結果を出せる選手を如何に輩出するか』

であることは誰から見ても明らかですが、
今のインターネット業界はそうではありません。

圧倒的なカリスマ達は、
自分を超えられないように、
本当に重要なツボは明かさない程度の指導しかしないからです。

ですので、
『まだ結果が出せていない人』

は、この結果を信じて、平城式を実践してみてください。

この、結果を出すことができたメンバーの共通点。

これは、

『キャラクター設定をしっかりとやっていた』

ということですね。

このキャラ設定ができているかできていないかで、
情報を発信する時の効率性が、
圧倒的に変わってくるのです。

簡単に言うと、
10の結果を出したい場合に、
普通の情報発信をしていれば10の力が必要なところを、
キャラ設定をしたうえで情報発信をすれば、
同じ結果を出すために必要な力は5とか1とかで良くなったりするのですね。

ですので、10時間セミナーの中でも何度も念を押しましたが、
1時間目の『輝ける自己キャラクター・プロフィール設定』。

こちらをしっかりと実践することが重要なのです。

そこで今回、1時間目の補習として、
キャラクター設定に特化したワークショップ形式の講座を開催します。

期日は近くなってしまいますが、
ちょうど孔明さんが日本に入るタイミングに合わせて、
12月22日(日)に東京の神田にて開催します。

今回は私と孔明さんが講義をする形式ではなく、
参加者の方が作成したキャラクター設定シートを、
ひたすら私と孔明さんがレビューする形になります。

遠方の方のために、Skypeによる参加も受付致します。

参加申し込みは下記からお願いします!

今年中にキャラクター設定を固め、
ぜひ来年からのロケットスタートを切りましょう!

〜平城式Facebook【補習】〜
『自己キャラ設定完成講座』

<参加費用>
9,800円

*参加方法は、
・当日東京会場に参加する
・当日Skypeにより参加する
・当日の内容を動画購入する

の3種類からお選びいただけます。

<日時>
2013年12月22日(日)14時〜18時(13時30分開場)

<場所>
ちよだプラットフォームスクウェア 5F 会議室505
住所:東京都千代田区神田錦町3‐21
竹橋駅(東西線)A9出口より徒歩7分
大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線)C2b出口より徒歩8分
小川町駅(新宿線・千代田線)B7出口より徒歩8分
神田駅(JR・銀座線)西口出口・出世不動通りより徒歩12分
地図:http://goo.gl/cSzxyT

<準備に必要なもの>
・平城式10時間セミナーの1時間目の動画を視聴していること
・キャラクター設定ができる作業環境
(パソコンやタブレット端末、筆記用具等)

<お申込みフォーム>
http://bit.ly/1i2P5QP

LINEで送る
Pocket

殺気を帯びる

メリー・クリスマス。

こんな時にこのような文字を書くのは不謹慎かもしれませんが、
様々な人と接触していて感じる、
稼げるか稼げないかの境目。

これは、やはり自分の中に『殺気』を宿らせているかどうか。

殺気というと過激かもしれないけれど、
普段は温和でも、話しかけられないような迫力を発する瞬間を持っている人を見ると、

『ああ、この人は大丈夫だな』

と思います。

逆に、何の迫力も感じないうちは、
やはりあまり成長はありません。

これは能力とか経験の問題ではないので、
高校生でも殺気を宿らせることはできます。

今まで意識したことが無かった方は、
意識してみてください。

ちなみに私は、
独身でサラリーマンだった時代は、
クリスマスも1人で仕事をしていました。
会社の仕事ではなく、副業をですけどね。

その時も恐らく、殺気を発していたと思います。


◆facebookを起点としたビジネスの黄金法則
 (2013年12月31日迄)
 → http://bit.ly/JNNvUU

LINEで送る
Pocket

情報はアウトプットしてこそ価値がある

『平城式facebook、あそこまで公開してしまっていいのですか?』


先日香港でお会いした受講者の方に言われた言葉です。

私の回答はこうでした。

『はい、問題ありません。
 情報は自分の中にしまい込んでしまっていても価値はありません。
 外に出した時に、始めて価値を持つのです。』


よく、情報を出し惜しみして、

『ここから先は有料で』

とか、

『ここから先は別料金で』

といった感じで段階的にお金を取っていく手法がありますが、
私はこれは好きではありません。

情報を出し惜しみなく出すと、
受け取った方が結果を出してくれます。

時に、講師よりも結果を出す方もいます。

すると、更に一緒に次のステップへと進むことができます。

まさに、共に成長することができます。

私は、共に成長できる仲間との出会いを楽しみにしています。

◆facebookを起点としたビジネスの黄金法則
 → http://bit.ly/JNNvUU

<追伸>
先日スタートした、『手書き』シリーズ。
この毛筆形式のものは『Zen Brush』というiPadアプリを使っています。
iPad Airを手にして、いろいろとイマジネーションが広がり、
こういったアウトプットもするようになりました。

書というものは自分の念が込められるようでいいものですね。

ちなみに、まだスタイラスペンを入手できていないので、
人差し指で書いているので、なかなか綺麗に書けませんね^^;

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアが営業をせずにビジネスをする方法

私は、29歳で独立をしてから、


『一度も自分から営業をしたことはありませんでした。』

私がなぜ、これができたかというと、
あらためて思うのは、絶対に技術力では無い、
ということです。

事実、私のメルマガ『スーパーエンジニア養成講座』の読者で、
私がお会いした方の中には、

私よりも技術力があるなぁと感じた方は沢山います。

そして彼らは、私のノウハウを少し学習しただけで、
すぐに結果を出せるようになるのですが。。


さて、私が上手に顧客を獲得し、
信頼を確保し続けられた要因としてはやはり、

『自己ブランディング』

がポイントだったと思います。

例えば、私は職種的にはITエンジニアですが、

この場合、同じ職種の人は世の中にゴマンといます。

次に、

『PHPができるITエンジニア』

と絞ったとします。

これでもまだまだ、世の中に沢山いそうですね。

次に、

『@SOHOを作ったITエンジニア』

と絞ったとします。

これは間違いなく、日本でたった1人、
いや世界でたった1人ですね。

@SOHOを創る前は、

『SHOPMAKERを作ったITをエンジニア』

として自己ブランディングできていたと思います。

私は顧客とコミュニケーションを取る際に、
こういった情報を無意識のうちに出し続けていたのですね。


つまり自己ブランディングというものは、
何もインターネット上で情報発信をする場合だけでなく、
普段自分が関わっているビジネスについても、
大いに関係があるのです。


自己ブランディングができている人には、
```````````````````
自分からアプローチをしなくても、
````````````````
自然と仕事が舞い込んで来るのです。
`````````````````


ここに、私がfacebookを使った自己ブランディングについて語った、
10時間セミナーのコンテンツがあります。

これからは、BtoCにおいてだけでなく、
BtoBにおいても、自己ブランディングのスキルが問われると思います。

つまり、この法則を使えば、
facebook上でシステム開発の仕事やデザインの仕事を受注することができる、
ということです。

◆facebookを起点としたビジネスの黄金法則
 → http://bit.ly/JNNvUU

LINEで送る
Pocket

1日の時間の使い方と収入の関係(平城の場合)

昨日投稿したこちらの図、

多くの方に共感頂いたようで、現在17名の方からシェア頂いています!

→昨日の記事はこちら:http://on.fb.me/1gUxcQY

そしてふと、自分の過去を思い出してみると、
まさにこの左から右に少しずつ移動してきたな〜と実感させられました。

一番左端に居た時(23歳頃)のエピソード。

あなたは、

『ナポレオン・ヒル』

という高額商材を知っていますか?

いわゆる『帝王学』というものをうたったモチベーションアップ教材なのですが、

このナポレオン・ヒルに似た商材があって、
私は当時100万円もしたこの教材を申し込んでしまいました。

100万円という金額は、大学を出たばかりの当時の私にとっては、
当然一括で払えたわけではなく、
毎月2万円程度のローンを組みました。

この商材を知ったのは雑誌か何かの広告で、
そこで応募したら営業マンから電話があり、
見事にクロージングされてしまったということです。


当時社会のことを全く知らなかった私にとって、
『帝王学』という言葉はまさに魅力的で、
成功するための絶対法則が、この中に書かれているんだ。
これは古来から伝わる秘伝のようなものだ。


と勝手に妄信していたのですね。


この教材には、

鉄鋼王:カーネギー
ケンタッキー:カーネルサンダース
マイクロソフト:ビルゲイツ
マクドナルド:レイ・クロック
ディズニー:ウォルト・ディズニー


といった、ワールドクラス(主にアメリカ)の成功者達の
考え方などが説明されたテープ教材と、
自分用のノートのようなものが、
ダンボール一杯に入っていました。

パッケージはかなり豪華でしたね。

そのテープをSONYのMDウォークマンにコピーして、
会社の通勤時や家に帰ってから、時には寝ながらなど、
とにかく聴きまくりました。


この本に習って、
白い紙に

『5年以内に500万円を貯蓄して、シリコンバレーで起業する』

と書いてカバンの中に入れ、

昼食時には会社の屋上に上がって1人で弁当を食べ、
この呪文を何回も何回も唱えていました(苦笑


これで効果が出たのか?


そこが興味深いポイントだと思います。


結論から言うと、
この教材は私にとって、
日々のモチベーションを上げてくれるメリットはありましたが、
成功するために必須のものだったかというと、『No』でした。


過去の自分にアドバイスができるとしたら、
この100万円は教材を買うために使うのではなく、

『何でもいいから100万円を使って、
 実際に自分でビジネスを起こしなさい』

とアドバイスをするでしょう。

まさに、この図でいうところの『アウトプット』の活動ですね。

アウトプットの概念は様々です。


物販ビジネスをされる方であれば、
 ・商品をリサーチする
 ・仕入れる
 ・売る

この全てが『アウトプット』に該当しますし、

プログラマーの方であれば、
 ・プログラミングをする

これがアウトプットです。


自分の商品やサービスを広めるために広告をうつ、
これもアウトプットです。

100万円を広告費に使う。

これは勇気がいることですが、
大変素晴らしい行為だと思います。

広告を打つことで、
市場から素早くフィードバックを受けることができるので、
自分がうち出そうとしている商品・サービスが受け入れられるかどうか、
早い判断ができます。


私達は『時間』という見えないコストを払いながら生きています。

死へのカウントダウンは、今日も現在進行形で続いています。

政治・医療・金融などの一部の分野以外において、
大成功している人に実は高学歴の方が少ないのは、

生きているうちにこの図で如何に早く右側に移行して行ったか、
これにつきると思います。

そういう意味では私は就職活動の時から起業を意識し、
大学院には行きませんでしたし、
社会人になって一切資格も取得していませんし、

20代の頃はひたすら『プログラミング』というアウトプット活動をしていました。

30代の今は『文章を書く』というのが自分のメインのアウトプット活動になりました。

40代になったら、『お金を出す』というのがメインのアウトプット活動になると思います。

LINEで送る
Pocket

1日の時間の使い方と収入の関係

本日のメモです。


1日の時間の使い方と、収入の関係をビジュアライズしてみました。
これを見てみると『当たり前』に思えるかもしれませんが、

一度自分の1日の時間の使い方を振り返ってみてくださいね。
稼いでいる人は、限りなく右端に位置していますので。

ちなみに私は現在、
新聞もテレビ番組も見ません。
殆どの『インプット』という行為を止めてしまいました。

情報リソースは自分でネットで検索するか、
Mac系の雑誌か、Facebookの知人の投稿か、
海外ノマド倶楽部でのメンバーの投稿か、
機内で見る映画か、
あとは海外ノマドで訪問した現地の生の情報です。

もちろん、読んでみたい本は沢山ありますが、
アウトプットしたい情報が沢山あり過ぎて、
優先順位を決めた結果、
新聞やテレビ、読書を諦める結果となっています。


<追伸>
これは、先日購入した『iPad Air』上で『Penultimate』というアプリを使って、
指で書いた図です。思いついた内容を素早く書けるので、
インスピレーションを瞬間保存することができますね。
そしてこの記事を書くまでに至っていますので。

<追伸2>
新しいデバイスが発売された時に、
多くの方は現在のライフスタイルをベースにして必要かどうかを判断しますが、
私の場合は『まず使ってみる』ということをして、
自分のライフスタイルがどこまで広がるのか?
ということを試すようにしています。

このiPad Airのおかげで、
自分のライフスタイルが200%ぐらい広がり、楽しくなりましたからね!

<追伸3>
今回は指で書きましたが、スタイラスペンを使ったほうがより綺麗に、
素早く書けると思いますので、早速すスタイラスペンを試してみたいと思います!

LINEで送る
Pocket

固定観念から解放される方法

海外を周って様々な生き方があることを知ると、
以下に私達が『固定観念』に縛られて生きてきたかが、
凄く身に染みてわかります。

・マイホームを持たないと一人前じゃない
・結婚していないと一人前じゃない
・○○歳までに結婚しないと〜
・洋服はブランド物の○○でないといけない
・車は中古より新車がいい



などなど。。


もちろん、違う国に行けば、
その国の固定観念というものが存在するのですが。


こういったものは、
その社会に所属しているうちは縛られるのですが、
一歩その社会を出てしまえば、全く縛られることは無くなります。


この感覚は、海外に出て、
旅行以外の目的で一定期間海外に滞在してみれば、
次第にわかってきます。

一方で、私達日本人が外国に滞在する際に、
その国の固定観念に縛られるかというと、
よっぽど地元に根づいた生活をしないのであれば、
まず無いと思います。

現地の方からすれば所詮私達は外国人。
現地の方と異なる考え方や生活様式を持っていても、
そもそも違和感は無いのです。
最初から違うと思われているわけですから。


すると、実は一歩海外へ出ると、
『固定観念』から縁のない生活ができるようになります。
これって凄く楽です。


一度この感覚を味わうと、
日本に居るときにも、
固定観念から解放された生き方ができるようになります。



よく、『人生観が変わった』という表現が使われますが、
この感覚を詳しく解剖すると、
こういうことなのではないかと思うのです。



<追伸>
日本人のパスポートは、
世界的に見てかなり有利な条件になっています。
ビザなしで滞在できる国や滞在日数が優遇されています。


これは先人の方々の努力の賜物だと思います。

国によっては、そもそも海外に出られない、
という人達もいます。

せっかく有利なパスポートを持っているのですから、
もっと海外へ出ないと、宝の持ち腐れかな〜と思いますね。

LINEで送る
Pocket