好きを仕事にする

今の職場を辞めるべきかどうかの判断基準とは?

投稿日:

20代後半の女性から進路について相談を受けました。

女性:
『今の職場にやりがいを感じていません。
職場の人たちが皆いつもネガティブなことを言っていて、
いつも気が重くなります。
仕事を辞めても良いと思いますか?

私は辞めたいと思っているのですが、
周囲からは「まだ続けたほうがいい」
とも言われて悩んでいます。』

平城:
『◯◯さんは、人間関係でお悩みなのですよね?
別の職場に移れば、今のお仕事を続けられると思いますか?』

女性:
『それはできるかもしれません。』

平城:
『◯◯さんは、
今のお仕事は将来も続けたいと思いますか?』

女性:
『いえ、思いません。
現在の副業でやっているビジネスを軌道に乗せたら、
いずれ辞めたいと思っています。
私が本当にやりたいと思っているのは、
ビジネスだからです。』

平城:
『なるほど。
では◯◯さんの直感を優先して良いと思います。
今の職場を辞めて、ご自身が前向きな気持ちで取り込める
職場を探すことは悪くないと思います。
転職回数が増えて決してマイナスになるのは、
一生サラリーマンでいたいという場合だけです。
経営者も必ずしも一生同じ事業を手がけているのではなく、
業績に応じて既存の事業を撤退して、
新しい事業を手がけることは少なくないですからね。
自営業の人が事業を変えるということは、
サラリーマンの方が転職するのと同じようなものですからね。』

まとめ:仕事を辞めるべきかどうかの判断基準

今回の相談内容をもとに、仕事を辞めるべきかどうかの判断基準を整理してみました。

仕事が嫌なのか?人間関係が嫌なのか?

 仕事が嫌な場合

結論⇒そもそも職種が合っていないということなので、早期に転職を考えるべき

 人間関係が嫌な場合

  会社内の組織が変われば解決できるのか?
   『Yes』の場合

結論⇒もう少し頑張ってみる

   『No』の場合

同じ業界で職場を変えれば解決することなのか?

『Yes』の場合

結論:転職してみる

『No』の場合

結論:新しい仕事を探す

自分で『やらなければいけない』と思っていることと『やりたいこと』が一致しているか?

 『Yes』の場合

結論⇒そのまま頑張るも良し、同じ業界で職場を変えるも良し

 『No』の場合

結論⇒『やりたいこと』に近い職種・職場を選ぶ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

平城 寿 Hirajo Hisashi

宮崎出身のナナロク世代。@SOHO創業 ⇒ 国内No.1達成 ⇒ 海外ノマドを経て、『IT』と『ビジネス』を武器に、組織にとらわれずに生きていける人を育成する活動をしています。

-好きを仕事にする

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2017 All Rights Reserved.