全国にキャッシュリッチ社長が誕生中・・・

更新日:

7月31日を皮切りにスタートした、
「キャッシュリッチ社長のためのこっそり裏ルール」
と題した勉強会。

1回あたり5人程度の少人数制であるが、
これまでに既に22名の方に参加いただいている。

驚いたことに、
東京の会議室で開催しているにも関わらず、
割と遠方から参加いただけている。

<都道府県別参加者数>
東京都 6名
埼玉県 2名
千葉県 1名
山梨県 1名
群馬県 1名
新潟県 2名
静岡県 2名
愛知県 2名
大阪府 1名
岡山県 1名
広島県 1名
佐賀県 1名
埼玉県 1名

そして、勉強会の途中に、
「おー、これで旅費代も含めて
元が取れました!」
という声を沢山いただいている。

また、「社長」というキーワードを使っているため、
主に経営者(法人代表もしくは個人事業主)の方からの
参加が多いのだが、しっかりと稼がれている
会社員の方、起業準備中の方からも参加いただいている。

そして勉強会に参加後、
後日、特別講師Nさんから、
最大3時間に渡るコンサルティングを受けることができる。

今回、経歴がベールに包まれている特別講師Nさん。
コンプライアンスの関係上、
今はお名前やお顔を公開することはできないが、
これまで600社以上の企業のコンサルティングを行い、
社長が1円でも多く『マネー』を手元に残すための
お手伝いをされてきた。

ちなみに特別講師Nさんが解説されるのは、
「ビジネスで稼ぐ」といったことではなく、
稼いだお金を如何に手元に残せるか?という話。

お金を稼ぐ行為を『攻め』に例えるならば、
お金を残す行為は『守り』に例えられる。

幾らお金を稼ぐことが上手でも、
守りが弱ければ結果的に手元に残るお金は
淋しいものとなる。

今回試算した結果、
月100万円の収入を取っている方であれば、
年間約300万円もの現金を
より多く手元に残すことが可能。

これは10年で3,000万円もの差となる。

ちなみに男の場合、
この点は既に対策済みであったが、
◯◯◯◯納税をやっていなかったため、
年間約15万円(10年で150万円)の
逸失利益が発生していることが判明。。

あらためてNさんの話を
もっと良く聞いておくべきだったと反省。

一度だけでは100%理解できないため、
何度でも勉強会に参加したくなる。

さらに、やはり経営者をターゲットにしているため、
男女比でいくと8:2の割合で男性が多い。

ところが毎回、女性が必ず1名は参加されており、
保険の活用編では、
家庭を守る奥様の目の色が変わるネタが満載。

既婚の男性陣は口を揃えて、
「妻に参加して学ばせたい・・・」

となってしまっている。

確かに、『守り』がテーマなので、
女性のほうが向いているのかもしれない。

本勉強会に参加しても、
決してビジネスの戦闘力が上がるものではないが、
守備力がメチャメチャ強くなる。

まさに、『鉄壁の守り』と言っても過言ではない。

そしてこの勉強会は、
過去に男が開催してきたイベントの中でも、
参加者の満足度がかなり高いため、
9月も継続して開催が決定した。

これらの日程のうち1日は、
「奥様限定」の勉強会となることが決定。

普段、家庭を守っている奥様方同士が、
思う存分女子トークができる場となる予定。

なぜならば、Nさんのノウハウを取り入れると、
お子様に実に寛容になれるからだ。

-キャッシュリッチ経営

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2018 All Rights Reserved.