驚愕!今もコロナ新規感染者数が増加しているのは日本とロシアだけだった!?

オーストラリアの新型コロナウィルスの状況から見る、今後の日本の予測について」という記事を書いている最中に、「世界の他の国はどうなんだろう?」という疑問がわき、調べてみたところ、驚くべき事実が発覚しました。

まず確認したのはWikipedia。こちらによると、2020年4月13日時点での日本の新型コロナウィルス感染者数は、世界第25位。(あまりランキングしたくない数字ですが。)

(以下、Wikipediaより転載)
転載元URL:https://en.wikipedia.org/wiki/Template:2019–20_coronavirus_pandemic_data

 Countries and territories[a]感染者数死者数回復者数
順位Sort both small.svg232Sort both small.svg1,859,011Sort both small.svg114,979Sort both small.svg438,236
1United States[e]561,10322,10641,730
2Spain[f]166,83117,20962,391
3Italy[g]156,36319,89934,211
4Germany[h]127,8543,02252,889
5France[i]95,40314,39327,186
6United Kingdom[j]84,27910,612
7China (mainland)[k]82,1603,34177,663
8Iran[l]71,6864,47443,894
9Turkey56,9561,1983,446
10Belgium29,6473,6006,463
11Netherlands[m]25,5872,737
12Switzerland25,3981,10312,100
13Canada24,3837177,172
14Brazil[n]22,3181,230
15Russia[o]18,3281481,470
16Portugal16,585504277
17Austria13,9453506,987
18Israel[p]11,2351101,689
19South Korea10,5372177,447
20Sweden[q]10,483899
21Ireland9,65533425
22India9,152308857
23Peru7,5191931,798
24Ecuador7,466333501
25Japan[r]7,255102762

24位以上の国々は、日本よりも先行しているわけなので、これらの国の感染者数の推移を見ることで、今後の日本が取るべき道が明確になると思いました。

この数字をもとに、なんとGoogle先生が新規の感染者数の推移グラフを作成してくれていました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)マップ

これを各国別に調べてみたところ、なんと現在進行形で感染者数が増加しているのは、上位25位内のうち日本とロシアだけだったのです!

新型コロナウィルス感染者数世界ランキング上位の「新たな感染者数」の推移

1位:アメリカ

2位:スペイン

3位:イタリア

4位:ドイツ

5位:フランス

6位:イギリス

7位:中国

なんだこのいかにも信憑性が低そうないびつなグラフは。。やはり情報が隠蔽されているのだろうか?

8位;イラン

9位:トルコ

直近までは増えていたが、10日あたりから落ち着いてきている。

10位:ベルギー

11位:オランダ

12位:スイス

13位:カナダ

14位:ブラジル

15位:ロシア

この増え具合は・・・恐ろしい。。

16位:ポルトガル

17位:オーストリア

18位:イスラエル

19位:韓国

20位:スゥエーデン

21位:アイルランド

22位:インド

なぜかグラフなし

23位:ペルー

なぜかグラフなし

24位:エクアドル

25位:日本

インドとペルーはグラフが出てこなかったのでなんともいえないが、少なくとも日本はかなり危ない状況であることは確かです。

ロシアでは首都モスクワで3月29日から住民の外出が原則禁止となっています。

これは日本の4月7日の「緊急事態宣言」よりも厳しい効力のものです。

にも関わらず、ロシアは今もなお、新規の感染者数が増え続けています。

日本は法律的に強制的なロックダウンを行うことができないため、政治家が国民に「自粛を要請」することしかできません。

このグラフを見る限り、このままでは日本もロシアと同じ推移を辿るか、強制力の弱いためか、さらに悪いシナリオになるかもしれません。

だからこそ政府は国民に適切な情報開示を行うことが大事だし、国民自らが正しい情報を入手し、考えて行動する必要があると思います。

-新着情報

Copyright© 非労働集約型ビジネス構築の専門家 平城寿の公式サイト , 2020 All Rights Reserved.