『会社と独立とどちらが楽か?』について。

最終更新日時 2020/06/23 18:06

上位カテゴリ:独立起業論

ホテル リスボア/マカオ

本日は、『会社と独立とどちらが楽か?』について。

以前、『楽して稼げる手法について』と題して下記の記事を書きましたが、

http://on.fb.me/X4cNhk

『楽な手法が無いとすれば、
成功は限られた人間にしか手にすることはできないのではないか?』

と考えている方も少なくないと思います。

ところが私が声を大にして言いたいこと。

『会社に勤めているから楽』

ということはないはずです。

顧客利益とは反する会社の行動、
そもそも合わない人々で形成されている組織、
聞きたくない愚痴、
劣悪な労働環境、

このような環境下において、誠実に頑張っている方であれば、
独立して同じぐらい頑張った方が、遙かに成功できると思います。

私の経験上、自分が投下した労力に対する見返りは、
独立してからの方が遙かに大きかったです。

会社員時代も必死に頑張っていましたが、
同僚との給料の差はせいぜい最大でも3割ぐらいしか変わりません。

ところが独立をすると、
数倍、数十倍にも膨らんでいくのです。

今の日本社会は、

『独立して成功するのは難しい』

という固定概念が植え付けられていると思います。

政治家や経営者など、社会を管理している人間から見れば、
優秀な人材が極めて安い対価で働いてくれることほど、
有り難いことはありません。

ですから、彼らからすれば、
独立しても成功は難しいという観念を植え付けた方が、
得策なわけですね。

私は実際に自分が独立してみて、
このカラクリを実感することができました。

まだ独立せずに会社で頑張っている方々こそ、
この点を意識してみて欲しいと思います。

『こちら側の世界』は、
本当にやりがいがあって素晴らしいものですよ!

今回の写真の場所はこちら

ホテル リスボア/マカオ

1970年代に建設されたマカオの老舗高級ホテル。オーナーはマカオのカジノ王と言われている「故スタンレー・ホー(2020年5月に98歳で死去)」。ホテルの作りは古いけれど内装はきちんとリノベーションされており、高級ホテルとしてのクオリティーが維持されている。香港出身のスタンレー氏は香港とマカオの経済発展に大きく貢献したとされている。

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!

その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

関連商品はこちら

本テーマについて詳しく学びたい場合は、以下のコンテンツをオススメします。
,

Pin It on Pinterest

Shares