公式サイトはあなたのビジネスの『城』である

投稿日:

Facebook、twitter、LINE@、instagram、YouTube、個人がセルフブランディングをするためのツールは沢山あります。(今後もっと増えるかも?)

 

アメブロは下記に書いたとおりで問題外として、

★あなたがSNS疲れになっている原因は?
https://hirajo.com/sns-tired

これらに注力したとしても、それぞれのサービスに流行り廃りがあります。

一方で世界標準のWordPressをベースとした自身の公式サイトをインターネット上に設置しておくことで、各種SNSの流行り廃りに影響を受けずに、長期的にビジネスを繁栄させることができるのです。

各種SNSの良いところは、すぐにスタートできることと、そのSNS内で一定の見込み顧客を獲得できるので、ビジネスの初期段階では集客手段として良いということ。

ただし、それはあくまでも『集客の入り口』であって、柱となるものではありません。

各種SNSと公式サイトをがっつりと連携させることによって、SNSから公式サイトにアクセスを流しつつ、公式サイトも育てていくことで、インターネット上に強固なビジネス基盤を構築することができます。

フロー型のメディアとストック型のメディア

各種SNSは基本的に『タイムライン』といって、最新の情報から時系列に表示される形式を取っています。良い面としては常に最新情報が得られることですが、逆に過去記事は読まれにくい、というデメリットがあります。
Facebookでは1年以上前の記事はまず読まれることはないですよね(苦笑

一方、ブログの場合は記事をカテゴリ別に見せることで、過去記事を辿りやすくなっています。
また、どんなに古い記事でも、それが検索エンジンから見て価値が高いと判断されれば、検索結果で上位に来ることができ、訪問者に見てもらえることになります。

また、カテゴリを整理することで、自分の発信内容を体系的に伝えることもできます。

つまり、たまたま検索エンジンからたどり着いた方や、もともとあなたのことを知っている方に、
体系的に情報をお伝えしやすくなるのです。

その結果、ファン度が増したり信頼関係を構築することができたり、という効果が生まれるのです。

さらに今回の企画では公式サイトの構築は世界標準のWordPressというシステムを使うので、検索エンジンと相性がとても良くなります。

Facebookなど各種SNSは、どちらかというと検索エンジンにほぼヒットしません。(YouTubeは別です)
つまり、SNSしかやっていないと、

『毎日投稿しないと集客力が落ちる』

という状況に陥ってしまいます。

SNS疲れが起きてしまう原因として、フロー型メディアとストック型メディアの違いが理解できておらず、ストック型メディアをやっていないから、ということも挙げられます。

ストック型メディアとしては、WordPressとメルマガが挙げられます。LINE@は見込み顧客リストを蓄積することができ、いつでもプッシュ配信できるという点ではストック型と言いたいところですが、LINE側のルール変更による影響も考えられるので、半ストック型というところでしょうか。

ちなみに、私の知り合いの会計士さんは、公式サイト『城』を構築することにより、たったの20ページで月間20万アクセスを獲得し、その公式サイトが出版社の目にも留まり、出版も実現することができました。

ストック型メディアの特徴として、新しい記事を書き続けるのではなく、質の高い記事を書くことを重視することで、長期的に集客できる仕組みを作ることができるのです。

ちなみに私も自分の『城』から、無料で毎日数件〜数十件のメルマガ登録があり、全く広告を出さなくても6万人のメルマガ読者を集めることができています。

公式サイトで顧客属性も知ることができる

公式サイト『城』を構築することで、実はあなたの見込み顧客の属性も知ることができます。

それは、Googleのアクセス解析『Googleアナリティクス』を埋め込むことで実現します。

例えば私の場合は次のように、

男性:女性=59.2%:40.8%

年代でいうと

1位:25〜34歳
2位:35〜44歳
3位:45〜54歳
4位:18〜24歳

となっています。

これがわかれば、『アラサー男』を1つのターゲットとしてメッセージを打ち出していく戦略が考えられます。

このように、自分の見込み顧客の属性を把握することで、ターゲット顧客やペルソナのイメージを決めやすくもなるのです。

このような城がある状態と無い状態では、どちらが戦いやすいかは一目瞭然かと思います。

まとめ)公式サイト『城』を構築するメリット

その1)あなたの情報を体系的に伝えることができる
その2)検索エンジンから集客することができる
その3)訪問者の属性を知ることができる

-公式サイト『城』構築ブートキャンプ

Copyright© @SOHO創業者 平城寿の公式サイト , 2018 All Rights Reserved.