精神的に解放された状態。

今日は、大事な告白があります。
```````````````

私は現在ナナロク世代の37歳。
今年で38歳になります。

じ、じつは、『アラフォー』じゃないですか!!!

認めたくないけど、事実です。

ということで最近、
『残りの人生をどのように過ごそうか?』
と考えてきました。

余命はどんどん無くなっていきます。

今までは、

・もっと成功したい
・もっとお金を稼ぎたい
・もっと有名になりたい

という気持ちがありました。
やはり人間、欲がありますからね。

でも、なんとなく、

資本主義社会に踊らされて、
『世界億万長者ランキング』

のようなものへのランクインを目指すのは、
違う気がしていました。

そして最近、嬉しいことがありました。

私とfacebookで繋がっているメンバーの中で、
カップルが誕生したのです!!!

2人とも、私のセミナーに来て頂いたことがあり、
時々コンタクトは取っていました。

そして私が提唱している
『平城式facebook』の実践者でもありました。

2人は、facebookを通じて、
お互いの日々の投稿を見て、
何か感じるものがあったようです。

2人は、『海外ノマド倶楽部』のメンバーでもあるので、
海外で挙式予定とのこと。

昨日その報告を聞いて、
なんだかこちらまで凄くシアワセな気持ちになりました。

ちょうど先日告知させて頂いた、
『facebook婚活』をスタートしようとしていた矢先のことで、
まさにロールモデルができました。

また、facebook経由で、
20歳と23歳の青年が、
私に相談を求めてきました。

2人とはSkypeで話をして、
相談を受けたのですが、
私の話をすごく熱心に聞いてくれました。

ちょうど、『平城寿の進路相談』
というプロジェクトをスタートする前の
出来事でした。

これら体験を通じて、
何か凄くシアワセで充実した気持ちになりました。

誰かが自分を必要としてくれる。

自分が発信した情報や、
自分が作った環境に共感してくれて、
どんどん仲間が増え、
共に成長していける。

より多くの方から、

『平城さんに出会えてよかった。ありがとう。』

と言っていただける。

これこそが、
人生の醍醐味ではないか、
あらためて思いました。

お金を追い求めても、
地位や名声を求めても、
その裏側には必ず、
嫉妬や妬みがあると思います。
自分自身がストレスを抱えてしまうと思います。

それらとは一切無縁な、
```````````
精神的に開放された状態。
````````````

これを自分自身も追求し、
また、追求したい人たちと、
活動をしていきたいと思います。

この考えに共感していただける方、
そして私と一緒に活動をしていきたいという方は、
ぜひ下記ページのコメント欄にコメントをお願いいたします!

https://www.facebook.com/story.php?story_fbid=10201732970715286&substory_index=0&id=1511270060

新しい時代の幕開けです!

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアは最もノマド化しやすい職業

『ITエンジニアはサラリーマン世界において、
最もノマド化しやすい職業だ』

とあらためて思いました。

現在、私が知る限り、
ノマド的な生活を送っている人の職業は、

a)アフィリエイター
b)物販ビジネスオーナー
c)ネットビジネスオーナー
d)企業経営者
e)売れっ子クリエイター

に分類されます。

なぜここにITエンジニアを入れていないかというと、
ITエンジニアはノマド化しやすい条件が整っているにも関わらず、
意外とノマド化を実現できている人が少ないからですね。

ではなぜ、ITエンジニアが最もノマド化しやすい職種だと言えるのか?

1)PC1台で仕事が完結します。
基本的に作業はPCの中のメール、Skype、
開発ソフトウェアなどが揃っていれば完結します。

2)場所に依存しません。
インターネットに繋がる環境があれば、
どこにいても仕事ができます。
但し、複数人で展開するプロジェクトの場合は、
オフィスに行ったほうが『意思疎通』の面で
効率が良いですが、必須ではありません。
さらに、スキルが上がれば上がるほど、
1人でこなすことのできる領域が上がるので、
さらに場所の束縛から自由になれます。
医者のように場所を構える必要もなく、
弁護士のように法廷に行く必要もありません。

3)人に会う必要がありません。
仕事において人間関係は重要だと思いますが、
『他の職業と較べて比較的に』難しい人間関係無しに、
仕事をすすめることができます。

4)作業効率を上げれば、収入も上がります。
例えば、100万円で請けた仕事を1週間で仕上げたとすると、
月収換算で400万円です。
『そんな人、いるの?』
と思うかもしれませんが、
素晴らしいWebサービスを作っているのは、
たいていは一部の『スーパープログラマ』です。
彼らは表に出てこないだけで、
実際には稼ぐ力を持っています。
また、実際に稼いでいる人もいます。

(私はプログラミング技術は正直言って
あまり無いと思います。
上には上がいますからね。
ただそれでも、1人で@SOHOを開発することはできました。)

5)スキルチェンジをすることなくノマド化できます。

先に挙げた

a)アフィリエイター
b)物販ビジネスオーナー
c)ネットビジネスオーナー

の方々は、多くの場合、会社員時代に副業からスタートして、
本業とは異なるビジネスを立ち上げてここに至っています。
つまり、これが成立するためには、
本業とは異なる知識や経験が必要になる、
ということです。

最近では会社員を経験せずにここに至るスーパーマンも
出てきていますが、ごくごく少数ですし、
そもそも生まれ持った宿命が違うので、
比較対象になりません。

d)の経営者もそもそも比べる対象ではありませんし、
e)の『売れっ子クリエイター』になるためには、
スキルだけでなく運とポジショニングも必要です。

ITエンジニアの場合は、
自分の取引先を会社から『社会』に置き換えるだけで、
たちまちノマド化を達成できてしまうのです。

しかも、サラリーマン時代においては、
『ノマド化可能な職種として最も高給取り』
と言うことができると思います。

企業の営業やマーケティングといった、
『ITエンジニアよりも高給取り』な職種は存在しますが、
彼らはITエンジニアよりも場所や人間関係に依存する必要があります。

企業内の医者は弁護士はITエンジニアよりも時給が高いですが、
病院や法廷といった場所に依存しています。

以上、ITエンジニアはノマド化するために
最適な職種だと書きましたが、課題もあります。
『事業を拡大したい』と思えば、
やはり組織を作る必要があります。

所詮1人でできる仕事量には限界があるので、
睡眠時間との戦いになります。

若いうちはそれでも良いでしょうが、
そのうち限界に達します。

いずれは組織を作っていかないと、
いつまでも自分で手を動かさないといけません。

私は約3年ぐらい前にこの限界を感じ、
それから自分の組織を作ってきました。

ようやくその組織がうまく回るようになってきましたが、
これは会社組織ではなく、
『オンラインで繋がったパートナーの組織』です。
既存の会社組織には、様々な問題点があります。
問題点を挙げればキリが無いのでここでは書きません。

私は、このオンラインで繋がっている、
個々のプレイヤーがノマド化し、
『組織全体がノマド化』された、
新しいワーキングフォーメーション。

これを徹底的に追及していきたいと思います。

<追伸>
ITエンジニアがノマド化するための、
より具体的なステップを解説しているのが、
下記のメールマガジンです。

▼スーパーエンジニア養成講座
http://super-engineer.com/magazine



LINEで送る
Pocket

やりたいことは、いますぐやれ。

君がいまやりたいことは何かな?
何が怖くて動こうとしないのかな?
社会の枠から外れるのが怖いのかな?

僕たちはもともとゼロから生まれてきたんだよね。

所詮は人の創った社会。
人の評価を気にする人生よりも、
自分で『生きてきて良かった』
と評価できる人生にしよう。

『石の上にも3年』

これは確かに素晴らしい言葉。

でも裏を返せば、
経営者が社員を会社につなぎ止めておくために
使われているんじゃないかな?

親が子どもを自分の目の届くところに
置いておくために使われているんじゃないかな?

社会の枠から外れてもいいじゃない。
これからは、自分で社会の枠を創る時代だよ。

自分を解放しよう。
自分の直感に従って生きよう。
人生って本当に楽しいものだよ。

LINEで送る
Pocket

ファントムくんは果たして戻って来れるのか?

フィリピン人ホテルスタッフが必死にガイドをしてくれましたが、
あまりにも上空に上がってしまっていたためか、
ファントムくんは戻って来ることができません。

ついに、フィリピン人スタッフの目にも見えなくなり、
彼らが双眼鏡を取り出しました。

そして彼らが双眼鏡を使っても見えないと言った時、
私は覚悟をしました。

Phantom2はこのような非常事態の時のために、
『フェイル・セーフ』という機能があります。

プロポ(送信機)の電源を切ると、
プロポからの信号が消えるため、
非常事態を察知して自動的に元の場所に戻ってくるのです。

ただ、プロポで操作不能になるので、
後は自動操縦に任せるしかありません。

この機能、事前にテストをしておけば良かったのですが、
気が早るあまりに、テストをしていませんでした。。

つまり、『最後の賭け』です。

私は、プロポの電源を切り、
運を天に任せました。

私は比較的幸運だと思います。
今まで、思えばだいたいのことが叶ってきたし、
緊急事態も切り抜けてきました。

ただ、ファントムくんが離陸して、15分が経過ー。

ファントムくんの飛行時間のリミットです。
ファントムくんは戻って来ませんでした。。

ついに私は諦め、
ボホールへ移動するための身支度をし始めました。

私が身支度を終えると、
1人のフィリピン人ホテルスタッフがやってきました。

フィリピン人ホテルスタッフ:
『He is coming back.』

(えっ?そんな馬鹿な。。)

ファントムくんが離陸してから25分も経過していました。
これは製造元のDJI社の公称の飛行時間と同じ。

Macのバッテリーが公称値よりも持たないのと同じで、
Phantom2のバッテリーも、
実質は15分程度しか持たないと言われています。

私は疑いながらも、ホテルスタッフについて行きました。

ホテルスタッフが言いました。

『あそこの青いタンクの近くに落ちたよ。』

彼は1.5kmほど先にあった青いタンクを指さしながら言いました。

ファントムくん、頑張って戻って来ようとしてくれていたんだ。

少し嬉しく思いましたが、
そこまでたどり着くためには、
雑木林を抜けていかなければいけません。
辿り着くのは難しいし、
例え行けたとしても、
見つかる保証はありません。

別のフィリピン人ホテルスタッフが言いました。

フィリピン人ホテルスタッフ:
『Can I have your contact number?』

私は何故かなと思いましたが、

フィリピン人ホテルスタッフ:
『That is also my place. if I cound find, I’ll let you know』

と言いながら、
ホテルの策の外にいた子ども2人を指さしながら言いました。

(この子達に探しに行かせようというのだろうか?)

気持ちは有り難いけど、
見つかったとしても、
おそらく落下の衝撃で、Phantom2も、
GoProも壊れてしまっているでしょう。

私は一応電話番号を伝えましたが、
ファントムくんを諦めることにしました。

前日の調査の時点で、
新しいPhantom2をフィリピン国内で手に入れることは
ほぼ不可能であることがわかっていたので、

今回の予定だった、

・ボホール島での空撮
・マニラでの空撮

を諦めざるをえませんでした。

ただ、GoProについては、
昨日買った店にまだ在庫があったので、
GoProだけは購入していくことにしました。

今回は海中撮影もすることになっていたので。

<今回の反省点>
・十分に練習を積まないまま、難易度が高い海辺での飛行をしてしまったこと

<今回の金銭的損失>
・Phantom2本体:75,000円
・GoPro Hero3+(日本で買ったもの):44,000円
・GoPro Hero3+(セブで買ったもの):41,000円
・Phantom2にGoProを固定する装置:36,000円

合計:196,000円

ガーン!!!

金額だけを見たらショックかもしれません。
確かに、今回は急ぎすぎたかもしれません。

でも、私はこの短い間に、
ファントムくんから多くを学ばせてもらいました。

・誤って回転しているプロペラに触ってしまい、
服と指がズタズタになったこと。

・風が強い日に飛ばしてしまい、
遠くへ飛んでいってしまったこと。

私の記事を読んで、空撮に興味を持った方も多いと思います。
チャレンジしてみたい方も少なからずいらっしゃると思います。

そんなあなたに、
私の失敗経験からお伝えできることとして、

1)回転中のプロペラに触ってはいけない
2)風が強い日は飛ばさない方が良い
3)池ポチャに注意
4)人が近くにいる場所では飛ばしてはいけない
(飛ばすとしたら、『プロペラガード』を設置)

が挙げられます。

操縦は思ったよりも難しいですね。。

さて、ここで私の空撮物語は終わりかというと、
まだまだ続きます。

そうです、2号機です!

フィリピン滞在中には手に入れるのは難しそうなので、
香港で入手を試みます!

DJI社のホームページを調べると、
香港に何店か販売店がありました。

早速、問い合わせています。

<追伸>
株などの投資や、ビジネスでも、
時として損失はあります。

お金はあくまで数字上の世界。

ファントムくん(1号機)が私に残してくれたのは、
この映像1つですが、それでも大きな喜びを与えてくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=hS2R65fUmgI

『空を飛んでみたい』

これは、ライト兄弟が実現してくれました。

私達は、魔法のような鉄の固まりによって、
世界中のどこにでも行けるようになりました。

そして、このPhantom2+GoProの組み合わせは、

『あそこからはどう見えるのだろう?』

という好奇心を満たしてくれる、
最高のオモチャです。

北極で300kmもの大雪原をスノーモービルで走った時、
スリランカのシギリアロックに登頂した時、
同じくスリランカの美しい湖畔で野生の牛の大群を見た時、
セブのバンタヤン島の朝日。
グアムのハイアットから見た夕焼け。
トルコのボスポラス海峡の夕焼け。
ムンバイの東大門。
コソボの素晴らしい雪解けの山渓の景色。
オーストラリアの雄大な砂漠。
ラスベガスのグランド・キャニオン。
サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ。
空気がとても透き通っておいしかったナパバレー。
ペナン島のシャングリラホテルから見た夕日。
ボホール島のチョコレート・ヒルズに登頂した時。
(※注・・・北極では飛行禁止です。)

あの時に、ファントムくんがいてくれたら
どんなに素晴らしい景色を見ることができたことでしょう。

そしてこれからのノマドの旅は、
ファントムくん(2号機)とともに過ごすことになります。

過去に投資をした不動産の現場も、
ファントムくん(2号機)で撮影してきます。

特に、不動産の場合は上空からの地図を見たい時があるのですが、
グーグル・アースだと写真の情報が古いのです。

ファントムくん(2号機)がいてくれれば、
その日の時点での空からの情報を得ることができますからね。

さあ、これからが楽しみです。

<追伸2>
Phantom2はとても楽しいアイテムですが、
あくまでも『危険物』であるということは
よく考えておかないといけません。
暴走行為は危険です。

・人に迷惑をかけない
・法律を守る

という点はしっかりと遵守していきます。

ちなみに、フィリピン、香港、マカオについては、

・空港付近
・プライバシーに関するもの

を撮影しない限りはOKということを確認しました。

<追伸3>
私は現在、好きなことをして生きていける
生活環境を手に入れることができました。
このようなライフスタイルを手に入れる
ための手段として、facebook発のビジネス構築方法があります。
その極意を下記のメルマガでお伝えしています。

平城式facebook無料メルマガ:
http://fb.hirajo.com/magazine_hirajo_blog

LINEで送る
Pocket

ファントムくん完全復活!!!しかし、、、、

ファントムくん続報です。
翌日、おそるおそる電源を起動してみたところ、
無事に電源が起動し、4つのモーターも全て稼働しました!

おお、感動です!!!

ということで、機械モノは水没したらとりあえず乾燥してみると、
復活する可能性はありますね!

そして、その足でマクタン島にある
クリムゾンリゾート&スパ(CRIMSON Resort and Spa)へ。

ここで綺麗なビーチリゾートの映像を捉えようというのです!

この日は風が強く、飛ばすコンディションとしてはあまり良くありません。
でも翌日のボホールに備えるため、機体が完全に治っているのかどうか、
試したい気持ちで一杯でした。

とりあえず、記念のショット。



フィリピン人のホテルスタッフ達が10名ほど集まってきて、
興味津々といった表情で見ています。

このコンディションではちょっと海辺では飛ばせないので、

私は

『There is strong wind today. just take a photo』

と言って、フィリピン人のホテルスタッフ達に説明しました。

そして、人気(ひとけ)の無い砂浜の広場に移動して、
そこでファントムくんのテスト飛行を試みます。



▼ファントムくんの飛行シーン(Youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=Ig8HkWEPMtQ&feature=youtu.be

飛行成功ーーーーーーー!

と思いきや、またまたトラブル発生。
少し上空に上がった時点で、
風に煽られてぐんぐん海の方へ向かって行っているじゃないですか。

『あっ、そっちの方に行くと、人が泳いでいる海水浴場に。。』

前日の『池ポチャ事件』のことが頭にあったので、
さらにヤシの木にあたってはいけないと思い、
さらにファントムくんを上昇させます。

とりあえず海水浴場の方からは軌道をそらすことに成功。

ところが、あまりにも風が強く、
ファントムくんがどんどん、海へ海へと飛んでいきます。

あまりにも遠くへ行ってしまっているので、
もはやこちらに戻ってきているのか、
遠ざかっているのかさえわかりません。。

先ほどのフィリピン人ホテルスタッフ達が集まってきました。
彼らには見えているようです。

彼らの目を頼りにしながら、必死の回帰作業を行います。

果たして、ファントムくんは戻ってくるのか!?

<追伸>
平城式facebook実践者の高橋さんの記事が、500いいね!を超えました。
講師をあっさり抜いていきますからね〜^^;

高橋さんの記事:
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=656661864407796&set=a.489402751133709.1073741826.100001919643713&type=1&theater¬if_t=like

平城式facebook無料メルマガ登録はこちら:
http://fb.hirajo.com/magazine_hirajo_blog

LINEで送る
Pocket

ファントムくん、復活!?でもGoProは死亡・・・

マクタンニュータウン内のマクドナルドの
ハンドドライヤーで必死の救命作業を続けること1時間。

Phantom2本体のバッテリーとGoProを取り外し、
本体だけを乾かし続けました。

バッテリーはサブを3個買っていたので、
故障しても問題無しです。

GoProも小さすぎて分解はできなかったので、
そのまま自然乾燥しておきました。

翌日からはボホールでの空撮を控えていたので、
ここでリタイヤするわけにはいきません。。

そして、1時間後ー。

バッテリーを新しいものに交換し、
おそるおそるファントムくんを起動。

お、起動したーーーー(^^)

でも、ちょっと4つのうちの1つのモーターの回転がおかしいです。
このままでは飛行ができません。

もう少し、機体が完全に乾燥すれば、治ってくれるかも。

(いや、きっと治ってくれるはず。)

そう自分に言い聞かせながら、
次の展開を考えました。

もし、明日治ってくれなかったら、
新しいファントムくんを購入しないといけません。

GoProくんの方はどうやら、完全にお亡くなりになったようです。。

最悪の場合、ファントムくんは駄目になっても、
ボホールで水中撮影だけは成功したい。

ということで、セブ島内で新しいPhantom2+GoProを手に入れられるかどうか、
徹底的に調査しまくりました。

そしたら、1軒だけありました!
http://www.istorya.net/forums/collectibles-memorabilias-and-hobbies-43/682932-fs-dji-phantom-ii-macys-camera-shop.html

早速電話で聞いてみます。

1件目、応答無し。

2件目、おお、繋がりました!

平城:『Do you have any stock about Phantom2?』

店員:『Yes but we can get on next Wednesday.』

ああ、残念です。
翌日にはボホールに出発なので、
これでは間に合いません。

でも、GoProは在庫があるようでしたので、
GoProだけでもゲットしに行きました。

ちなみに、GoProは18,000ペソ。(約42,000円)
為替レートの関係で、日本よりもちょっと安かったです。
(日本だと約44,000円)

ちなみに、セブでGoProをゲットした店はこちら。
APMモールというショッピングモールの中にありました。

MACYS Photo Video Store – APM Mall Branch
APM Mall (Across SM City Cebu, Beside LBC),
A. Soriano Avenue, Cebu Port Centre,
Cebu North Reclamation Area Cebu City
0923-36-65386 / (032) 266-7725
Business hours: 10am-8pm (Monday – Sunday)

ちなみに、ボホールの後はマニラで空撮の予定なので、
なんとしてでもPhantom2は復活させなければなりません。

明日にファントムくんが復活しなければ、
マニラでPhantom2を購入することも視野に入れ、
マニラでも調査を続けます。

LINEで送る
Pocket

AirasiaのBIGポイントが貯まっていました!

先日ご紹介したエアアジア(AirAsis)のBIGポイント。

▼記事はこちら
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=275366229307404&set=a.135975129913182.1073741827.122942037883158&type=1&stream_ref=10

343ポイント貯まっているとの通知が来ました!
もともと安いうえに、ポイントも貯まると、やはり嬉しいですね!

▼BIG Shotの登録はこちら(登録、年会費は無料です)
http://bit.ly/1matc1d

LINEで送る
Pocket

Phantom2、フィリピンでの初飛行大成功!

今回、私がファントムくん(DJI Phantom2)を購入したのは、
単なる趣味ではありません。
1つは、海外ノマドというライフスタイルを、よりリアルに伝えるためです。
そうです、仕事の一貫としてです。
趣味と実益を兼ねていると言われればそのままですが(^^)

もう1つの目的。
それは、私や私の仲間が購入している、
海外のコンドミニアムの建築状況や
土地の開発状況などを、
上空からチェックするためなのです。

開発段階の物件は、通常立ち入り禁止です。
でも、普段海外にはなかなか行けない。
物件が完成するまで見に行けない。

という仲間のために、
ファントムくんに『潜入捜査』を行ってもらおう、
ということなのです!

さて、そこで最初の訪れたのは、
セブのマクタン島にある、『マクタン・ニュータウン(Mactan Newtown)』。

フィリピンで第二の規模を誇るセブ島で、
現在最も開発が盛んに行われているエリアです。

ここにある『8 Newtown Boulevard 』というコンドミニアムです。
15F建て、5棟で全500室という、巨大な建物。

私はここのペントハウスを2室購入。

現在工事中なので入り口付近までしか見ることができません。

でも、やはりオーナーとしては中まで見てみたいものですよね!?

それでは、結果がどうだったか?

見てみてください。

マクタンニュータウンの入り口のバス・タクシー乗り場。
そのすぐ後ろに、建設中のビルが見えています。
あれがコンドミニアムか?



やはりそうです。そして、その手前に、
『The MACTAN NEWTOWN』と書かれているビルがあります。
こちらはオフィスビルのようです。



オフィスビルの1Fには、マクドナルドとセブン-イレブンが入っています。



オフィスビルの目の前に、販売展示場が設置されていました。



さて、いよいよ物件の近くまで行ってみます。

ちょっと写真ではわからないと思うので、
GoProで動画に撮ってみました。



ちなみに、マクタン・ニュータウン(Mactan Newtown)の
目の前の様子は、こんな感じです。
現在未開拓な雰囲気がバリバリ出ていますが、
だからこそ今後の伸びしろがあるということですね!



さて、次はいよいよ、Phantom2の初飛行の結果をお知らせします!

▼ファントムくん初飛行結果!


初飛行後、マクドナルドで休憩しながら、
GoProの撮影動画を確認しています。
現地のお客さんからはかなり注目の的でしたね(^^)

LINEで送る
Pocket

フィリピンペソを持つことの難しさ

私はフィリピンペソ建てでのインカムが入ってくる投資を行っていますが、
先日、その配当を受取るため、フィリピン国内のHSBC口座で
これを受けようとしたところ、拒否されました。

銀行に理由を確認したところ、
『USドルなどの外貨に両替してくれたらOK』
と言われました。

私はまだフィリピンのビザやフィリピン国内に居住地を
持っているわけではないので、
フィリピンから見たら『非居住者』扱いになります。

フィリピン国内でフィリピンペソを手に入れる方法は、

1)フィリピン国内で就労して手に入れる
2)投資や配当など、就労以外の方法で手に入れる
3)外貨をフィリピンペソに両替する

となります。

このうち、非居住者は2)か3)によって
フィリピンペソを手に入れることになりますが、
その手に入れたお金を銀行口座に入金しようとすると、

2)も3)も、『証明となるもの』が求められるということなのです。

今回の私の場合は2)となるわけですが、
この場合は投資の契約書といったものがこれにあたります。
私の場合はある法人を経由して投資をしているため、
この契約書を提示しても意味が無いので、
結局は銀行口座への入金ができませんでした。。

本来は、ペソのまま持っておいて、
そのまま現地で使ったり、
現地の不動産の支払に充てたり、
という形で使った方が為替リスクが減って良いのですが、

フィリピンペソの国外への現金持ち出しは、
なんと上限が1万ペソ(約2万4千円)とかなり少ないのです。

しかも、うっかりこれをやってしまって、
空港でバレてしまうと、
没収されるか最悪の場合は刑務所行きということです。。
フィリピンの刑務所は日本の刑務所とは異なり、
かなり劣悪な環境であることは想像に難くないですよね。。

上限1万ペソ。
うっかりでは済まされない可能性があるので、
これは頭に入れておく必要がありますね。。

<追伸>
海外ノマド倶楽部のメールマガジン、
スタートしました!

『旅をしながら仕事をしよう』

をコンセプトに、

私が海外ノマドを実現するための
ステップについて、本人の実体験をもとに、
1通1通、気持ちを込めて書いております。

また、海外ノマド倶楽部主催のイベントの
案内もリアルタイムにお送りしています。

海外ノマドを実現したい方は、
ぜひ登録してくださいね!
http://welovenomad.com/magazine_hblg

LINEで送る
Pocket

Phantom2 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

先日宣言していた通り、『海外ノマド 空撮シリーズ』を決行するため、
注文していたPhantom2が届きました。
このDIJという会社、大元は中国のようですが、
パッケージデザインはなかなかオシャレでいい感じです!

そして、この機体にGoProをドッキング!
これで最大4Kの動画撮影環境が完成です。

本体にはまだシールを貼っていません!
赤ラベルと青ラベル、ううむ、どちらにしようか。










LINEで送る
Pocket