成幸村キックオフイベント参加受付開始!

こんにちは、平城です。
日々、成幸村の立ち上げのために、
精魂込めて動いています。
 
本日18時45分に、
『成幸発見メルマガ』にて、
いよいよ成幸村のキックオフイベントの告知を開始したところ、
続々と申込が入ってきています!
この企画の注目度の高さが伺えますね(^^)
 
 
<日程/会場/定員>
3月5日(土) 東京 100名
3月19日(土) 福岡 40名
3月26日(土) 大阪 60名
4月2日(土) 名古屋 60名
※時間帯はいずれも13時〜16時(12時半開場)
 
下記メルマガに登録して頂くと、
イベントの案内が届きますので、
まだ登録頂いていない方は、
登録してくださいね。
 
メルマガ登録者も900名を越えてきていて、
会場は余裕をもった広さを確保したつもりですが、
すぐに満席になってしまう可能性が出てきました。
 
まだメールを見ていないという方は、
すぐにチェックしてみてください。
 
★成幸発見メルマガ
http://www.atsoho.com/a/seikou_opening_hirafb

LINEで送る
Pocket

人類初の球空間『成幸村』キックオフイベント

〜 1年の準備期間を経て、いよいよスタートへ 〜
世界初?人類初の球空間、成幸村のお披露目イベント

成幸村のスタートを心待ちにしていた皆さん。
いよいよ、キックオフイベントが開催されます。
 
既に成幸村に住民登録を済ませた、
ナビゲーターの皆さんと一緒に開催します。

<成幸ナビゲーター>
伊藤由美子さん
Rin Ohashiさん
福岡ともたけさん
狩野理沙さん
桑名つぐみさん
平松シゲオさん

<日程/会場>
3月5日(土) 東京会場
3月19日(土) 福岡会場
3月26日(土) 大阪会場
4月2日(土) 名古屋会場

詳細は下記の『成幸発見メルマガ』
にてお知らせしますので、
まだ登録されていない方は、
登録しておいてくださいね!

ついに700名突破しました!

★成幸発見メルマガ
http://www.atsoho.com/a/seikou_opening_hirablg

LINEで送る
Pocket

これからは子どもにプログラミングを学ばせる時代

子どもがスマホで遊んで困っている。。
そういう親御さんは少なくないのではないでしょうか。
 
 
私は『ファミコン』世代。
ファミコンが発売されたのは、
昭和58年だから私が7歳の時。
 
でも、身の回りで流行りだしたのは
確かちょうど小学校2年生ぐらいの時。
 
最初はクラスに1人から2人ぐらいしか持っていなくて、
どんどん広がっていって、
最終的には1家に1台ぐらいの感じになって、
持ってないと恥ずかしいぐらいになりました。
 
うちも、ずっと買って欲しいと
お願いしていたけど買ってくれなくて、
ようやく買ってくれたのが小学校6年生の時。
 
 
その時なぜかファミコンだけでなく、
『ファミリーベーシック』
という、キーボード付きのモデルも一緒に
買ってくれました。
 
ファミリーベーシックは、
自分でゲームを作ることができる、
という当時は画期的なものでした。
 
母親としては、
ゲームだけだとただ遊ぶだけで身にならないけど、
何かを作る機能があれば、
息子たちの創造性を養ってくれるんじゃないか、
ということで買ってくれたのだと思います。
 
 
それから4分の1世紀が経過し、
ゲーム機を買わなくても、
スマホでソフトをインストールすれば、
ゲームができる時代に。
 
 
私は決してゲームは悪いものではないと思いますが、
子どもがゲームばかりやっていれば、
将来素晴らしい大人になるかといえば、
そうではありません。
 
 
子どもを単なる
『大人のマーケティングのための道具』
にするのではなく、
 
適切な環境を提供すれば、
将来の日本や世界を支えていく、
まさにGoogleやFacebookのような
革命を起こしてくれるような、
そういった可能性を秘めていると思います。
 
 
今や子どもがYoutubeでお金を稼ぐ時代。
 
もしかすると、
自分の子どもが世界を変えるようなものを
生み出してくれるかもしれません。
 
 
最近、エンジニア講座に入られているママさん達
とやり取りをする中で、
『子供向けのプログラミング教室』
 
のニーズが高まっているという話を聞きました。
 
調べてみると東京の方に幾つかありましたが、
全国規模で見ると殆ど開かれていません。
 
ということで、
本当にこういうニーズがあるかどうか、
調べてみたくなりました。
 
ご自身のお子様にプログラミングを習わせてみたいという方、
既に習わせている方はぜひ、
下記フォームからメッセージ頂ければと思います。
 
http://www.atsoho.com/a/kidsprogramming_quest
 
もし一定以上の需要があれば、
実現へ向けて動いてみたいと思いますので。

<追伸>
私の娘は、私が仕事をしている姿というのは、
Macに向かっている姿しか知りません。
 
つまり、娘達にとって、
 
Mac=パパの仕事
 
なんです。
 
そして、『私にもやらせて』
と言ってきた時には、
 
キーボードとマウスだけ渡すようにしています。
 
そうすると喜んで、
『パパと一緒〜♡』
 
と言って、キーボードとマウスを触っています。
 

LINEで送る
Pocket

ビジネスコンテスト開催します。

以前、『Facebook婚活モニター募集』
という企画を行いました。
 
それは限定1名で、
Facebook上で理想の相手を獲得するための
アドバイスを行うというもの。
 
(2014年の3月25日の、下記投稿)
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10201528061752690&set=a.1673813654469.2076527.1511270060&type=3&theater
 
結果としては、次のような実績を作ることができました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10205165708971597&set=a.1673813654469.2076527.1511270060&type=3&theater
 
 
40名近い方から応募頂き、
その中から選抜されたAさんは
1ヶ月後、見事に意中の彼から
逆プロポーズを受けることができました。
 
 
あの時の奇跡をもう一度。。
 
と言いたいところですが、
今回はビジネス編です。
 
私は通常、『個人コンサル』
というようなサービスは行っていません。
 
幾つかオンラインの講座を開催していますが、
そこに参加して頂いた方から質問を受ければ、
なるべく丁寧にアドバイスを行い、
世間一般で言われているところの
『個人コンサル』以上のものを
提供できていると自負しています。
 
 
その中で、私のアドバイスを真摯に受け止め、
実践された方は皆結果を出していて、
中には目覚ましい変貌を遂げた方もいます。
 
私はその成長ぶりを見るのが
とても生きがいとなっています。
 
 
最近までアドバイスをしていた方達が、
だいたい巣立って行ったので、
 
『次は誰を育てようかな?』
 
と考えていたところでした。
 
せっかくなので、
まだ私の講座を受けたことがない方も含め、
広く募集をしてみようと思ったのです。
 
 
現在ビジネスにチャレンジしていて、
絶対に結果を出したいと思っている方に、
『1名限定で』
ビジネスモデルのアドバイスや、
リソース面でのサポートを行います。
 
いわゆる『インキュベーション』的なものと
考えてください。
 
 
但し、応募者は誰でも良いというわけではなく、
応募動機やビジネスアイディアなど、
厳しくチェックさせて頂きます。
 
 
このコンテストで選抜された方は、
私が持つ知識と経験と人脈を総動員し、
そして私が持つ様々な媒体、
 
・26万人会員がいる@SOHO
・2万人読者がいるエンジニア向けメルマガ
・6千人読者がいる平城式Facebookメルマガ
 
などをフルに活用して、
その人が『覚醒』するための、
お手伝いを行っていきます。
 
 
普段からの私の活動をチェックしていて、
上昇志向の強い方は、
思いのたけをぶつけに来てください。

<応募期限>
2016年2月19日(金)24時
※もしくは、応募が100名に達した時点

<応募フォーム>
http://www.atsoho.com/a/hirajoproduce2016

LINEで送る
Pocket

成幸村400名突破!

昨日ご案内した『成幸発見メルマガ』の登録者数が、
400名を超えてきました!
 
本日中に500名は超えてくると思います。
成幸村への注目度の高さが感じられます。
 
成幸村の主人公は、
参加者の方1人1人です。
 
『世界でたった1つの肩書き』
を設定して、

誰とも競合しないポジショニングを確立し、
自分にできることを世の中に発信していく。
 
つまり、成幸村の中では、
競合者は1人も存在しません。
 
自分にしかできない価値提供を、
まずはコミュニティーを通して行っていき、
そしていずれは外の世界にも貢献できるようになっていく。
 
そういう環境づくりを行っていきます!
 
<追伸>
『自分だけの幸せ』ではなく、
『皆の幸せ』を開拓できる日々が、
いよいよスタートします。
 
今私は、とてもワクワクしています!

成幸村に関する新着情報は、
下記のメルマガでお伝えしています。

★成幸発見メルマガ
http://www.atsoho.com/a/seikou_opening_hirablg

LINEで送る
Pocket

【重要】成幸村は、2016年3月1日スタートします。

皆さんにやっと、発表することができます。

成幸村の構想がスタートしたのは、
もう1年も前に遡ります。
 
2015年1月16日に、
下記記事を投稿させて頂いたところ、
なんとかなり多くの方から共感のコメントや、
シェアを頂きました。
 (現時点で58シェア)
 
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10203252238856040&set=a.1673813654469.2076527.1511270060&type=3&theater


その後、成幸村の構想を発表させて頂き、
Facebook婚活をはじめ、
多くの方から期待の声を頂いておりました。
 
 
オフでお会いした方からも、

『成幸村、共感します』
『成幸村、期待しています』
 
と、どれだけの声を頂いたでしょうか。
 
成幸村で具体的にどういうことを行っていくのか?
 
その設計には実に1年を費やしました。
 
多くの方の協力を得て、
ようやくスタートできる準備が整いました。
 
3月には全国4箇所(東京、名古屋、大阪、福岡)にて、
キックオフイベントを開催します。
 
まずはここまでご協力頂いた皆さんに感謝をお伝えしたいと思います。


●成幸旅を開催してくださった
伊藤由美子さん
平松シゲオさん

●『クラウド秘書』立ちあげに携わってくださった
辻真由さん
青木結さん
石川裕子さん
大山なおさん

●常にバックアップしてくださった
大水啓安さん
畑智彦さん
佐々木教充さん

●門鑑定のサポートや様々な相談にのってくださった
真田孔明さん

なお、この写真は成幸村の公式サイトです。
公式サイトはこちらになります。

明日、また重要なお知らせをしますので、
今日はこのサイトを見ながら、
楽しみにお待ちくださいね。
http://seikoumura.net

LINEで送る
Pocket

成幸フォト+門鑑定で最幸の自分を発見する

成幸フォトを撮る前に、
なぜ『門鑑定』を行う必要があるのか、
質問を頂きましたので、
説明します。
 
私は今日々の生活において、
全くストレスがありません。

好きな場所で(場所の自由)
好きな時に(時間の自由)
好きなことを(仕事の自由)
好きな人と(人脈の自由)
 
行うことができています。
 
こういったライフスタイルを
送ることができるようになったのは、
 
振り返ってみると、
32歳の時に、
真田孔明さんと出会ったことがきっかけだと思います。
 
20代の頃の私は、
ビジネスにおいて何度か
人間関係上のトラブルを抱えていました。
 
ある時はパートナーに事業を乗っ取られたり、
ある時はパートナーが不正を犯していたり、
ある時はパートナーと決別することになったり。
 
その結果、
『もう人と組むのはやめよう』
 
と思っていくようになりました。
 
そんな時に、孔明さんとの出会いがありました。
 
当時は、門の事は全く知りませんでしたが、
当時中国にいた孔明さんとオンラインで知り合い、
1回のSkypeミーティングで意気投合、
それからパートナーシップを組むようになりました。
(それが2010年の後半。)
  
そのあたりから、
メルマガやブログをスタートし、
2012年からFacebookを本格的にスタート。
 
孔明さんとのパートナーシップは、
面白いぐらいにうまくいき、
とても不思議な気分でした。
 
私達の間には、
ビジネス上の契約書は全く存在しませんが、
今まで一度も揉めたことはありません。
 
お互いにお互いの能力に惚れ込み、
うまく相乗効果を出すことができています。
 
それはただ単に、
 
私がITのプロフェッショナルであり、
孔明さんがマーケティングのプロフェッショナルという、
互いに異なる能力を持っていて、
 
・ナナロク世代(1976年生まれ)
・2人の娘を持つパパ
 
という共通点を持っているから
だと思っていました。
 
もちろんそれもあると思いますが、
その後『門』について知ったことで、
 
さらに腑に落ちるようになりました。
 
私の門は陽立門、
孔明さんの門は月財門。
 
門的な相性も抜群だ、
ということがわかったからです。
 
それから孔明さんには、
私の家族の門や
ビジネスパートナー達の門も見てもらい、
 
私のビジネスはさらに加速するようになりました。
 
私達は門についての研究を重ね、
10種類の門のタイプによって、
最適な情報発信の仕方が異なることがわかってきました。
 
 
・Facebookのプロフィール写真はカメラ目線が良いのか
 
・プロフィール写真の服の色は何色が良いか
 
・日々の投稿の写真に自撮りはOKかNGか
 
・記事の書き方
 ⇒自分を据えた方が良いか、他人を中心に据えた方が良いか
 
・記事の中での言葉遣い
 ⇒丁寧語が良いか、言い切り型が良いか
 
・記事の中での自分の呼び方
 ⇒私、僕、ボク、俺、オレなど
 
などなどが、
その人の門のタイプによって、
さらにはその人ごとに、細かく別れてきます。
 
 
つまり、
成幸フォトの役割は、
 
・その人の隠された魅力を最幸に輝かせる
 
というところにあるのですが、
その前段として門鑑定を行うことで、
さらに成幸フォトの効果を発揮することができます。
 
また、今回香港で1泊2日に跨って行われる
『命運の成幸フォト撮影会』では、
香港の五つ星ホテルのスイートルームを貸し切り、
門鑑定・成幸フォトの撮影を済ませた後、
 
Facebookのプロフィール設定や、
日々の投稿法についてのアドバイスも行います。
 
今回の参加者がどのような変貌をとげられるか、
とても楽しみです。
 
<追伸>
昨年の私のラッキーカラーとアイテムは、
赤い馬を2つもしくは5つ。
 
今年の私のラッキーカラーとアイテムは、
青か緑の兎を3つもしくは7つ。
 
プロフィール写真の服も、
そろそろ青か緑に変えないとな〜。

LINEで送る
Pocket

ITエンジニアがスムーズに独立するための4つのステップ

先日東京にて開催した『質問会』にて、
参加者の方からご質問頂いた内容と
私からの回答を、

こちらでシェアさせて頂きます。

本日のテーマは、

『ITエンジニアがスムーズに独立するための4つのステップ』

です。
5分で視聴できますので、ぜひ見てみてくださいね!

★ITエンジニアがスムーズに独立できる4つのステップ(5分44秒)



今後新着動画を受け取りたい方は、こちらから登録してください。
http://www.atsoho.com/a/youtube_hirajo

LINEで送る
Pocket

海外じゃないとダメな理由

先日も、『成幸フォトはなぜ海外で撮影されているのですか?』
というご質問を受けました。
 
本日は、『何故海外か?』について書いてみたいと思います。
 
結論から言うと、
海外の方が効果的だからです。
 
私は今でこそ、固定概念にとらわれない、
自由な発想で生きることができていますが、
 
もともと閉鎖的な九州の田舎町で育ち、
大学時代までは、
様々なシガラミに囚われて生きていました。
 
大学時代にオーストラリアを2週間旅して、
『人と違ってていいんだ』
ということに気がつきました。
 
その後、
俳優になるための訓練を受けてみたり、
福岡の中洲の街中で弾き語りをやってみたり、
内定を断って学生起業しようとしたり、
敷かれたレールにとらわれず、
ゼロベースで考えることができるようになりました。
 
それから、
ビジネスで成功を収めるまでは、
しばらく日本にどっぷりと浸かり、
33歳から再び海外中心の生活へ。
 
時間と場所にとらわれないライフスタイルを確立できただけでなく、
(時間と場所の自由)
国のシガラミにも囚われない、
(国家の自由)
人間関係のシガラミにも囚われない、
(人間関係の自由)
固定概念にも囚われない、
(思考の自由)
 
そういう自分になることができました。
 
こうなれたのもやはり、
海外で過ごした貴重な時間と経験、
そこで得られた人間関係の影響が大きいと思います。
 
 
異国の空気を肌で感じながら、
意識の高いメンバーと過ごす時間。
 
これは何度参加しても面白いですし、
毎回、自分自身が進化するのを感じます。
 
香港であれば、
東京ー大阪間の新幹線代程度で行けるようになったので、
行かない手は無いんですよね。



LINEで送る
Pocket

バツイチ子持ちのシングルマザーが、たった1ヶ月で片思いの彼から逆プロポーズを受けた話

以前、私のタイムラインでも紹介した、

『Facebookで意中の男性をゲットする方法』
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10205165708971597&set=a.1673813654469.2076527.1511270060&type=3&theater

で紹介した、30代のシングルマザーだったAさん。

Aさんの逆プロポーズまでの一部始終を、
ご本人の許可を得て記事化できることになりました。

この記事を読みたいという方は、
今からぜひ、下記のページから『詳しく聞きたい!』
ボタンを押しておいてくださいね!

↓↓
http://storys.jp/story/20707

あと、Aさんと共同でこの記事を作っていますので、
ぜひ応援のメッセージやシェアをいただけると嬉しいです(^o^)

LINEで送る
Pocket