YouTubeは「エンターティメントのためのSNS」というイメージが強く、実際に現在はその通りなのだが、実は水面下でビジネスや教育に関する良いコンテンツが増えていて、発信者も増えているのだ。 男の周りでも「YouTubeに参入します!」と宣言している起業家が増えてきている。 男の場合もう5年以上前にチャンネルを開設し、それなり活用してきたけれど、どちらかといえばSNSとしては補助的な使い方にとどまっていた。 しかし、最近の流れを詳しく分析した結果、現在YouTubeへの優先度が最も高くなっている。...