成約率10%を維持しているセールスレターテンプレート

最終更新日時 2020/07/4 17:07

男は2011年より本格的に情報発信活動をスタートし、主に自身のセミナーやイベント、サービス提供のためのセールスページを作ってきた。

一般的にセールスページを作る際には、

  • セールスライティング
  • WEBデザイン

という最低限2つのスキルが必要となり、この2つはかなり異なるスキルセットなので、双方を極めている人はなかなかいない。

男は20代前半からWEBデザインを独学で習得し、2011年に情報発信活動を本格的にスタートしてから、実践を通してトライ&エラーを繰り返しながらセールスライティングのスキルを向上させてきた。

結果として現在、男が書いたセールスレターは平均成約率10%以上を維持することができている。(過去3年間の平均値は14.7%

これはセールスレターを見た方が10人につき1人が購入してくれるということになるので、なかなか良い数字ではないかと思う。

ちょうどクライアントさんからセールスレターの書き方についてご質問を受けたので、このようなテンプレートを作成してみた。

各項目への回答を埋めていくことで完成するようになっているので、セールスレターの書き方が全くわからないという方は参考にして頂きたい。


★は必須、☆はあればなお可

★ヘッドコピー

ヘッドコピーというものは、メールの件名のようなもので、セールスレターで1番目立つものになります。この内容次第で、本文を読んで頂ける確率が大きく変わってきますので、ここは時間をかけてしっかりと考え抜いてください。

①相手に伝えたいキーワードを2個〜3個ほどピックアップしてください。
②そのキーワードを使って、ヘッドコピーを考えます。セミナーであれば、このコピーをセミナータイトルにしても良いです。
平城の場合、「ヘッドコピー=セミナータイトル」という構成にしています。

参考)https://hirajo.com/course 配下の各ページ

★ターゲット設定

このサービスを受けるのにふさわしい顧客が抱えている悩みを5個前後挙げてください。ただ単に「お金がない」といった短いフレーズではなく、具体的に言及したほうが良いです。

例)会社で自分よりも能力の無い上司がのさばっているのが気に入らない





★参加者のメリット

参加者が享受できるメリットを5〜10個挙げてください。こちらも具体的であればあるほど良いです。

例)会社や上司にバレることなく、プラスアルファの収入を得て内緒で上司への優越感を味わうことができる










★エピソード

エピソードは人の関心を呼び起こし、「最後まで読みたい」という気持ちにさせる効果があります。主体をあなた自身にする場合と、第三者にする場合のどちらでも構いませんので、以下の流れで文章を書いてみてください。文字数は特にきまりはありませんので、文字数を意識することなく書いてみてください。

①ターゲットの未来の姿

②ターゲットの現在の姿

③②から①に転換できたきっかけ(あなたのサービスを受けたことがきっかけでも構いません)

④エピソード以外の人が同様に結果を出していく様子
(これはあればで構いません。サービスを受けて頂いた方の生の声を拾っていっても良いですね。)

★サービス内容詳細

サービスの内容を具体的に記載してください。図は表を用いると視覚的にわかりやすくなります。

★プロフィール

こちらは普段お使いのプロフィールで構いません。

☆参加特典

何も無いより、やはり魅力的な特典があるとプラスアルファの後押しになります。なるべく手間をかけずに提供できるものが望ましいと思います。動画などの電子コンテンツは手軽で良いですね。

過去に開催したセミナーであれば、「過去に●円で開催していた」などと、本来の経済的価値を明示すると価値を感じやすいです。

★サービス提供価格

ただ単に価格を表示するだけでなく、「●月●日迄の特別価格」といったような限定性を含めたほうが効果的です。継続的に提供しているサービスであれば、「毎月●名限定」といううたい方でも良いですね。

ただ、「通常●円のところ、期間限定で○円」という表記も効果的です。ただし、この「二重価格」の手法は景品表示法に違反する可能性があります。(消費者庁のガイドライン)

簡潔にまとめると、「実際に相当期間その価格で販売されていた実績があること」となっていますので、対策としては、定価で書かれた同じページを作成し、普段はそれを表示しておくという方法ですね。

キャンペーンのご案内を送った方にだけ、この特別価格を提示すれば良いわけです。

☆よくある質問

こちらの無いよりあったほうが良いですのです。購入するか迷っている人が読む項目なので、それを逆手に取り、こちらが相手に訴求したい点を入れるのもありです。

<汎用的に使えるネタ>

  • お支払い方法を教えてください
  • 分割払いは可能ですか?
  • 返金のルールはどのようになっていますか?
  • 初心者ですが大丈夫でしょうか?
  • お申し込みする前に相談はできますか?

☆お客様の声

以前は権威性のある方からの推薦の言葉をもらうという形が流行っていましたが、自作自演的な印象になってしまうので、普通の方で大丈夫です。

必要な項目としては以下のとおりです。

  • お名前(フルネームが望ましいですがニックネームやイニシャルも可)
  • 職業
  • お住まいの都市(地域に関係のあるサービスであれば)
  • 顔写真(顔出しNGであればイラストやシルエットでも可)
  • お客様の声本文

ちなみにイニシャルの場合、ファーストネーム、ラストネームの順に書くのが正しいです。また表記は「H.H.」のように、どちらの後にもピリオドを入れます。この点は誤解されている方が多いので注意してください。

お客様声本文の内容は、

  • 購入に至ったきっかけや動機
  • サービスを受けた後どうなったのか?

が含まれていると良いです。

★購入フォームへのリンク

購入フォームへのリンクをする際のリンクやボタンの文字は、「今すぐ購入する」というような、アクションを促すような文言にすると効果的です。

「申し込む」よりも「購入する」といった表現のほうがよりコミットメント力があり、成約率が高まり、お申込み後のキャンセル率を下げる効果があります。

<例>

  • 今すぐ購入する
  • 今すぐ購入し特典をゲットする!
  • はい、私は特別条件で購入します!

★特定商取引法にもとづく表記へのリンク

これは法的に必要なものなので、シンプルにリンクを入れておきましょう。

☆追伸

最後に強調して伝えたいことや、これまで書いてきたことを再度整理して伝えたりする場所として使います。

購入を迷っている方への最後の後多しになります。


Word版 or Pages版が欲しい方はこちら

今回のテンプレートをそのまま使って頂けるよう、Microsoft WORD版(Windows/Mac兼用)、Pages版(Mac専用)を配布しています。

テンプレートが欲しい方は、LINEから「セールスレターテンプレート希望」とメッセージしてくださいね。

 

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。
今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!
その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

効果的なセールスレター作成術, セールスライティングの極意

Pin It on Pinterest

Shares