あなたが成功していなくても情報に価値はある理由とは?

最終更新日時 2020/06/19 14:06

チャペルストリート/メルボルン

あなたは、自分が持っている情報に、
どれだけの価値があると思うだろうか?

たいていの場合、
「たいして成功していない自分の
情報にどんな価値があるのだろう?」

と疑問を抱くに違いない。

そんなあなたは、
ぜひ今日の記事を読んでいただきたい。

一昔前までは、
人が何かを学ぼうとする時、
その情報の入手源は、
主に書籍だった。

そこには業界の第一人者や、
大成功した人の書籍が並ぶ。

男も大学時代に、
沢山の成功者の本を読んで、
おおいに刺激を受けたものだ。

ソフトバンクの孫正義さん、
日本マクドナルドの藤田田さん、
HISの澤田秀雄さん、
居酒屋ワタミの渡邉美樹さん、
シャープの稲盛和夫さんをはじめ、

既に無くなられた
松下幸之助さん、
本田宗一郎さんなど、

日本を代表する経営者の
伝記をよく読んでいた。

一般人が本を出すなんて、
夢のまた夢、
という時代だった。

そしてネット社会の発展とともに
個人が気軽に発信できる土台が整い、
2003年頃にアメリカから
「情報起業」というビジネスモデルが伝わり、
沢山の情報起業家が誕生していった。

中には詐欺まがいの悪質なものも
多数存在し、「情報商材」と呼ばれ、
どちらかといえば悪いイメージが
ついてしまった。

そんな中でも、真面目に
しっかりとしたものを
販売している人たちも存在していた。

さらにネット社会が発展し、
SNSの全盛期へと入っていく。

「1家に1台」ならぬ
「1家に1人」ともいうべく、
誰もが何らかの情報発信を
する時代となった。

あなたがそれをビジネスとして
捉えているかどうかはともかく、
あなたがFacebookに投稿すれば、
それも1つの情報発信ということになる。

そうして発信される情報が多様化・細分化され、
ありとあらゆる情報が
ネットで手に入るようになった。

調べものは基本Google、
料理のレシピはクックパッド、
お弁当のネタやネイルサロン探しはインスタ、
動画で調べ物をするならYouTube、
速報を知りたい場合はtwitter、

という感じだ。

こうして個人が発信した情報から、
価値が生まれるようになってきている。

例えば、アフィリエイトもその1つだ。

アフィリエイトとは、
他人の商品やサービスをネット上で紹介し、
それを見た人が購入に至ると
紹介料がもらえる仕組みだ。

アフィリエイトASPという、
商品・サービスの提供者とアフィリエイターを
仲介するサイトに登録すれば、
誰でもすぐにアフィリエイトを
始めることができる。

有名人がアフィリエイトをすれば
もちろん売れやすいのだけれど、
まったく無名の人であっても、
しっかりとその商品・サービスの
レビューをすれば、
実際に売れる。

なぜかというと、
購入を検討している人は、
有名人の意見はともかく、
一般の人の声を知りたいと
思っているからだ。

この原理は、
アフィリエイト記事を書いたあなたと、
その記事を読んだ方の間に、
一定の「情報格差」が存在し、
この格差があるからこそ、

記事を読んだ人があなたの記事の
紹介リンク経由で、
商品・サービスを買ってくれるのだ。

この場合、記事の内容がしっかりしていれば、
あなたの顔・名前・身分を明かさなくても、
購入につながる。

数年前の大きな成功体験より、数日前の小さな成功体験

人によって価値の感じ方は様々だが、
男の肌感覚では、世の中の人々は
より新しい成功体験を求めるように
なってきている。

例えば孫正義さんから学びたいと思った時、
多くの場合、今の孫さんからではなく、
駆け出しの頃の孫さんのエピソードを
知りたいと思うだろう。

ところが、孫さんが事業を開始したのは
まだ10代の頃であり、40年以上も前だ。

そんな孫さんの情報から学べることは、
考え方やマインドセット、
といった抽象的な部分であり、
ビジネスモデルやノウハウといった
具体的なことに関しては、
時代が変わっているので
今では通用しないことが多い。

つまり既に大成功している人からは、
抽象的な概念しか学べない、
ということになる。

一方で、人々がもっと必要としている、
身近ですぐに活用できる情報。

例えば、「転職」というテーマは
アフィリエイトの中でも常に需要がある。

その理由は、企業は人材採用に
かなりのお金をかけているから。

転職サイトへの会員登録に誘導するだけで
数千円のアフィリエイト報酬が発生したり、
単価の高い医療業界になると、
医者や看護師の転職サイトへの登録に
誘導するだけで、5万円前後の
アフィリエイト報酬が発生する。

では、転職についての
アフィリエイト記事を書く時に
最も有利な人は誰だろうか?

それは、まさに今転職活動をしている人や、
最近まで転職活動をしていた人だ。

各転職サイトの使い勝手や、
転職エージェントの対応の比較、
そして実際に企業で受けた面接の内容、
といった情報が、
これから転職活動をしようとしている人が
喉から手が出るほど欲しいのだ。

では今の孫さんが転職についての
アフィリエイト記事を書けるかといえば、
そもそも会社で雇われたことがない人なので
体験記として書けるわけではないし、

「僕ならこうします」

というウルトラC的なアイディアは
もらえたとしても、
一般人にはとうてい実行できない
行動力を必要とする内容になるに違いない。

男はサラリーマンをした経験は通算4年半、
転職経験もあるが、
それももう15年以上の前の話なので、
最近の転職事情は全くわからないし、
今さら調べようという気にもなれない。

男が会社員をやっていたのは
1999年〜2005年頃で、
まだ「ブラック企業」という言葉も殆ど無く、
深夜まで残業するのが当たり前の時代。

当時の記憶も殆ど残っていないし、
そもそも時代背景が異なっているので、
当時のことを語ったとしても、
隔世の感が出てしまうだろう。

つまり転職情報に関しては
現役サラリーマンの方に勝てないし、
就職活動の情報に関しては
学生さんには勝てないのだ。

つまり、あなたが今日知ったことや
体験したことが、明日誰かの役に
たつかもしれない、ということだ。

最近、noteというブログの
プラットフォームが人気になっているけれど、
その理由はシンプルな使いやすさと、
誰でも簡単に「有料記事」を作れる
仕組みを用意した点だと思う。

この仕組みのおかげで、
自分でPayPalなどの決済システムを
組み込まなくても、
キャッシュポイントを作ることが
できるようになったのだ。

あなたが今日知ったこと、経験したことが、
明日誰かの役にたつかもしれない。

ぜひ今回の記事を頭の片隅において頂き、
あなたの情報をお金に変えられるチャンスを
探ってみて頂きたいと思う。

今回の写真の場所はこちら

チャペルストリート/メルボルン

メルボルン中心部から少し南に下ったところにある人気の商店街、チャペルストリート。おしゃれなカフェやアパレルショップが立ち並び、普段は平日・休日に関わらず人で賑わっているけれど、外出規制中に撮影したため人通りが殆どない状態だった。奥に見える高層ビルは、メルボルン初の六つ星高級マンション、CAPITOL GRAND。

この記事が気に入りましたか?

この記事が気に入ったら、以下のボタンを押しておいて頂けると後からまとめ読みができます。

Favorited

質問してみよう

このサイトのコンテンツは現在進行系でアップデートしています。
今回の記事で理解しきれなかった点や、もっと知りたい情報があれば右下のチャットウィンドウからヒサシに話しかけてみてくださいね!
その場で回答させて頂くか、記事をアップデートして回答させて頂きます。

関連商品はこちら

本テーマについて詳しく学びたい場合は、以下のコンテンツをオススメします。
,

Pin It on Pinterest

Shares