質問会 in 東京を行います!

1月30日(土)は東京に滞在しているのですが、
14時〜18時に空き時間ができました。
 
普段、『いつどこで会えますか?』
と皆さんからメッセージを頂くので、
『質問会』という企画を考えてみました。
  
『質問会』とは、
参加者の方からの質問に対して、
平城がその場でお答えしていくもの。
 
ご自身が質問できるだけでなく、 
他の方の質問と平城からの回答も、
一緒に聞いて頂くことができます。
 
そして、平城の考えや生き方に共感頂いている、
多くの方にメッセージをお伝えするため、
当日の質問と回答を収録して、
Youtubeで配信したいと思います。
 
この考えを一緒に広げていきたい方、
ぜひ参加してみませんか?

<質問テーマ例>
・海外ノマドについて
・起業や独立について
・ノマド式経営について
・平城式Facebookについて
・成幸村について
・アップル製品について
 
などなど、

普段、平城に直接質問したいと思っていることを
何でも質問してみてください。

質問者の方のお名前は顔は一切出ませんので、
ご安心ください。
  
<過去の質問事例>
平城はどのように健康に気づかっているか?
https://youtu.be/t4bxwUCAi2g
 
平城が行っている人生を楽しむ工夫は?
https://youtu.be/a8iVH67RQBM
 
平城は世界情勢をどのように見ているのか:
https://youtu.be/ZlyXZ03lSdc

 
収録後には1時間程度、
参加者で『お茶会』を開きたいと思いますので、
その時にざっくばらんにお話もできます。

普段から『平城に会いたい』
と思われている方は、
会うチャンスですので、
ぜひ参加してみてくださいね。

<日時>
2016年1月30日(土)14時〜17時 
(※終了後、御茶会1時間程度)
 
<場所>
東京都内某所

<定員>
抽選で5〜10名

<申し込み期限>
2016年1月28日(木)23時59分
※当選者には、29日(金)の12時迄に
個別にご連絡させて頂きます。

<参加費用>
3,000円(お茶代は各自別途)
 
<参加特典>
※海外ノマド倶楽部公式ステッカー(非売品)
をお渡しします(ピンク/ブルー)
 
<お申し込みフォーム>
http://goo.gl/forms/dL0lmI9EJW

■追伸
今回撮影した動画は、
平城寿のYoutube公式チャンネルで公開します。
こちらかチャンネル登録しておいて頂けると、
新着動画を受け取ることができます。
http://www.atsoho.com/a/youtube_hirajo

LINEで送る
Pocket

祝!26万人達成!!!

2016年1月15日、@SOHOの会員数が26万人になりましたので、
この場で報告させて頂きます。
 
年末から進めている、6年ぶりのリニューアルも、
急ピッチで進んでいます。
 
リニューアル後はスマホ完全対応、
機能もシンプルかつ使いやすい形にし、
ビジネスのマッチングが加速する環境を
構築していきます。
 
仕事を受けたい人にとっては、
世界中のどこにいても仕事ができるように、
 
仕事を依頼したい人にとっては、
世界中のどこにいても
ビジネスができる環境を構築できるように、
 
まさに誰もが
『時間と場所にとらわれない』
ビジネススタイルを実現できる
環境を提供していくこと。
 
『26万人総ノマド化!』
 
これを目指していきます!
 
※ノマドというのは、
 カフェで迷惑がられながら
 仕事をするライフスタイル
 のことを指しているのではありません。
 
 
時間と場所にとらわれない
=物理的な自由
 
お金にとらわれない
=金銭的な自由
 
好きなことをビジネスにできる
=ビジネスの自由
 
既存の固定概念にとらわれない
=思考の自由
 
既存のシガラミにとらわれない
=人間関係の自由
 
特定の国に依存しない
=居住の自由
 
 
を満たして、
何にも依存することなく、
自分自身を100%コントロールできる
状態に置くことができる、
とてもエキサイティングな生き方です!

LINEで送る
Pocket

Facebookで意中の男性をゲットする方法


これは、ある女性に起きた実話です。

現在婚活中の女性も、婚活を諦めてしまっている女性も、じっくりと読んでくださいね(^^)

一昨年、私が『Facebook婚活モニター募集』というのをやっていたのをご存知の方も多いと思います。
このプロジェクトは、Facebookをビジネスに活用できるということを応用して、
『婚活にも応用できるはずだ』
という私の考えを確かめるために企画したものでした。
Facebookできちんとした発信をしていくと、自分と相性の良い人達が、どんどん集まってきます。

逆に、相性の良くない人は、どんどんいなくなっていきます。

これがビジネスにおいては、自身のファンになってくれたり、ビジネスパートナーになってくれたりして、ビジネスが拡大していきます。

では、恋愛においてはどうか? これは、共通する部分と異なる部分があります。

Facebookを1つの『Webメディア』として考えるとすると、自分の発信を自分のターゲットとする人に伝え、そしてそのターゲットにどんな印象を与えたいか?

ということは、『情報工学』を理解し操ることができるようになれば、結果を自由自在にコントロールすることができるようになります。

さて、この『Facebook婚活』プロジェクト。限定1人に限り、私が無料でアドバイスをするというものでした。

応募者は男女合わせて約40名。

その中で、私の目にとまったのは、お子様をお持ちのシングルマザーAさんでした。

その方の応募メッセージが、とても心に滲みました。

私の仕事のスケジュールもあり、実際にスタートできたのは2015年の2月。

Aさんは、Facebookをもともとプライベートで使っていたので、婚活用に別アカウントを取得。

お友達もゼロからのスタートでした。

まず私が指摘したのは、プロフィール写真。

遠方の方だったので、私が『成幸フォト』を直接撮影することはできませんでしたが、撮り方をアドバイス。

そして、『世界でたった1つの肩書き』を設定し、基本プロフィール文章を作成。

この方向けにアレンジした『投稿ルール』に従い、毎日1記事を投稿。
(恋愛に応用する場合も、肩書きは必須。)

投稿する写真のティストや、投稿文章も全てレビューし、日々アドバイスを行いました。

実はこの方には、もともと片思いの男性がいました。

これはFacebookではなく、オフラインの世界での知り合いです。

この男性はある業界で成功を収められ、ちょっとした有名人でした。

つまり、この時点ではAさんは、男性の気持ちを獲得できる自信は、全くありませんでした。

Aさんは、ご自身が別アカウントでFacebookを始めたことを、この男性に伝えました。

男性は忙しい方だったので、Facebookにアクセスできるのは、2〜3日に1回程度。

Aさんは毎日投稿。

この間、私が直接伝授した『情報工学』をベースにした投稿により、男性ファンからの『いいね!』やコメントがどんどん増えていきました。

Aさんのメッセージボックスには男性からの個別メッセージが、山のように届いていたようですが、Aさんからしたら『アウト・オブ・眼中』。

目指すところは、意中の男性の気持ちを獲得することただ1つ。

2015年の2月にスタートして、ちょうど1ヶ月経過した3月。

Aさんのある投稿が、ついに300いいね!を獲得しました。

そして、奇跡は起こったのです。。。

 

 

続きは、明日へ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、やっぱり知りたいでしょうから、今日書きます(^^)

 

 

 

Aさんの記事を2〜3日に1回、見ていた意中の男性。

 

そこには、それまで男性が知っていたAさんとは別の素顔を持ったAさんが

描かれていました。

 

つまり、その男性にとって、『意識していなかった存在』が、『気になる存在』に変わりました。

 

そしてクライマックスのAさんの300いいね!記事を見た時に、男性は『ヤバい!』と感じたそうです。

 

何がヤバいかというと、

『他の男性に取られる』

という危機感を感じたそうです。

 

 

ということで、我慢ならずに、Aさんにプロポーズしてしまったのです!!!

 

この期間、たったの1ヶ月です。

 

その後の2人の話をお伺いする限りでは、明らかに恋愛のパワーバランスは、

 

Aさん > 男性

 

となっています。

 

『シングルマザー』という

世間では再婚に不利とされている条件から、

 

たったの1ヶ月で憧れの男性を振り向かせ、さらにはパワーバランスを変えてしまったAさん。

 

私は、『情報工学』を嫌というほど理解しているので、こうなることがある程度はわかっていました。

(この場合の『情報工学』には、心理学も含まれます。)

 

もちろん、Aさんが私のアドバイスどおりにきちんと実践されたことも大きいのですが。

 

私達の思考や感情は、私達の『脳』に支配されています。

 

そして私達の『脳』に影響を与えるのは、『脳』に直接出入りする情報。

 

この情報をどのように『脳』に認識させるかによって、得られる結果が天と地ほどに異なるのです。

LINEで送る
Pocket

写真で人の人生を変える

★写真で人の人生を変える

もともと、
カメラを専門的に学んだわけでは
なかった。

カメラを始めたきっかけは、
海外ノマドで出会った素晴らしい景色を、
日本の皆さんに伝えたいと思ったこと。

美しいシーンを目撃したら、
何をしていてもまずカメラを取り出し、
自分が納得するまで
何度もシャッターを切った。

時にはシンガポールのマリナベイから、
日本のプロカメラマンにアドバイスを
もらいながら。

もともと何かに熱中すると
時間を経つのも忘れる性格で、
夜景を撮りだしたらもう止まることができず、
マカオの夜では、気がついたら
朝まで撮影していたことも。。


こうした私の情熱は、
人物写真に移っていった。

Facebook発でビジネスを構築する講座を
スタートしたのが2013年。

『Facebookで如何にその人の魅力を発信するか』

がテーマだったので、
おのずとプロフィール写真も追究していくことに。

講座の合間に、
希望された方に、写真を撮っていく。

講座の時だけでなく、
個人的に会った人や、
一緒に旅をした仲間たちの、
『輝かしい瞬間』を発見しては、
時には『こっそりと』撮影し、
お渡ししてきた。

やっていて自分で気がついたのは、
私は風景写真よりも人物写真の方に、
より情熱を注げるということ。

風景写真の良し悪しは、
技術を除けば機材と天候が全て。

人物写真の場合は、
技術や機材はもちろん重要だが、
それよりも一番重要なのは、
撮る人と撮られる人との信頼関係。

初対面であっても、
その人との会話の中から、
その人が秘め持つ魅力に気づき、
それを顕在化させる。

これは、撮影技術とはまた別の、
アーティスティックな感覚。

そして何よりも、
『人を愛する力』
が必要なんだと思う。


子どもの頃から、
クラスで仲間外れになった友達が気になり、
声をかけたりしていた。

婚活パーティーに行っても、
どちらかというと余っている女性と、
会話をしていた自分。

『人の魅力を発見し引き出す能力』

これが生まれもってなのかどうかは
わからないが、

とにかく人の素晴らしいところを発見し、
それを可視化し、反響を得られるまでの
過程は、本当に楽しい。


風景写真を撮っても楽しめるのは自分だけ。
人物写真は被写体となる方との共同作業。

その人が両親からどのように
愛されて育ってきたのか、
愛する人にどのように愛されてきたのか、
その時にどのような表情をしていたのかを
探る工程。

そしてまだその人も気づいていない、
『最幸の表情』を一緒に見つけ出す工程。

それはまさに『創造』という言葉がふさわしい。

そして、『成幸フォト』により
自分の隠された魅力に気づいた方の、
その後の人生がどんどん変わっていく。

ある方は将来の伴侶と出会い、
ある方はビジネスがうまくいくようになる。

それを見届けることが、
何よりも幸せ。

私の人生における使命は、
『個人を解放する』ということ。

人物写真については、
『その人の魅力を解放する』という点で、
私の使命とも合致している。

LINEで送る
Pocket

『チーズはどこへ行った?』大成功!

先日、『チーズはどこへ行った?』の記事を書きました。
 
https://www.facebook.com/hisashi.hirajo/posts/10204884021329582
 
この記事の中に登場した、
私から直接アドバイスを受けたMさん。
 
Mさんは私に言われたとおり実践したところ、
 
@SOHO経由で、
東証一部上場企業の、
Webサイトのメンテナンス業務を
受託できたとのこと。
 
 
Mさん:
『お疲れ様です!
 平城さんのアドバイスのお蔭で
 @SOHO経由で、◯◯◯様と
 契約させて頂きました。
 
 いきなり、●●のオリジナルサイト制作の
 ディレクションを任される事になりました。
 毎日、約4時間の在宅業務の契約にしました。

 正直、安心しました。
 平城さんアドバイス&チーズはどこへ行った、
 の御蔭です。
 いつもありがとうございます!
 ご報告までに。。』
 
 
とのこと。
 
いや〜、こうやってアドバイスを素直に実践して頂ければ、
結果も出ますし、
その結果報告を頂いた私も、
かなり嬉しいですね!
 

LINEで送る
Pocket

2016年の私の活動

今年、そして今後一生のテーマは、
『自分にしかできないことに特化する』です。

ここ数日間、
自分がこの世に生まれてきた理由と、
何を成すべきかをあらためて考えていました。

続きを読む

LINEで送る
Pocket

2016年の平城寿の活動

2016年の私の活動です。

今年、そして今後一生のテーマは、
『自分にしかできないことに特化する』です。

ここ数日間、
自分がこの世に生まれてきた理由と、
何を成すべきかをあらためて考えていました。

自分の使命というものは、
自分の体験の中から感じ取るもので、
人の人生を追いかけているうちは、
絶対に気づくことができません。

『自分との対話』

日々、自分に起きる出来事について、

・なぜ、それが自分に起きたのか?
・その出来事をより良くするにはどうすれば良いか?

ということについて、
日々自問自答していきます。

そうなると、世界中を見渡して、
『自分と答えが同じ』
という人は1人も出てこないはずです。

部分的に人の影響を受けたとしても、
本筋はやはり自分自身の中にあります。

私はこの『自分との対話』を通じて、
自分にしかできないことを、
徹底的にやってやって、やり尽くします。

この『使命達成』のためには、
ありとあらゆる手段を検討し、
自分の中にある不安や恐怖、
迷いや躊躇を一切捨て、
自分が今まで経験したこと、
得た知識や能力、
手にした環境、リソース、資産。

これらを総動員して、
ひたすら全力で邁進する。

歴史に名を残した人物たちも、
こういった過程を経て、
『自己超越』していったのだと思います。

具体的には、

◉私が持つ知識や経験
・ITビジネスにおける16年の経験
・2つのビジネスを世に送り出した経験
(ショッピングカートと@SOHO)

と、

◉私が持つメディア
・25万人会員@SOHO(もうすぐ26万人)
・合計10万人以上に発信できる各種メルマガ

を使って、

◉私に集ってくれる仲間たち
・エンジニア講座メンバー
・海外ノマド倶楽部メンバー
・平城式Facebook実践者
・アップル好きな人々
・ハイレゾ音楽が好きな人々
・空撮が好きな人々

と共に、より良い社会を創っていきます。

◉『より良い社会』の定義
・互いに尊重し切磋琢磨し合える人がいる
・自らの才能に気づき、開花させることができる
・自らが提供した価値に伴った収入が得られる
・自然体でいられる
・そこにいるだけで活力が湧いてくる
・そこにいるだけで幸せを感じられる

というものです。

これを具現化したものが、
私が昨年2月から提唱している、
『成幸村』です。
2015年は構想と準備の期間、
2016年はいよいよ本格開始です。

LINEで送る
Pocket

ここ最近、一番嬉しい瞬間

本日は大晦日。
いつもと変わらず、
『モチベーション最高潮』で
行きつけのカフェに着いたところ。。
 
『もしかして、平城さんですか?』
 
と、ある男性から、
声をかけられました。
 
面識が無かったので、
Facebookのフォロワーの方かな?
と思いきや、訪ねてみると、
 
私のブログを読んで頂いているとのこと。
これはとても嬉しいですね!
 
そして、
モーニングセットを食べ終わって、
仕事にとりかかろうとした時。。
 
今度は奥様がお子様(お2人)と一緒に来られて、
 
『いつもFacebookフォローしてます。
 応援していますので、頑張ってください!』
 
とコーヒーチケットを下さいました。
(まさかのサプライズ!)
 
最近、『平城さんですか?』
と声をかけられることが、
全国的に起きています。
 
空港、駅、道端、カフェなどで、
『もしかして、平城さんですか?』
と声をかけられます。
 
おそらく私のことを知らないであろう
行きつけのカフェの店員さんからは、
『もしかして、それはApple Watchですか?』
と声をかられます(笑
 
子供を学校に迎えに行くと、
外国人んおお母さん達からも
『それ、Apple Watchですか?』
と聞かれるし、
子どもたちがApple Watchの周りに集まってきて、
大人気です(笑

あらためて考えると、
@SOHOメルマガ・・・読者約7万人
エンジニアメルマガ・・・読者約2万人
Facebookお友達&フォロワー・・・約7千人
その他もろもろの媒体を合わせると、
 
合計10万人ぐらいの方が、
私のことを知って頂いていることになります。
 
単純に47都道府県で割ると
1都道府県あたり、2,127人。
 
これは、遭遇率高くなるはずですね^^;

 
私が本格的にブログやFacebookで
発信するようになったのは、2012年。
 
この3年で、私をとりまく
人間関係は大きく変わりました。
 
関わる方々が『好きな人』だけになり、
人間関係に関するストレスがゼロになりました。
 
私が常にモチベーション最高潮でいられるのは、
人間関係に関するストレスが一切無いから、
ということも大きいですね。
 
そして、こういう『応援してます』
というメッセージを頂けることが、
何よりも一番のエネルギーになります!
 
インターネットを経由して、
世界のどこかで、
自分の発信を受け取ってくれている。
そして、それがその人にとって、
プラスの影響になっている。
 
それが実感できた時が、
今の人生で、一番うれしい瞬間かもしれません。
 
インターネット、パソコンやスマートフォン、
そして各種ソーシャルメディア。
こういったものが無かったら、
まず出会うはずのない出会い。
 
これからは、
『地理的な距離』ではなく、
『精神的な距離』で繋がる時代です!
 
だから私は、これからも、
多くの方に勇気と元気を与えられるよう、
発信を続けていきます!
 
そして私に声をかけて下さった
ご夫妻に、この場を借りて
お礼を申し上げたいと思います!
 
またいつでも気軽にお声がけください(^o^)
 
2016年もまたお会いしましょう!
(といっても明日ですが^^)
 
<平城寿のソーシャルメディア一覧>
Facebook
https://www.facebook.com/hisashi.hirajo
日々、平城寿の考えや活動内容を発信しています。
 
twitter
https://twitter.com/hirajo
とにかく言いたいことを何でも呟いています!
 
LINE
http://hirajo.com/line
平城寿のプライベートな話題を投稿しています。
Facebookやブログには書けないことを
書いているので、ぜひお友達申請ください!
QRコードが使えない方は、
『@hirajo』でお友達検索して
登録申請してくださいね!
 
Youtube
http://youtube.com/hirajo
平城寿を動画や音声で見ることができます。
 
Instagram
https://www.instagram.com/hirajo/
海外ノマド中に出会った美しい風景と共に、
『人生を変えるコトバ』を投稿しています。
 
storys.jp
http://storys.jp/hirajo
平城寿の生い立ちなど、ディープな話をしています。

LINEで送る
Pocket

常に最高のモチベーションを保つ方法

昨日の記事の続きです。
本日は、
 
『常にモチベーションを最高に保つ方法』
 
です。
 
どのようにするかというと、
 
ズバリ、『赤ちゃんの頃に戻れ』です。
 
私たちは、大人になる過程で
様々なことを学びますが、
『実は学ばなければ良かった』
ということが多々あります。
 
それは、
 
1)固定概念
2)不要な我慢
3)必要以上の謙遜
4)自己否定
5)ポジショニング
 
といったもの。
1)〜4)はわかりやすいと思いますが、
5)のポジショニングは、
例えば、
 
・自分の外見は中の上
 
といったものです。
私たちは成長の過程で、 
学校のクラスや部活動など、
自分が所属してきた『組織』の中で、
強調して生きるように教わりました。
 
そのため、組織の中で
自分のポジショニングを確立し、
そのポジショニングを逸脱しないように、
無意識のうちに自分の言動を抑制してきたのです。
 
それは会社に入っても続きます。
ところが、ポジショニングによって確立された
自己イメージは、本来の自分ではないことが多く、
そうして定義された自己イメージに従い続けると、
次第にストレスが蓄積していきます。
 
このストレスに耐えられなくなると、
精神的には鬱になってしまったり、
肉体的にも体の不調をきたすようになります。
 
こういう過程を経ると、
自己イメージはどんどん縮小していきます。
 
大人になるにつれて、
夢がどんどん小さくなっていくのは、
自己イメージが縮小しているからなんですね。
 
そうして、本来子供の頃に自分がやりたかった事は、
いつの間にか『自己イメージ』の外に
押しやられてしまい、
それが何だったのか思い出すことすら
できなくなっているのです。
 
 
これが、現代の多くの方が
陥ってしまっている状況です。
 
 
あなたの周囲で、
常にモチベーションが高い人がいたら、
その人の言動を思い浮かべてください。
 
今まで書いたことの逆を行っていると思います。
 
では、常にモチベーションを高く保つには
どうすれば良いかを説明します。
 
赤ちゃんの行動パターンを復讐すると、
・何でも口に入れる
・恐怖よりも好奇心が勝っている
・複雑に考えずシンプルに考える
・ワガママを言う
・謙遜などしない
 
といったものが挙げられます。
これを、大人である私達の生活に取り入れると、
 
 
1.欲しいものを借金してでもいいから買う
⇒欲しいものを手に入れた喜びが、
 新たな活力になります。
 私の場合、仕事の道具に関しては一切
 お金を惜しみません。
 普段持ち歩いている仕事道具は、
 合計すると軽く100万円は超えます。
 (注:一眼レフカメラや
 ハイレゾウオークマンも仕事道具に含む)
 
2.遊びを徹底的にやる
⇒柔軟な思考を維持することができ、
 日々ワクワク感を維持することができます。
 私の場合、空撮や写真、旅などが該当します。
 
3.謙遜をやめる
⇒『私はまだまだです』『場違いですね』
 といった必要以上に自分を下げるような
 謙遜をやめることです。
 今の自分の力量より過大な評価を受けたと
 感じた時は、謙遜ではなく『感謝』をして、
 その評価にふさわしい自分になれるよう、
 最大限の努力をすべきです。
 
4.食べず嫌いをなくす
⇒食べたことが無いものは食べる、
 やったことが無いことはやってみる。
 とにかく、何にも『騙されたつもりで』
 やってみることです。
 
5.年齢を数えるのを忘れる
⇒年齢を意識するということは、
 年々エネルギー量が減っていくのを
 自ら認めるようなもの。
 年齢を忘れることができれば、
 いつまでも若々しく、
 生まれた時のままの
 エネルギー量を保つことができます。
 私の場合、外見的にも内臓的にも、
 33歳以降老化が止まっています。
 
6.時が経つのを感じさせる行動をやめる 
⇒誕生会、忘年会、歳相応のファッション、
 昔の写真を見る、同窓会を開く、
 などなど。
 とにかく自分の年齢や、時が経過するような
 行動やイベントをしないことです。
 私の場合、誕生会はなるべく小規模に、
 (家族から祝ってもらう程度)、
 忘年会は一切やらず、
 年齢を気にせず好きな服を着て、
 (ただし、自分に似合うと思う服を。)
 昔の写真は保存していても見ない、
 同窓会には一切出ない
 (個人的に興味のある旧友には会う)
 といった行動をとっています。
 
7.周囲の目を無視する
⇒周囲の目を気にすると、
 『自己イメージの罠』にはまってしまいます。
 自分以外は所詮『赤の他人』。
 他人から何と思われようと、
 こちらから危害を加えない限り、
 呪い殺されるようなことはありません(苦笑
 周囲の目を気にするのではなく、
 むしろ『自己開示』をしていって、
 常に新しい、ポジティブな自己イメージに
 塗り替えていくべき。
 この目的を果たすには、
 Facebookはとても良いと思います。
 なぜならば自分の記事は、興味のある人しか
 見てくれないからです。
 あなたの記事を気にくわないと思った人は、
 それ以降見なくなるだけです。
 自己開示をすればするほど、
 結果的に自分と相性の良い人とつながっていきます。
 この広すぎるインターネット上の情報空間においては、
 相性が良くない人は、
 すべて無視してしまっていいのです。
 
8.『やる』か『やらない』かの選択を迫られた時には、
 『やる』を選択する
⇒時としてキャパオーバーになるかもしれませんが、
 そこで新たな学びを得ることができます。
 『やらない』という選択をした場合、
 後悔だけが残り、学びを得ることはできません。
 
9.他人との比較をやめる
⇒他人との比較ばかりして自分の価値判断をしていては、
 本当に自分がやりたいことが見えてきません。
 比較をやめることができれば、
 自分が本当にやりたいことが見えてきます。
 
10.痛みを恐れない
⇒大きな怪我や病気、大きな借金、他人から騙されること、
 裏切り、失恋、離婚、身内の不幸など、
 人生には精神的・肉体的苦痛を伴う出来事が
 沢山ありますが、全ては避けて通ることができない
 必然の出来事であり、注射のように一時的なものと
 捉え、痛みを恐れずに前に進むことです。
 
11.人の嫌がることを引き受ける
⇒自分をとりまく組織において絶対に
 誰かがやらなければならないこと。
 『ババ抜き』のように、逃げまわるよりも、
 率先して引き受けることで、
 その組織において重要な役割を担うこととなり、
 信頼・人望を獲得することができ、
 結果的に『人格』という形でステージアップします。
 
12.見返りを期待しない
⇒見返りを期待していると、一喜一憂が発生します。
 全ては『相手にどう思われたいか』ではなく、
 『自分が相手にどうしたいか』で考えて行動します。
 
  
以上、これらの一部でも良いので、
少しずつ取り入れていくことができれば、
私のように毎日を最高のモチベーションで、
エキサイティングに駆け抜けることができると思います!

LINEで送る
Pocket

年始にモチベーションが最も上がる理由

年末年始は、
1年で最もモチベーションが高まるタイミングです。
 
年末には1年の終わりということで、
忘年会や挨拶回り(私はやりませんが)、
大掃除といった活動をして、
 
『来年はきっとよい年になるに違いない!』
 
と期待を寄せます。
 
そして年が明けて1年がスタートするタイミング。
 
ここが、モチベーションも最高潮になっているはずです。
(その人が病気でもしていない限りは)
 
なぜ、この年始に、
最もモチベーションが高まるか、
考えたことはありますか?
 
 
それは、『節目』だからです。
 
 
さて、今度は一生のうちで、
最もモチベーションが高いのは
いつだと思いますか?
 
 
それは、『生まれた時』だと思います。
 
 
私達は、お母さんの胎内で育ち、
そこからまだ見ぬ眩しい世界に、
10時間ぐらいかけて出てきます。
 
そして胎内から出た後は、
『空気』というものに触れ、
光を感じ、大歓声で泣き出します。
 
ミルクの時間になると、
大人顔負けのような感じで、
ミルクを一気飲みします。
(私達はどんなに大酒飲みでも、
 あそこまで一気飲みできないですよね。。)
 
生後1ヶ月以内の赤ちゃんは、
1回あたり80ml〜120mlのミルクを、
1日7回ぐらい飲みます。
 
仮に真ん中をとって100ml、
出生時の体重が3,000gとすると、
100ml(約100g)というのは、
体重の約3%。
 
 
これは60Kgの大人に換算すると、
1.8リットル。
 
1.8リットルの牛乳を、
1回あたり数分で、
1日7回も飲むということです。
 
 
もちろん、赤ちゃんの時と
今では体の構造が違いますが、
考えただけでも真似したくないですよね(苦笑
 
 
◉その1:恐怖を乗り越える力
 
赤ちゃんの体は、
物理的に弱いので、
放っておくと死んでしまいます。
 
だから、モチベーションをメチャクチャ高くして、
誰かに構ってもらって
いろいろと自己アピールをしないと、
生きていけないのです。
 
 
放っておくと、
勝手にハイハイして行って、
平気で階段から落っこちたりします。
道路にも平気で飛び出します。
 
それは、痛みや恐怖を知らないから、
ということが大きいと思いますが、
それが強さだと思うんですよね。

 
私達大人からしてみれば、
渋谷のスクランブル交差点を、
目隠しして歩くぐららい、
怖いことだと思うのですが、
全ての赤ちゃんが、
『恐怖を乗り越える力』を、
標準装備している。
 
これは、とても凄いことだと思います。
 
 
成長の過程で
痛みや恐怖を経験していくと、
チャレンジすることが怖くなっていきます。
つまり、モチベーションが下がっていきます。
 
例えば、
今泳げない人が泳ぎ方を覚えるのと、
その人が子どもの時に泳ぎ方を覚えるのとでは、
絶対子どもの時の方がハードルが低いと思います。
 
それは、子どもの時の方が、
『モチベーションの絶対量』
が大きかったからだと思います。
 
 
◉その2:膨大な好奇心を持っている
 
赤ちゃんの頃の特徴として、
「膨大な好奇心を持っている」
ということも挙げられます。
 
例えば、目にするものをとにかく、
口に入れようとします。
 
それがオモチャであろうが、
飲んではいけない薬であろうが、
とにかく親の了解を得ずに、
どんどん行動していきます。
 
 
時には食べてはいけないものを
食べてしまい、
危険な目にあいながら、
学んでいきます。
 
 
そうすると、だんだんと
『食べず嫌い』になっていきます。
 
とりあえず口にしてみて
想像以上に美味しかった経験よりも、
想像以上に苦かった経験の記憶が
強く焼き付いて、
どんどん新しいことをやろうとする気持ちが、
減っていきます。
 

◉その3:人を元気にさせられる

モチベーションの高い人の
記事を読んだり、
動画を見たり、
会話をしたり、
直接会って握手したりすると、
 
元気をもらえます。
 
これは、モチベーションが高い人というのは、
持っているエネルギー量も多いからなんですね。
 
エネルギーの法則でも解明されているとおり、
エネルギーは常に高いところから
低いところに流れます。

水は高いところから低いところへ流れ、
熱も高いところから低いところへ移動します。

そういった意味では、
赤ちゃんは最高の『気のエネルギー』
を持っています。
 

赤ちゃんを抱っこすると、
とても幸せになり、
元気をもらえますよね?
 
抱っこして不幸せになる赤ちゃんは
いないと思います(苦笑
 
お年寄りの方に抱かせると、
その方の寿命が伸びることもあります。
 
これってとてつもないエネルギー
だと思うんですよね。
 
 

以上3点より、
『人は赤ちゃんの頃が
 最もモチベーションが高かった!』
 
 
ということがわかります。
 
では、節目の話に戻ります。
 
私達は、
赤ちゃんの頃が最もモチベーションが高く、
年とともにモチベーションが下がっていくので、
なんとかそれを引き止めないといけません。

(モチベーションがゼロかマイナスになると、
 死んでしまいますからね。)
 
 
そこで、いにしえの私達の先祖達が考えだしたのが、
『節目』というもの。
 
 
節目を作ることで、
気持ちを新たにすることができ、
モチベーションを(少しだけ)上げることができます。
 
 
そうやって、
なんとかモチベーションがゼロになるのを
少しでも先延ばしできるように、
騙し騙し生きているだけなのです。
 
 
以上のことあ理解できれば、
『常にモチベーションを最高に保つ方法』を、
手にすることができます。
 
 
次回の記事で、
そのことについて書きますね。
 
<追伸>
私は、パワースポットには行きません。
なぜならば、私自身がパワースポットだからです!
 
私と会ってモチベーションが
下がる人はいないでしょうし、
私の文章を読んで
モチベーションが下がる人もいないでしょう。
 
 
今日の記事が面白いと思った方、
『常にモチベーションを最高に保つ方法』
を知りたい方は、
ぜひこの記事をシェアしてくださいね!

LINEで送る
Pocket