陽官門&銀行マンの山中さんが大変身!

山中裕之さん
会社員/独身男性/35歳

山中さんは大学卒業後、銀行に勤め勤続13年。
成幸村へのキックオフイベントには
参加できなかったものの、

ちょうどそろそろ起業を考えていたところだったので、
今回の成幸村のカンファレンスへの参加を決めた。 続きを読む

LINEで送る
Pocket

死ぬ時に幸せを感じるのは『感謝の数』

私が毎朝子供を学校に送り届けた後に、
通っているカフェの店員さんのIさん。
 
私はこのカフェの回数券を
もう何冊も購入していて、
ほぼ毎朝通っています。
 
すると店員さんは皆、
私の顔を覚えてくださっています。
 
私が毎日パソコンと向き合って
株の取引をしたり、
Facebookを開いたりしているので、
店員さんは皆、
 
『この人は何をしている人なんだろう?』
 
と興味を持って頂いていたようです。
 
そしてある時、
私が何をしている人なのか
Iさんからご質問頂いたので、
 
 
ひととおり説明させて頂いたのです。
 
それからIさんは私のファンになって頂いたようで、
いつもとても丁寧におもてなしして下さいます。
(Iさん、ありがとうございます!)
 
そして本日、
Iさんが嬉しそうに私のところへ来られて、
 
『平城さん、
 一緒に写真を撮っていただけませんか?』
 
と言って下さったのです。
 
芸能人でもないのに、
そういうことを言われるのはとても嬉しいですね(^^)
 
そして驚いたことに、
Iさんが私のことをお母さんにお話されていて、
 
『あの@SOHOの人、私も知っているのよ!』
 
と言われたそうなんです。
 
Iさんはおそらく私よりも歳上でしょうから、
Iさんのお母さんは、
私の母よりも歳上に違いありません。
 
そんな方にも知って頂いているなんて、
こんなに嬉しいことがありませんね(^^)
 
@SOHOを創業した時、
『1人でも多くの人に活用頂けるといいな』
 
と思っていましたので。
 
私が人生においてもっとも喜びを感じ、
自分の存在意義を感じるのは、
 
『平城さんに会えて人生が変わった』
『平城さんが創ったサービスを利用して良かった』
 
と言われた時です。
 
自分が死ぬ時に、
 
1円でも多くの資産を持っているより、
1人でも多くの方から『ありがとう』と言われる
存在でありたいと思います。
 
子供に必要以上に大きな資産を残してもどうかな?
と思いますし、それよりも
『自分なりの幸せを見つける方法』
を背中で示したいと考えています。
 
お金はあの世まで持って行けませんが、
思い出は幾らでも持って行けます。
 
資本主義経済の中でに生きるうえでは当然、
富の追及もしていって良いと思いますが、
ゼロサム・ゲームと言われる資本主義において、
自分だけでなく自分の大切な人達も豊かにしていく仕組み。
 
チャレンジングな試みだと思いますが、
これを考えています。
 
★第1回成幸カンファレンスまで、あと5日となりました。
http://seikoumura.net/c1

<追伸>
キャバクラのお姉さんにチヤホヤされることに価値は感じませんが、
1人のシングルマザーの方に感謝されることには、
とても喜びを感じます。

LINEで送る
Pocket

『心のブレーキ』を外す準備

今回の成幸カンファレンスのテーマ、
『解放』について、
深掘りして説明したいと思います。
 
これからあなたが成幸を手にするまでに
必ず通る必要があること。
 
それは、『心のブレーキ』を外すことです。
 
私たちは生まれたばかりの時は、
心のブレーキは一切無かったと思います。
 
 
目にしたものは何でも口に入れ、
どこでもハイハイで進んで玄関から落っこちたり、
友達と喧嘩して怒られたり、
悪いことをして親や先生から怒られたりして、
 
痛い思いや怖い思いを沢山して、
『これをやったらダメなんだな』
ということを吸収していきます。
 
これまでに生きてきた様々な経験によって、
今の私達の考え方や行動の基準が形成されていくのですが、
 
その過程で、
過度に自分の考えや行動を抑えつけられてしまっていたり、
親や先生の都合、そして大人になってからは組織の都合で、
『間違った方向』に矯正されてしまっている点があります。
 
これが、
『心のブレーキ』です。
 
 
例えば、本当は素敵な魅力を持っているのに、
親から『お前は可愛くない』と言われて育ったために、
お洒落ができなくなってしまっていたり、
 
絵を描くのが好きだったのに、
親から『お前には才能が無い』と言われて、
自分に自信が持てなくなってしまっていたり、
 
本当は人を引っ張っていく素質を持っているのに、
小さい頃に友達から仲間外れにされてしまったために、
『自分はリーダーにはなれない』
と思い込んでしまっていたり、
 
本当は人とコミュニケーションする能力が高いのに、
数学が得意だったからといって理系の大学に進み、
そのまま会社で研究職についていたり。。
  
 
私たちはどうしても、
過去の経験をもとに現在の自分を定義してしまうので、

本当はできる能力を持っているのに、
過去の失敗体験やトラウマのために、
自ら『できない』と思い込んでしまっている、
ということが沢山あるんです。
 
 
成幸を手に入れた状態というのは、
『心のブレーキが無い状態』
と言うこともできます。
 
 
今回の成幸カンファレンスのテーマ、
『解放』は、参加した皆で協力し合って、
『心のブレーキ』外しましょう、
という主旨が込められています。
 
 
成幸の理念を共有する仲間が集まる
球空間『成幸村』では、
 
例え初対面の相手であっても、
素直な自分をさらけ出すことができ、
お互いに認め合える、
そういう空気があります。
 
 
その中だからこそ、
 
1.自己解放・・・自分をさらけ出せる空気を感じましょう。
2.自己開示・・・ありのままの自分をさらけ出しましょう。
3.自己発見・・・ありのままの自分を再び発見しましょう。
4.自己受容・・・ありのままの自分を好きになりましょう。
 
という4つのプロセスを経て、
『心のブレーキ』
を外す準備を整えることができると考えています。
 
 
成幸カンファレンスまで、あと9日となりました。
 
★成幸カンファレンス
http://seikoumura.net/c1

LINEで送る
Pocket

テーマは『解放』

昨晩は深夜1時過ぎまで、成幸ナビゲーターの皆さんと、
クラウド秘書の辻さん&大水君で、
Skypeで接続してミーティングを行いました。
 
事前に頂いている参加者の方のアンケートをもとに、
今回の企画の内容をブラッシュアップ。
 
その中で全員一致した結論。
それは、記念すべき第1回の成幸カンファレンスの
メインテーマでした。
 
成幸という概念に共感して頂いた方が集まる空間。
 
だからこそ、自分に素直になれる。
 
抑圧されたピラミッド社会で
様々な我慢をしてきたことによって、
マインドブロックの塊になってしまった、
 
そんな場合でも、
成幸の理念を共有する仲間が集まる
球空間においては、
 
例え初対面の相手であっても、
素直な自分をさらけ出すことができ、
お互いに認め合える、
そういう空気が、
キックオフイベントでも感じられました。
 
ということで、
今回のメインテーマは、『解放』です。
 
さらにいえば、
 
1.自己解放・・・自分をさらけ出せる空気を感じましょう。
2.自己開示・・・ありのままの自分をさらけ出しましょう。
3.自己発見・・・ありのままの自分を再び発見しましょう。
4.自己受容・・・ありのままの自分を好きになりましょう。
 
という4つのプロセスを経ることによって、
成幸を実現するためのベースを整えよう、というものです。
 
自分だけの成幸の形を見つけるには、
一度子供の頃のような素でふるまえる自身に戻る
必要があります。
 
私は、海外ノマド生活をして
日本の固定概念から外れる時間を持てたことと、
情報発信活動をとおして、この4つのプロセスを
経験することができましたが、
 
多くの方のハードルになっているのは、
自分自身ではなく『外部要因』なんです。
 
当日は、とても素晴らしい『場』を用意しますので、
皆さんも4つのプロセスを感じて頂きやすいと思います。

参加頂く皆さんは、楽しみにしていてくださいね!

LINEで送る
Pocket

平城寿の公式メルマガ、スタートします!

成幸村のキックオフイベントでお会いした方々から、
 
『平城さんは次いつ東京に来るのですか?』
『平城さんからの情報はどこで入手できるのですか?』
 
というお声を複数いただきました。
 
そういえば、思い当たる節がありました。
私は下記のような複数のメールマガジンを発行していますが、
それぞれテーマを持っています。
 
・スーパーエンジニア養成講座
 ⇒ ITエンジニアが独立する方法を書いています。

・平城式Facebook
 ⇒ Facebookを起点としたビジネスを
   構築する方法について書いています。

・平城寿の進路相談
 ⇒ 起業するためのマインドセットについて書いています。

・海外ノマド倶楽部
 ⇒ 海外ノマドになる方法について書いています。

・成幸発見メルマガ
 ⇒ 成幸を実現する方法について書いています。
 

基本的にはテーマに沿った内容を書いているのですが、
私が行う新しい活動のことや、
とても重要なことをお伝えしたいと思った時に、
お伝えする場所が無かったので、

仕方なくそれぞれのメルマガで配信していたんです。
すると、私のメールマガジンに複数登録して頂いている方には、
同じ内容が複数届いたりして、
混乱するという点もあったと思います。
 
この@SOHOメルマガでは、
割と普遍的なテーマについて書いていますが、
月・水・金と配信日が決まっているので、
急ぎでお伝えしたい時にお伝えできないこともあります。
 
ということで、
私からの情報を集約した1つのメルマガを設ける
必要があると思いました。
 
このメルマガでは、
・これからの時代を幸せに生きるための思考法
 (ファイブ・ライク・メソッド)
・平城寿のビジネスにおけるマインドや理念
・平城寿の最新の活動内容や行動スケジュール
 
などを書いていきます。
 
逆に、今後は他のメルマガでは、
上記のことは発信しなくなります。
 
ということで、
私からのメッセージや私の最新動向を知りたい、
という方は下記に登録して頂ければと思います。
 
★平城寿公式メールマガジン
http://hirajo.com/mag_hblg

LINEで送る
Pocket

和服美人さんの決意表明

こんにちは、平城です。
 
成幸村の13のアクティビティーの1つ、
『成幸村オンライン』では、
既に成幸村に参加された仲間たちにより、
活発な意見交換が行われています。
 
そこで、『和服美人』さんか
らとても嬉しい投稿がありましたので、
こちらでも共有させて頂きますね。

======================
成幸村のみなさん初めまして。
◯児の母で◯◯の◯◯です。
 
私は、思い返せば2013年8月に、
平城さんの@SOHOメルマガを読んで、
平城さんの影響を受けて会社を辞めて独立しました。
 
そしてこの3年間、密かに平城さんの活動を
追っかけて見てきて、成幸村にも入り、
成幸の思想にも影響を受けて、
自分を変えていくために決断しました。
 
私はこれから、私自身の仕事やライフスタイルの
実態をあれこれ書き始めることにしました。
 
今までは、適当に当たり障りのない内容を
投稿してればいいや、と軽く思っていました。
そこまでFacebookを本気でやる気がなかったのです。
 
どうしてやる気がなかったのか?
それは自分を押さえこんで縛っていたからです。
 
会社勤めが長かったせいもあり、
『自分は存在を消して黒子となり縁の下に徹するべき」

という思い込み(思い込まされていた部分もあり)
が強かったのです。
 
そのため、自分をひたすら抑えて陰に徹する
美学のような概念が染みついてしまっていました。
 
しかし、独立してフリーランスになってから、
人生に劇的な変化がありました。
 
少しずつですがお仕事もいただけるようになり、
考え方が変わってきました。
 
それに、色々な自営業の方々と出会いがあり、
業界の垣根もなくなってきました。
 
他の業界を知ることで、
他の業界を知らなかっただけなのだとわかりました。
 
 
それでも、過去の強い思い込みの縛りから
自己解放できたわけではありません。
 
才能のある方々をたくさん知っているだけに、
自分との比較が心を襲って、書く自信が持てないのです。
 
「特にすごい才能もない私などが、
 なんか書いたところでなんになるのだろう」
 
と、思ってしまっていたのです。
 
ですが、私のこの根強いマインドブロックも、
平城さんの強い影響を3年間受けたことで、
そしてこの成幸村に入ることで、
雪解けのように自己解放できそうな気がしてきたのです。
 
「ただの自己満足だとしても自由に好きなことを
 書いて幸せを感じられればいいじゃないか」
 
と開き直り始めることができるようになってきました。
 
そもそもこんなに内向的になっているのは、
自分を守っていたかっただけなのかもしれない。
 
「なんか書いたところでなんになるのか」
 
を判断するのは自分でなくてもいいし、
自己満足かどうかにこだわっているのも独りよがりでした。
 
できれば、せっかくこうしてfacebookを通して
交流できる時代になったのだから、
お友達の皆さんと良い影響を与え合うことができたら
最幸ですよね。
 
私たちは、毎日誰かと影響を与え合って生きています。
 
子どもを育てることひとつをとってもそうです。
 
子どもの人生観に真っ先に影響を与えるのは
家庭の中の両親や兄弟姉妹であり、
一歩外に出ると、近所の人であり、
学校の先生であり、同世代の友達です。
 
そして、このfacebookの中で形成されている
「ネット上の大人社会」も、
お互いのリアルな毎日にまで
同時に影響を与え合っています。
 
それは、リアルでもSNSでも
個人が相互に影響を与え合いながら
日本社会を二重に構成しているようなものです。
 
だから、私たちの日々のささやかな投稿が、
日本の大人社会にも子ども社会にも、
少しでも住みよい社会になるように、
より良く変えていける方向に
発展していけたらいいと思います。
ぜひそうしていきたいですね。

======================

そしてこの『和服美人』さんの決意表明に、
沢山の仲間達から共感のコメントが寄せられています。
 
こういう『場』というのは、
とても素晴らしいものだな、
とあらためて感じました。
 
こうやってどんどん仲間たちが目覚めていくのは、
とてもワクワクしますね(^^)

※4月24日(日)の成幸カンファレンスまで、
 あと11日になりました。

LINEで送る
Pocket

平城式2.0構想

平城式Facebook講座は、2013年にスタートし、
700名以上の方に受講頂きました。

その後Facebookの仕様の変更、
インターネットビジネスの環境の変化に伴い、
10時間セミナーでお伝えしたことで、
修正する必要がある点が出てきました。

これを受け、近いうちに
『平城式2.0』として、
より質の高い有用なコンテンツを、
皆さんにお届けしたいと考えています。

今考えているのは次のようなものです。

<平城式2.0の特徴>
・最新のFacebook仕様に対応
・Facebookだけでなく、アメブロやWordPressとの連携法を強化
・メルマガ連携の部分の内容を強化
・Youtubeの活用法を新規追加
・キャッシュポイント構築法の説明を強化
・業界別(コンサルタント、コーチ、セラピスト、店舗ビジネスなど)
 の具体的なキャッシュポイント構築法を新規追加
・コミュニティーの最終形、『理念型コミュニティー』の構築法を新規追加
・一切セールスせずに収入に繋がり顧客に喜ばれるビジネスの創り方新規追加
・門に沿った効果的な発信方法を新規追加

です。

いずれタイミングを見計らってセミナーを開催したいと思いますが、
それまでは、関連記事は『平城式2.0』というタイトルをつけて、
この平城式プレミアのグループに投稿していきたいと思います。

楽しみにしていてくださいね!

平城式Facebook無料メルマガ:
http://fb.hirajo.com/magazine_hirajo_blog

LINEで送る
Pocket

Facebookの公式サービス『Messenger』がいい感じです。

Facebookを起点としたビジネスを構築するようになってから、
FacebookのMessengerを使う頻度が増えました。
 
私はプロジェクト単位で『グループ』を作り、
そこに関係者を招待し、
仕事のやりとりをしていますが、
ついついタイムラインに飛んでしまい、
時間を浪費してしまうことがあります。
 
そんな時に、Facebookの公式サービスである、
『Messenger』という、チャットにだけ
集中できるサービスがありました。
https://www.messenger.com/
 
Messengerを使ってみて、
次のようなメリットがあると思いました。

■超良かった!という点 
・チャットに集中できる
 ⇒ついついタイムラインを見なくて済む
 
・広告が表示されない
 ⇒これは本当に良いです(^^)

・文章が読みやすい
 ⇒フォントの関係かも?

■ちょっといいかも?という点
・メンバーリストが表示される
 ⇒大人数のグループではいいかも。
 
・チャットへの投稿写真が一覧表示される
 ⇒使うシーンは少なさそうだけど、
  意外にいいかも?
 
という感じです。
 
使い方は、パソコンのブラウザでアクセスして、
ログインするだけです。
 
Facebookのチャットが増えてきて
管理が難しくなってきたという方は、
一度試してみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

あなたと合わない人は去っていくけど、去って行ったあとはさして気にならない

昨日、『自分の人生を他人に支配されてはいけない』
ということを書きました。
 
さらに補足すると、
あなたがもし現在何らかのピラミッド社会で過ごしてきて、
人生で初めて本音をさらけ出した時に、
それまで自分の周囲にいた人の一部が、
去っていくでしょう。
 
ところが、10人に1人、
もしくは100人に1人ぐらいが、
残ってくれます。
 
これって実はすごく重要なことです。
 
例えるならば、
川の中で砂金をさらうようなもの。
 
残ってくれた人というのは、
本当に何でもわかりあえる仲になるでしょう。
 
まさに、『奇跡の友人』です。
 
これが、インターネット上で
情報発信をし出すと、
奇跡の友人が10人、20人、・・・100人と、
増えていくんです。
 
 
そうなるためには、
自分に正直になることが必須条件です。
 
ただ、それには最初、勇気がいります。
 
自分のもとを人が去っていくのは、
とても不安です。
 
でも、実は、不安なのは『去っていく前』で、
`````````````````````
『去っていった後』はさほど気にならないんです。
``````````````````````` 
 
その後は、あなたに共感する仲間とどんどん
つながれるステージに入り、喜びが増えていきます。
 
奇跡の友人がどんどん増えていきます。
 
 
これを私は『球空間』と呼んでいます。
 
球空間の創り方を知ることができる場所、
それが成幸村です。
 
キックオフイベントに参加頂いた方々からは、
 
・初対面でも昔から知っているみたい
・初対面でも打ち解け合って話ができる
・場の雰囲気が暖かく心地よい
・疲れることが一切なく逆にエネルギーがもらえる
 
という感想を頂いています。
 
そんな噂が現在Facebook上でどんどん広がっているようで、
4月24日(日)のイベントのことについて、
複数のお問い合わせを頂いています。

このイベントは、『成幸カンファレンス』といって、
成幸村に参加されている方限定の、
完全にクローズドなイベントになりますので、
興味をお持ちの方は、まずは下記の
『成幸発見メルマガ』をお読みのうえ、
成幸村に参加いただいたうえで、
お申込みをお願い致します。

★成幸発見メルマガ
http://www.atsoho.com/a/seikou_opening_hirafb

LINEで送る
Pocket

後悔しないでください。

情報発信をスタートする際に、
沢山の不安やためらいがあると思います。
 
・家族からは何と言われるだろうか?
・既存の友人や会社の同僚からは何と言われるだろうか?
・ママ友からどんなふうに見られるだろうか?
 
ピラミッド社会はどの国にも共通して存在していますが、
日本には『村社会』『村八分』と言われる言葉があるように、

特に『精神的なピラミッド社会』が濃い風土があると思います。
時代と共に薄れてきてはいるものの、
都会から田舎にいくにつれ、
この要素が強くなっていきます。
 

私が育った宮崎県という町は、
九州の中でも『陸の孤島』と言われ、
隣県の大分、熊本、鹿児島とは、
いずれも険しい山で隔たれています。
 
さらに、私が育ったのは
まだインターネットが無かった時代。
 
もともとガキ大将気質だった私は、
小学校時代は暴君のように振る舞っていましたが、
中学で生徒会長を努めることになり、
生徒の模範となるために周囲から
『まじめ君キャラ』を演じることを求められ、
実際とのギャップにとても悩みました。
 
自分の言動を常に周囲から監視されているように感じ、
素のままの自分で振る舞えない状況が続きました。
 
少しでも人と違うことをすると、
奇異の目で見られたり、
囃し立てられたりする。
 
マイノリティーにはすぐに白羽の矢が立てられ、
例えリーダー的存在の子供であっても、
その精神的プレッシャーは相当のものがありました。
 
『もしかして人と違う考えや行動をする
 自分は、どこかおかしいのではないか?』
 
と思ってしまい、母親に尋ねたこともありました。
 

変化が訪れたのは、
福岡の大学に進学した時。
 
九州各地や本州・四国出身の学生。
言葉や慣習が違う友人を持つことで、
『多様性』を初めて体感しました。
 
『人と違っていて良かったんだ』
ということを人生で初めて理解しました。
 
しばらくは、
クラスの同僚やサークル活動という、
『お付き合い』活動に嫌々ながら
参加していた時期もありましたが、
俳優になるためのオーディションを受けたり、
俳優養成学校に通ってみたり、
知人からギターを教わって3ヶ月で夜の中洲の街で
ストリートライブ(弾き語り/但しイエモン限定)をやってみたり、
 
周囲から見たら『奇異』と思われることを、
堂々とできるようになっていく自分がいました。
 
大きな変化が訪れたのは、
いよいよ就職を目前にした大学3年〜4年にかけて。
 
今までの人生において、
初めて自分の意思だけで進路決定をする場面に直面し、
私は、ひととおり就職活動はしたものの、
内定をもらっていた2社とも辞退するという
決断をしたのです。
 
それから本当に様々な経験をして今があるのですが、
私が学生時代に気づくことができて良かったのは、
 
『所詮は自分の人生だ』
 
ということ。
 
たとえ人から奇異の目で見られようと、
その人の1日の中で、
私のことを気にかけている時間は、
果たしてどれぐらいの時間なのだろうか?
 
おそらくは一瞬とか長くても数分程度。
 
そんな小さなことのために、
自分の人生が支配されて良いはずがない。
 
今恥ずかしい思いやきまりが悪い思いをしても、
それが一生続くわけではないし、
ましてや死んでしまえば、
何も感じることはなくなるだろう。
 
そう考え、『お付き合い』を完全にやめて、
自分の将来の目標につながることだけに、
専念することにしたのです。
 
だから、33歳まではとても孤独でした。
ある時に妻から『あなたって友達いるの?』
 
と言われたぐらいに。
 
そんな私に2回目の転機が訪れました。
 
それは、
『インターネット上で情報発信をする』
 
ということです。
 
情報発信をすることで、
次第に私の人生観や価値観に共感してもらえる方達が、
集まってくるようになりました。
 
それでも最初は、
手探りをしながらの状態でした。
 
海外ノマドというライフスタイルを発信し出した時は、
『バックパッカーと勘違いされないだろうか?』
という不安がありましたし、
 
平城式Facebookをスタートした時も、
『平城式なんて偉そうにして何だ、と思われないだろうか?』
という不安がありましたし、
 
成幸村のことを発信した時も、
『宗教っぽいと思われないだろうか?』
という不安がありました。
 
確かに、そう思った人達もいるでしょう。
 
 
でも、人の感情は極端につきつめれば、
『好き』か『嫌い』かの二者択一なんです。
 
そう考えると、
全員から好かれることなんて不可能です。
 
自分が発信している情報を受け取るかどうかは、
受け手の判断にかかっています。
 
つまり、自分のことを好きな人は残ってくれるし、
嫌いな人は去っていきます。
 
これを継続する時間が長くなれば長くなるほど、
自分のまわりが好きなひとばかりになっていく。
 
好きな人の前では、
素の自分でいることができる。
 
これが、私が感じている『球空間』なんです。
 
 
また、自分が進むことができる道も、
『右』か『左』かの二者択一なんです。
 
情報発信も、『やる』か『やらない』かの二者択一です。
 
・所詮は自分の人生
・人はたいして自分のことを気にかけていない
・今は恥ずかしくても死んだら何も感じない
・全ての人に好かれるのは不可能
・自分のことを嫌いな人は去っていくだけ
 
これらを念頭に置いて、
後悔しない人生を送って頂きたいと思います。
 
★平城式Facebook無料メルマガ
 http://www.atsoho.com/a/hirajoshiki_soho


<追伸>
★ネット上初公開!★
これは大学時代のハロウィンパーティーに
人生で最初で最後の『女装』にチャレンジした時のもの。
 
かなり恥ずかしかったですが、
それですら、昔の写真を漁るまでは、
自分自身ですら、忘れていたのですから。。
 
この写真を見た方は、
『えっ、あの平城さんが。。。』
 
と思うかもしれませんが、
それも数年後には忘れているでしょう。
 
人生、所詮はそんなものです。

LINEで送る
Pocket